人気ブログランキング |
<   2012年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧
碓氷峠「アプトの道」 その2
b0056570_23113889.jpg
時刻[12:18]
2号隧道はむき出しの鉄骨が妙にカッコイイ雰囲気。
壁が白っぽいからか、明るめでした。
b0056570_23142169.jpg
 [12:21]
碓氷湖が見えるポイントに来ました。
1周30分くらいらしいのですが、私達はパス(><)何せ体力が。。。
b0056570_2316143.jpg
 [12:26]
”山ヒル注意”の警告が。にわかに青ざめる相方。
今までにもあった野生の「猿」と「熊」の警告には怖がってはいませんでしたが、「山ヒル」には恐れおののき・・・。(昨年の大井川鉄道の記事参照)
持参した虫よけスプレーを気休めにかけまくりました。(山ヒルって虫なの?)
b0056570_2319344.jpg
 [12:30]
3号隧道の入口から、4号隧道と5号隧道が見えます。
b0056570_23191967.jpg
 [12:36]
5号隧道はオレンジ色の照明。
やや長いです。
b0056570_2322675.jpg
 [12:39]
やっと出口!
碓氷第三橋梁、通称「めがね橋」の上に到着~。
アプトの道の起点からここまで約1時間25分でした。
b0056570_23242735.jpg
横から見てみた「めがね橋」。
b0056570_23254232.jpg
あんなとこにもラックレールが??何のため???
b0056570_23262497.jpg
「めがね橋」から、国道18号じゃない方を眺めてみると、鉄橋が見えました。
ちゃんと説明書きがあり、旧・信越本線・新線(最初歩いてきた線路の続き)だそうで、あれも現在では廃線に。
長野新幹線はここから3km奥を走ってるとのこと。ほぉ~。

その3へつづきます>>>
by manic-friday | 2012-07-31 23:31 | ★鉄道 | Comments(0)
碓氷峠「アプトの道」 その1
碓氷峠に行くことを決行。
18きっぷを利用して、日帰りで行って来ました。
b0056570_22581019.jpg
高崎駅より、JR信越線に乗って終点・横川駅まで。
かわいい色合いの電車。なんとたったの2両編成。
b0056570_2301773.jpg
横川駅は、名物駅弁”峠の釜めし”の発祥地。
駅前に『おぎのや』がありました。(写真左が駅舎)

本日の目的は、昔走っていた信越本線の廃線跡を歩くこと。
(現在は長野新幹線があるため横川駅止まり)
b0056570_2314076.jpg
駅前の排水溝の蓋がラックレールの廃材でした。
(ラックレールの存在は昨年の大井川鉄道で勉強済 ^^)v
b0056570_2342446.jpg
時刻[11:13]
ここまで来ながら会社のメール送受信を繰り返していた相方氏をせっつきながら、出発。
「アプトの道」の起点に来ました。(駅から3分)
b0056570_2365173.jpg
「鉄道文化むら」というテーマパークがありました。
碓氷峠の鉄道遺産は、国の重要文化財に指定されています。
b0056570_2382353.jpg
横目に見ながら進むと、またもや地面にラックレール蓋。
b0056570_23101113.jpg
[11:22]
地面に線路が埋め込まれていて、何となく嬉しい気分♪
歩道は歩きやすく整備されていて、とてもきれいでした。
左の線路は、土日祝日&夏休みのみ運行のトロッコ列車のもの。(「鉄道文化むら」に要入場)
b0056570_23141523.jpg
[11:36]
モーレツな暑さの中、ひたすら歩いていると、前方に煉瓦作りの古い建物。
「旧・丸山変電所」です。今は廃墟。
b0056570_23155724.jpg
[11:48]
地面の線路が草むらへ・・・。
旧・信越本線の廃線跡はここまでらしいです。

遊歩道は左に逸れて、短いトンネルがありました。
そこでちょっと休憩。

相方「何でこんな暑い真夏に歩かなきゃいけないわけ?」
ん~~、いい質問ですね☆(´-`).。oO(なんでだ?)

b0056570_23194735.jpg
[12:06]
左手に温泉施設「峠の湯」を見ながら、さらに歩く。
自動販売機があったので、ポカリを購入。

今歩いてるこの道は、旧・信越本線旧線の廃線跡らしいです。(ややこしい)

前方に一つ目のトンネル”1号隧道”が見えて来ました。
b0056570_23222070.jpg
どっしりとした、古い煉瓦作りのまま。
b0056570_23225934.jpg
ああ、涼しい~~(;´∀`)
内部は電灯が点いて、安全です。
b0056570_23244069.jpg
[12:14]
トンネルを抜けると、小さい橋(第二橋梁)に出ました。ここも煉瓦。

反対方面からハイキングの人が増えて来ました。
登ってるのは私達だけ・・・すれ違う瞬間、汗だくの相方を見て、挨拶と共に「ガンバッテね!」と励ましの声多数。
b0056570_23295272.jpg
遠くの山まで見えました。
あれは、裏妙義?谷急山?烏帽子岳?
帰宅してから調べてみましたがハッキリせず(><)

その2に続きます>>>
by manic-friday | 2012-07-30 23:32 | ★鉄道 | Comments(2)
洋食厨房TAKEGAMI@戸越銀座
b0056570_0555293.jpg
戸越銀座商店街の外れの方にある、「洋食厨房TAKEGAMI」へ行って来ました。

ランチ営業は土日のみとのこと。
b0056570_0571428.jpg
ランチセットのスープとサラダとピクルス。
サラダのドレッシングもおいしいけど、ピクルスが特に◎。
b0056570_1028100.jpg
和風オムライス。
玉子に、出汁と黒蜜と味醂などが入っていて、確かに和風!
中身のチキンライスもパサつきがなくて、玉子と合ってました。
ケチャップなしでペロリと最後まで美味しくいただけました。ちょっと感動のオムライス♪
b0056570_141164.jpg
小さな黒板にメニューが書いてあります。
限定メニューも多くて気になる。

同行の母が日傘を忘れて気付かず歩いてたら、店員さん(奥様?)が、かなり遠くまで走って来て、手渡してくれました。
暑い中、すっごい申し訳なかったですm(_ _)m
感謝すると同時に、「必ずや再訪する!」と決意した我が母☆
また行きまーす(^^)

洋食厨房 TAKEGAMI ホームページ



by manic-friday | 2012-07-30 01:09 | ★食 | Comments(2)
映画「ローマ法王の休日」
<ネタバレ注意>
ナンニ・モレッティの新作「ローマ法王の休日」が公開中。
b0056570_2321610.jpg
結論から言うと、私はナンニ・モレッティ独特の、どこかトボケたセリフ回しとかが好きなんですが、残念ながら今作はあまり脚本に冴えがなかったように思いました。(失礼・・・)

<8月7日追記>
最初は上記のように書きましたが、時が経って、ふとした瞬間に思い出し、じわじわと面白い(^^)
TVのコメンテーターの発言や、選挙の予想オッズetc.何となく思い出すと、ところどころ可笑しいです☆

b0056570_23205253.jpg
なぜか「ローマ法王」に投票で選出された枢機卿のメルヴィルは、その重圧に耐えかねて、ローマの街に逃げ出してしまう。

メルヴィルに投票した人は、適役だと思って投票したのか、票を割らせるために投票したのか、そこが不明。
何事も、自分からリーダーになりたがってる人をリーダーにすることを嫌う人は多いですけれど。
(知り合いの老人会にもそういう現象が・・。)
b0056570_23214595.jpg
聖職にある人間が久々に”一般人”として街へ出て、色々な人に出会ううちに、自分の昔からの夢を思い出し、束の間の楽しい時間を過ごす。というのは「ローマの休日」と似ています。

「ローマの休日」のアン王女は、自分の立場に戻って行きましたが、果たしてメルヴィルは、「ローマ法王」の役職をどうするのか?というお話。

「ローマ法王」という立場、キリスト教徒ではないのでその重みがイマイチよくわからないですが、相当大変なんだなという印象。
日本でいうところの、問題山積の中で内閣総理大臣になる感覚か。

b0056570_23213479.jpg
監督自身も”敏腕心理カウンセラー”役で登場。
中庭でバレーボール大会を開催するも、決勝戦ができなくて、まるで少年のように悔しがり・・。

バレーボール大会の終了は、夢の終わり(映画の終わり)でもありました。
楽しい時間は永遠には続かないものです。


聖職者もカウンセラーも、皆がそれぞれ人間臭くて、一般人の入れないバチカンの内側では、こんなにも意外とフツーなんだと思うと面白い。
って、まあ、この物語自体はフィクションなんですが。

バチカンの豪華な宿泊所や、選挙の仕方など知ることができて、次のローマ法王選挙が楽しみに。
(もちろん今の方には長生きしてもらいたいです。)
でも日本では実況中継とかしないよなぁ。

ローマ法王の休日 公式サイト

帰宅してから口直しに、ナンニ・モレッティの昔の映画「親愛なる日記」を観ました。
これは何度観ても好きなのです(^^)
by manic-friday | 2012-07-28 23:23 | ★映画 | Comments(0)
ジャッジョーロハーブハウス@銀座
銀座の食べログ人気店「ジャッジョーロ ハーブハウス」へ行って来ました。
なんでも、ハーブサラダが人気のようで、一度食べてみたいと思っていました。

お昼過ぎ2時頃入店したら、お客は一組のみで、すいてました。
店内にハーブの香りが漂って、リラックスできましたが、BGMもなく無音なのでちょっとサビシイ感じ。
クラシックでもかければいいのに~、と余計なお世話。
b0056570_1405797.jpg
注文したのは、ハーブサラダとフルーツサラダのハーフ&ハーフランチセット。
b0056570_139443.jpg
15種類のハーブサラダ。青々とてんこ盛り。
ラズベリー、ブルーベリーもさり気なく盛られていました。
b0056570_143128.jpg
コリアンダーはお好みでどうぞ、と言われ、好きなのでもちろん入れてみたらば、これが最高に美味しい!!新発見!!
我が家ではサラダにコリアンダーを入れることが
常識になりつつあります(^^)
b0056570_1442971.jpg
フルーツサラダもスパイスが効いていて、爽やかな風味。
一日30品目を達成できた感じ。
b0056570_1455376.jpg
焼き立てパンもとってもふかふかで、美味しい。
エキストラバージンのオリーブオイルはオーガニックだそうです。濃い香り。
b0056570_148841.jpg
オーガニックミントエッセンスが入ってる水だそうです。
以前買ったことのある、ハーブウォーターの会社のものではないかしら??と詮索。(店内でも販売されてました)
b0056570_1553539.jpg
食後のハーブティー。この日はエキナセア&ミント(だったか・・・)。
爽やかな香りで、鼻通りもスッキリ。

サラダにかかってるドレッシングに小さな丸い粒々が入ってるので、尋ねてみたところ「粒マスタード」ですと。
b0056570_1525863.jpg
これも店内で販売されていたので購入。1,000円也。和風な味付けになっています。
サラダに使ってますが、お肉料理にも合うとのこと。

b0056570_1565751.jpg
とてもゆったりしていて素敵な空間でした♪

ジャッジョーロ ハーブハウス HP

余談ですが、ここから近い映画館「銀座シネパトス」が来年3月末に閉館決定だそうで・・・昭和の歴史がまたひとつ消える(><)
by manic-friday | 2012-07-25 02:01 | ★食 | Comments(0)
古代蓮の里@行田
先日、「そうだ、行田行こう!」と真夜中に急に思い立って翌朝5時起き。(睡眠時間3時間・・・zzz)

丁度、今は花蓮の時期なので、三溪園で観そびれたこともあり、「古代蓮の里」へ一人で行って来ました。

上野まで行き、上野発のJR高崎線(冷房が寒かった。。。)に乗り、座って約1時間。
b0056570_22391266.jpg
朝7時には行田着。
11月公開予定の映画「のぼうの城」の舞台らしく、駅前には幟がズラ~リ。

事前に調べた臨時直行バスに乗ること15分。
「古代蓮の里」に無事到着。(入場無料)
b0056570_22463331.jpg
いきなり蓮の花がたくさん咲いてるのでプチ興奮。
カメラを携えた人間の多いこと。三脚担いで、は当たり前の風景。
b0056570_22473298.jpg
蓮のところに名前が。
39・・・ってことはそんなに種類があるのか!と、プチびっくり。
(実際42種類存在するそうです。でも、咲いてないのもあります。)
b0056570_22502562.jpg
とにかく蓮です。
b0056570_22503898.jpg
白い蓮も。
b0056570_2251494.jpg
作り物のようなピンク色。
b0056570_22514245.jpg
通路が作られていて、蓮の間を歩けます。
b0056570_2252784.jpg
つぼみに水滴が。
b0056570_22523079.jpg
本格的に撮影してる方も沢山。
b0056570_2256840.jpg
ここから先が”古代蓮”。
ちなみに舟に乗ってるのは、行田名物B級グルメの”フライ”と”ゼリーフライ”の人形。
b0056570_22564533.jpg
行田、すごいです。さすが”さきたま古墳群”があるだけある。
b0056570_2253484.jpg
蓮は、葉っぱも込みでイイ感じ。
b0056570_22534771.jpg
葉の表面に細かい毛があるので、水滴が玉のようになるんだそうな。
b0056570_22544833.jpg
いくら見てても見飽きないピンク。
b0056570_22552183.jpg
ふたごちゃん。
b0056570_22591881.jpg
橋があるので渡ってみたら、
b0056570_2259518.jpg
なんと、この先にも古代蓮~。広い!!
b0056570_2301721.jpg
こんなに広いとは思ってませんでした。あなどってました。
b0056570_2311251.jpg
睡蓮の池や、その他水生植物の池もありました。(咲いてはいなかった)
b0056570_232552.jpg
この写真の時に朝日が眩しくなってきました。8時15分頃。
b0056570_233141.jpg
どんどん咲いてきたような感じ。
b0056570_2332327.jpg
わ~、みつばちマーヤ♪(古っ)
b0056570_234329.jpg
なぜかこの蓮だけ汗かいてました。
咲くときに発熱するといいますが、その関係??
b0056570_2345138.jpg
丸い葉っぱ。
b0056570_2351540.jpg
屋台が出ていたので”フライ”とやらを買って食べてみました。
中身は紅生姜、豚肉etc.。350円でお茶はサービス。
う~ん、味はお好み焼きと同じ☆(生地にキャベツははいってなく、薄い)
私としてはマヨネーズがほしいところです。
b0056570_2381193.jpg
さて、ここには「古代蓮会館&展望台」というのが存在します。
b0056570_2384821.jpg
入館料400円。展望台からの眺め。
スカッと晴れていれば、赤城山とか那須岳も見えるらしい。
b0056570_23101496.jpg
あと、田んぼアートも見ることができました。
b0056570_23103842.jpg
小説が原作の「のぼうの城」。和田竜・著。オノナツメ・画。
今年の11月2日に公開だそうです。
b0056570_2312585.jpg
色を変える部分のお米の品種の紹介とか、デザイン画も展示されてました。

1階には行田の自然の歴史や蓮の説明などあり、なかなか見どころ満載。
ピーク時には7時より開館。

b0056570_23132761.jpg
甲斐姫、という品種。
帰る前にもう一度見てみたらさっきよりも開いてました。
b0056570_23142493.jpg
トンガリつぼみの品種もあり。
b0056570_2315720.jpg
すれ違ったおばあさん達が、「蓮ってあの世の花だったのに、いつの間にこんな市民権得たのかしらねぇ・・・」と会話してました(^^)
b0056570_2317548.jpg
このコ、やたらと人気のあった蓮。皆が我も我もとこの蓮を撮ってました。(私もマネッコ)
b0056570_23174697.jpg
はるばる来てみて良かったです(^^)
いやーホントに蓮はいい・・・☆
また早起きして来たいです。

9時40分の行田駅行きのバスに乗りました。(乗客は私一人・・・)

バスに乗った瞬間に、売店があることを知り・・・ああ~~入りたかった!!
それが唯一の心残りです。。。

古代蓮の里 公式ホームページ 
開花状況、イベント情報など。
by manic-friday | 2012-07-22 23:25 | ★manic?な日常 | Comments(7)
滝野川探検隊 in 菜香新館@横浜中華街
中華街をグルっと回って、候補の一つ「菜香新館」へ。
なぜか私が決定権をいただいたので、これ以上歩くのが面倒なのもあり、ここに決めました。
b0056570_2301412.jpg
中華街からはS社長の奥様も御参加。
b0056570_23125676.jpg
計8名で晩餐スタート。円卓も勢いよく回ります♪(遅れてS社長もいらして総勢9名に!)
b0056570_2347418.jpg
季節限定、夏野菜の蒸し点心。
青系野菜がたっぷり詰まっていました。
b0056570_23482652.jpg
大根餅。味がしっかり付いてました。
b0056570_23491395.jpg
焼餃子。
b0056570_23493338.jpg
皮がパリッとして、透き通ってました。
b0056570_23502960.jpg
とろみのある玉子スープ。
b0056570_2351462.jpg
鶏肉のカシューナッツ炒め。
カシューナッツの方が鶏肉よりも多いんじゃないかと思うほど入ってました。嬉しい☆
b0056570_235242100.jpg
青梗菜のオイスターソース炒め。
b0056570_23531271.jpg
活車エビの香港風オリーブ炒め。
オリーブ炒めって、初めて食べましたが不思議な風味。
b0056570_23542880.jpg
黒酢酢豚。パイナップルは入ってませんでしたが、ピクルスが!珍しい~。
あと、クワイが沢山で嬉しかったです(^^)
b0056570_23565140.jpg
春巻。皮がパリンパリン。中身もジューシー。

本当はチャーシューパンが食べたかったのですが、品切れで残念。(同様にチャーシューパイも・・・くうう。)
b0056570_23572239.jpg
皇帝麻婆豆腐。
山椒がドッチャリかかっています。
Kさんはこれにラー油を足してました。
b0056570_23574225.jpg
香港風焼きそば。オイスターソース味で、濃い。
b0056570_23591845.jpg
チャーハンでお終い。ごちそうさまでした(^3^)
b0056570_001447.jpg
辛い物が苦手な私に合わせていただき、おかげさまで私はおいしく味わうことができました☆
また、大勢で行けたからこその品数を楽しめて、皆々様に感謝(^^)
b0056570_012669.jpg
1階の売店に置かれてた「悟空茶荘」のライチ紅茶を買って帰りました。
(今度はこの「悟空茶荘」でのカフェも楽しみたいもんです。)


菜香新館
住所 : 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町192
電話 : 045-664-3155
営業時間 : 11:30 ~ 21:30
  *土日祭日は11:00より営業
  *ラストオーダーは21:00
定休日 : 第2火曜日(祭日の場合営業)
      12月31日、1月1日
  *8・12月は営業
  
by manic-friday | 2012-07-22 00:09 | ★食 | Comments(2)
滝野川探検隊 in 横浜三溪園 その2
<前回からの続き>
b0056570_0483215.jpg
東慶寺の仏殿。移築したのは今から105年前。
ここでもガイドさんから面白い移築秘話が聞けました(^^)w

そのすぐ隣に「旧矢箆原家住宅」。
矢箆原さんというのは、飛騨・白川郷の三長者の一人とか。
b0056570_0521458.jpg
靴を脱いで中へ入ると、涼しい風が吹き抜けて、板張りの床もヒンヤリ。
2階は色々と農具や養蚕の道具など展示されてました。
b0056570_054979.jpg
外を眺めるmikoさん。
b0056570_05443.jpg
この部屋で寝っ転がっていたい~。。。
b0056570_0563818.jpg
高貴な人か、大金持ちしか家に作れなかった”火灯窓”が、たしかにありました。(ガイドさんが教えてくれた)
b0056570_0592293.jpg
三溪園出口へ向かう途中にまたニャンコ発見。ぐで~~っとしてました。
b0056570_10849.jpg
とにかく広い三溪園、くまなく見るには一日必要です。(実際、今回”三溪記念館”には入らず)
とても楽しかったです☆

b0056570_184233.jpg
バスで中華街へ移動。”桜道”って桜並木の中にあるバス停なんですが、桜木花道を連想(^^)

バスに乗り15分ほどで到着。
b0056570_193151.jpg
横浜中華街はにぎわっていました。数年ぶりで来ました。
b0056570_1105578.jpg
キンキラキンの関帝廟。入りませんでしたが大人気の様子。

ぶらっと歩いて、夜ご飯のお店へ>>>続きます。
by manic-friday | 2012-07-20 01:12 | ★manic?な日常 | Comments(0)
滝野川探検隊 in 横浜三溪園 その1
b0056570_0234167.jpg
三溪園へ来ました。静かな南門より入園。
b0056570_02451100.jpg
南門近くには断崖絶壁&「横浜上海友好園」がありました。(←今は入れない)
昔々は断崖の下からすぐに海岸になっていて、東京湾まで見渡せたそうです。
b0056570_027319.jpg
お昼時だったので無料休憩所にて昼食。
mikoさんが海苔巻やおいなりさんを準備してきてくれてました。ごちそうさまです☆
b0056570_0284098.jpg
ここを根城にしてるらしいニャンコ。

園内には四季折々の花が咲き、今の時期は花蓮。
b0056570_0293920.jpg
さすがに午後を回ってつぼみの状態・・・残念。
(土日は早朝観蓮会開催中だそうです。朝6時~)

午後1時半よりボランティアガイドさんと共に園内を巡りました。
b0056570_031392.jpg
”内苑”の薬医門。
とにかく色々と古い建造物が移築されてます。
それがことごとく重要文化財だからすごいです。
b0056570_0324163.jpg
紀州徳川家の別荘。
b0056570_0331028.jpg
三溪園の主・原三溪氏の美意識について学べました。
至る所に茶室があり、窓から見える樹木の配置っぷりに感心。見どころは春と秋だそうです。
b0056570_0344310.jpg
秀吉の手水鉢。瓢箪マークがその証らしい。(三溪氏は秀吉ファン。)
b0056570_0362553.jpg
地蔵堂へ上る階段。当時は屋根付きだったそうです。

さらに歩いて、内苑を出ました。
b0056570_0374345.jpg
お次は山登り。緑のトンネルで陽射しもカットされていい気持ち。
b0056570_039330.jpg
てっぺんには展望台。
日石のコンビナートと海。富士山の頭がちょこっと見え隠れ。
そして自販機設置はありがたい。
b0056570_0401449.jpg
関東に現存するものの中では最古と噂される三重の塔。
旧・燈明寺(現在は廃寺)から移築したそうです。移築秘話も聞けて面白かったです。
b0056570_0415449.jpg
瓦に彫られてるのは「東明寺」。何故(?_?)
これは、『燈明寺は江戸時代に宗派が変わった際に東明寺から燈明寺に改名されました。 瓦に東明寺と刻印されているのは、そのためです。 』と三溪園ホームページに記載されてました。
b0056570_0425988.jpg
さて、今度は下りです。
旧・燈明寺本堂の屋根が見えました。なんだかすごい山の中にいるような錯覚。
b0056570_0444236.jpg
その2へ続きます>>>
by manic-friday | 2012-07-19 00:45 | ★manic?な日常 | Comments(2)
滝野川探検隊 in 根岸森林公園&根岸競馬場跡
強い陽射しが降り注ぐ中、横浜「根岸森林公園」へ行って来ました。メンバーは毎度の皆々様7名。
b0056570_1165759.jpg
アメリカ軍の競馬場施設だった後はゴルフコース(米軍専用)になってたそうです。
芝生がきもちいい。
b0056570_1195224.jpg
芝生を突っ切る。
裸足で歩いてみたい。(今の時期は熱いかも?)
b0056570_1205894.jpg
根岸競馬場跡に到着。
蔦がからまる廃墟。
b0056570_1211536.jpg
全景は大きすぎて撮れず(><)
b0056570_12147100.jpg
昔はこんな風。
親切な写真付解説や設計図も展示されてました。
b0056570_122408.jpg
階段側はどうなっているんだろう?
今もお隣には米軍関係の建物があり、見ることはできません。
b0056570_1231292.jpg
写真を撮るkojiさんを撮影。

またもや森林公園に戻り、池の側まで来たら、池には亀だらけ。
b0056570_1244761.jpg
亀(というか生き物全般)を愛でる仲の良いK御夫妻(^^)
b0056570_126094.jpg
暑い中、睡蓮がキレイに咲いてました。
b0056570_1262645.jpg
さりげなく亀発見。
b0056570_1264080.jpg
水色が爽やかなシオカラトンボも発見。

b0056570_1275139.jpg
少し歩くとポニーセンターに着きました。(裏口)
b0056570_128553.jpg
馬が一頭だけいました。ポニーは建物の中らしい。
b0056570_1284088.jpg
中山道・望月宿にあったという”馬繋石”のレプリカもこっそりありました。
b0056570_1591659.jpg
これは偽物の馬2頭。
b0056570_159512.jpg
「馬の博物館」の方へ向かうと、途中に名馬”トキノミノル”像がありました。
10戦10勝だったらしい。3年の短い生涯の、まさに「幻の馬」。
b0056570_22112.jpg
こちらには本物の馬2頭。
b0056570_222896.jpg
「馬の博物館」の建物と”シンザン”像。
ミホシンザンのお父さん馬(^^)ミホシンザンは覚えてますよー♪

「馬の博物館」へは時間の関係で入りませんでした。


その後はタクシーに乗り「三溪園」へ>>>続きます
by manic-friday | 2012-07-18 01:17 | ★manic?な日常 | Comments(2)
AX