人気ブログランキング |
<   2012年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧
滝野川探検隊 in 深谷! その1
「滝野川探検隊」は一時的に「深谷視察団」と名前を変え、今回は、重鎮のS社長を除くメンバー7名で埼玉県深谷市へ行って来ました。
b0056570_21152838.jpg
なんと立派なJR深谷駅。まるで東京駅のミニチュア版。
初めて降り立ちました。人が多かったです。
b0056570_21173829.jpg
横から見た深谷駅。
景気の良かった時代に煉瓦作りにしたそうです。(これにはちゃんと理由あり)

市内で煉瓦作りの建物を作った場合には、市から補助金が出たとか。
b0056570_21162848.jpg
深谷といえば、私の中では”深谷ねぎ”&ゆるキャラ”ふっかちゃん”。
ふっかちゃん、可愛すぎ☆(全国ゆるキャラグランプリ第5位!ちなみに巣鴨のすがもんは12位でした。
b0056570_21172318.jpg
市内循環バスが停まってました。ここにもふっかちゃんの絵が~♪
b0056570_21203348.jpg
しかし、我々はtenamonyaさんの御親戚で、深谷の名士・Kさんのおベンツで移動。
(視察団員・K澤さんの車と2台に分かれて出発)
b0056570_21222358.jpg
まず向かった先は、深谷が生んだ偉人「渋沢栄一」の実家。通称「中の家(なかんち)」。
正門前・左側の「青淵翁誕生之地」の石碑の文字は幸田露伴の手に拠るもの。(「渋沢栄一伝」を出版している縁?←kojiさんに教わりました)

「青淵」とは栄一の雅号で、従兄の尾高惇忠の雅号「藍香」に呼応しているんだそうです。(師弟の関係。師=藍、弟=青)
b0056570_21275252.jpg
とっても大きなお家。
養蚕や藍玉作りなどして、かなり裕福だったそうです。
b0056570_21292063.jpg
北区飛鳥山へ住居を構えた栄一に代わって、栄一の妹夫婦がこの家を守ったそうです。
b0056570_21314437.jpg
ボランティアスタッフの方から、色々なお話が聴けました。
b0056570_21323072.jpg
庭のあちこちに大きな竹製のとんぼ。(裏庭には竹林があります。)

b0056570_21332018.jpg
次は「渋沢栄一記念館」へ。(公民館も兼ねている建物。)
b0056570_21342155.jpg
ここでは渋沢栄一の生涯を知ることができます。

解説員の方のお話を聞くと、「渋沢栄一バンザーーーイ!」と三唱したくなるほど立派なお方。
近代日本経済の父と呼ばれてるそうですが、その功績は半端でないです。
煉瓦を製造する”日本煉瓦製造会社”も作ったので、深谷市は煉瓦に力を入れてるんだそうです。
(JR東京駅の煉瓦もここで製造していた)


大蔵省を4年で辞職してから、約500の株式会社の設立、同時に約600の医療・教育・福祉機関の設立に携わったそうです。
栄一の基本理念は『単なる利益追及ではなく、”道徳経済合一”による日本経済の発展』とパンフレットにも書いてあります。素晴らしいお方。。。
すっかり栄一ファン(´∀`)栄一のことなら何でも聞いてください。今なら答えられますっ。(記憶に新しいので)

b0056570_21432412.jpg
建物の裏手には栄一の巨大な銅像が。
なんか・・・頭が大きい・・・?
そりゃないよ~って感じです。(深谷駅前にあったのが不評でここへ移ってきたそうです。)
でも、実際に身長は低めだったようです。

お次は「熊野大明神」へ。
b0056570_21465517.jpg
立派な神社。この日は境内で、各種色々なイベントが行われていました。
b0056570_2148677.jpg
真剣を使った居合道の披露。
b0056570_21492010.jpg
刀が時たまギラリと光ります。
b0056570_2150274.jpg
ここでの我々のメインは、深谷名物「煮ぼうとう」をいただくこと。
オフィシャル団体”武州 煮ぼうとう研究会”の方々が作っています。
(全国鍋合戦という大会において見事優勝し、鍋奉行の称号を与えられたという、輝かしい経歴を持つ由緒ある研究会だそうです!)
否が応でも期待が高まります(´p`)ジュルル
b0056570_21514352.jpg
ゆるキャラの”にぼちゃん”。
蓋付きver.と、蓋なしver.の2パターンあり。
b0056570_2152502.jpg
すぐに作ってもらえました、煮ぼうとう!
深谷ねぎ(ですよね??)が、たっぷり!
b0056570_21534729.jpg
山梨の”ほうとう”や、群馬の”おきりこみ”とは微妙に違う”煮ぼうとう”。
鰹ダシの醤油ベースで、野菜がたっぷりで美味し~い!!!
麺には野菜の旨味がしっかり浸みこんでいるのに、ちゃんとコシがありました。

この”煮ぼうとう”、渋沢栄一も帰省して来た時には食べたそうです(^^)


その2へ続く>>>
by manic-friday | 2012-04-30 21:58 | ★manic?な日常 | Comments(2)
手打そば 菊谷@巣鴨
先日挙式した幼馴染のMちゃんが、はるばる巣鴨まで遊びに来てくれました。
元は巣鴨育ちのMちゃん、JR巣鴨駅の変化にビックリ。

地蔵通り商店街を練り歩きつつ、巣鴨ランチに選んだのはここ、「菊谷」。
(JR巣鴨駅より都電の庚申塚駅に近いです。)
b0056570_22494273.jpg
昨年オープンしたばかりの、比較的新しいお店。
石神井からお引越ししてきたそうで(元々はテーラーだったのを改装)、お客さんの評判は上々なので、行ってみたいと思っていました。
b0056570_22501137.jpg
数あるメニューの中から、私は”吟せいろ(850円)”。
蕎麦の実の産地が日替わりだそうで、これは茨城県産とのこと。
十割ではなかったようでしたが(説明してもらったのに忘れました・・)、蕎麦の風味が濃くて、適度な固さ!うれしい!
角が立ってて、歯触りも良いです。
とても美味しかったです!
(Mちゃんは”揚げ玉ぶっかけ”を注文。それも美味しそうでした~。)

蕎麦湯もちゃんともらえて、がぶ飲み。ご馳走様でしたー。

おつまみ系メニューが豊富で、ワインリストまであり、色々気になる~。
また必ずや近いうちに再訪したいです(^^)

懐かしのスポットを巡りつつ、(途中S社長にバッタリ遭遇、)お次は、巣鴨へ来てくれた人をもてなすには絶好のお店「フレンチパウンドハウス」へ。
巣鴨が誇るケーキ屋さんです♪
b0056570_2304536.jpg
久々に食べたショートケーキ”ルージュ”相変わらず美味し~い(^^)
Mちゃんは洋酒不使用の”ブラン”を選択。
気に入ってもらえてよかったです☆

話に花が咲きまくり、楽しい時間を過ごしました。
Mちゃん、ありがとね~(^0^)/ またね~~!
by manic-friday | 2012-04-27 23:09 | ★食 | Comments(4)
「テルマエ・ロマエ」の入浴剤
この前、相方にもらいました。本屋さんで発見とのこと。
b0056570_2333538.jpg
b0056570_2334833.jpg
b0056570_234347.jpg
b0056570_234917.jpg
映画化記念で作成されたようです(^^)
映画は28日から公開!
先着で限定漫画もらえるそうなので、早めに行きたいな~☆
b0056570_2354247.jpg
私は私で、発見。即買ってしまいました。
内容はお風呂タイプ別に特集が組まれていて、各地域別”るるぶ”からの選り抜きという感じ。
b0056570_2361962.jpg
ロケ地案内で滝野川の「稲荷湯」が載ってました。
ここでの出演者の一人、いか八朗さん(ほっぺの赤いオジイチャン)は巣鴨で何回かお見かけし、出演が楽しかったというお話を聞きました。(この方、すごい霊感の持ち主。私のことを数秒見つめた後、色々ズバズバ当ててきた!何でわかるの~!

かねてから行ってみたいとボンヤリ思っていた北温泉もロケ地のひとつらしく、載ってました。
6月の予約が取れたので(北温泉旅館)、行くのが楽しみでっす(^-^)
by manic-friday | 2012-04-27 02:44 | ★manic?な日常 | Comments(0)
映画「沈黙の鉄拳」
テレ東・午後のロードショーで放映してました「沈黙の鉄拳」!
地上波初だそうです。さすがテレ東。
b0056570_22494972.jpg
原題は「a dangerous man」。
むやみやたらと邦題に「沈黙」を付けるもんだから、過去に観たんだか観てないんだかわからなくなって困ります(;^^)

物語は、冤罪で6年間拘留されていた元・特殊部隊の兵士(セガール)が、家族も名誉も失って、失意のうちにシャバに復帰。
やけっぱちになりながらも、汚れた大金と、追われる美女(?)を助けつつ、悪の組織の壊滅に向けて立ち向かう・・・という毎度の王道アクション。
b0056570_22542618.jpg
からんできたゴロツキを半殺しにして、始まり部分ではセガールこそ悪人の様相。おいおい。

なんだかシナリオが複雑で、導入部分が長いし、眠くなり・・・。
b0056570_22553061.jpg
セガールのもっさりした顔を見ていたら・・・・寝てしまいました!(-q-)zzz

映画が終わった時に、相方に起こされて目が覚めました・・・。

結局ぜ~んぜん観てない(><)


相方の感想としては「まあ、観なくてもいいって感じで、特に面白くはなかったョ」とのこと。


そんな私を尻目にテレ東・午後のロードショーの5月のラインナップ・・・。
5月の木曜日はセガール!」という特集を組んでいるようです。
<放映予定>
5月10日「沈黙の報復」・・・地上波初
5月17日「撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的」
5月24日「アウト・フォー・ジャスティス」
5月31日「沈黙の断崖」

なんかどれも見る気がしませんが(失礼)、
吹替えの大塚明夫さんの声は好きなんだよなぁ(´∀`)
by manic-friday | 2012-04-23 23:08 | ★映画 | Comments(0)
キアロスタミの新作完成
夕刊で知りましたが、A・キアロスタミの新作はちゃんと出来上がって、カンヌ映画祭に正式出品される模様。
タイトルは「Like Someone In Love」。

60代男性は本当にオーディションで決定したのか??
気になります(^^)  >>>過去の記事

ヒロイン役の高梨臨という子はいまいち知らないのですが、加瀬亮が出てるから、きっといい映画だと思います♪

そして今年のカンヌ映画祭、審査委員長はナンニ・モレッティ!
パルム・ドールに選ばれる作品が今からとても楽しみです!!
by manic-friday | 2012-04-20 22:37 | ★映画 | Comments(0)
映画「別離」
<ネタバレあり> 
b0056570_0503613.jpg
イラン映画「別離」、ル・シネマにて観て来ました。
毎週火曜日は1,000円デーで、オンライン予約して行って正解。満席でした!

彼女が消えた浜辺」のアスガー・ファルハディ監督作品。
b0056570_0523835.jpg
ナデルとシミンの夫妻が離婚調停するシーンから物語は始まりました。

教育熱心な妻が、年頃の娘を英語圏で教育させたくて移住の手続きを取り、あとは家族で海外へ引っ越すだけ、のところでしたが、夫の父親が認知症に。
急遽、自宅介護が必要となったことが原因で揉め始め・・。
話し合いは平行線。
決定的な理由に欠けるとのことで中々離婚は進まず、とりあえず夫婦は別居することに。
b0056570_0525658.jpg
イランでは自宅介護が当たり前らしく、宗教上の理由から介護が難しい状況。
誰もいなくなる平日の昼間だけ、妻の遠い親戚・ラジエーを紹介してもらいヘルパーを頼む。

このオジイチャン役の俳優さん、リアルでした。本当の病人みたいで心配になるほどに。
b0056570_053763.jpg
遠距離通勤することになったラジエーと、娘のソマイェ。(この子がものすごく可愛い)
初めての老人介護はものすごく大変で、熱心なムスリムのラジエーには苦痛を伴う仕事内容だった・・・。

そんな中、ちょっとした事件があり、登場人物達がそれぞれ誰かのことを思いやってついた小さな嘘が、どんどん不幸を呼び、思わぬ不幸の大連鎖に。

ハッキリ言って、ものすごい巧妙なシナリオ。
暗い内容なのに面白い、って不謹慎ですが。
2時間があっという間でした。
b0056570_0532114.jpg
ラジエーの夫・ホジャドさん、大暴れ。ちょっと周囲にはいてほしくないタイプ。

この人も、ナデル役の人も、先生も「彼女が消えた浜辺」に出てました。
全然印象が違ってて、うまい役者さん達。
b0056570_0533186.jpg
一人娘のテルメー役の彼女は、監督の実子らしい。
とても自然な演技でした。
b0056570_0534423.jpg
シミン役のこの女優さんは美人でした~。
髪が赤いのは染めてるのか??

皆が皆、些細な嘘をつき、それによってたった1週間の間に二組の家族が大変な目に・・・。
どの人に感情移入するか、によって捉え方がまるっきり違ってくるというスゴイ映画でした。
果たして不幸の元凶は誰なのか?
私としてはシミンだと思うんですけど~・・・。

最終的にテルメーは両親のどちらを選ぶのか・・・それもまた観る人に委ねられた結末でした。

離婚問題は、日本もイランも同じなんだなー。
そして、イスラム教世界における介護問題の改善も期待せずにいられません。

「別離」 公式サイト

<余談>
b0056570_053576.jpg
アラビア語のポスターですって。
b0056570_054634.jpg
何語のポスターかわかりませんが、ベルリン映画祭の金熊賞受賞らしいです!(右上にクマが)
こないだのアカデミー賞の外国語映画賞も獲ったんだとか。後から知りましたが、激しく納得。
b0056570_0541898.jpg
トライベッカ・フィルム・フェスティバル?
デ・ニーロと、ファルハディ監督と、ナデル役のペイマン・モアディの3ショット。
デ・ニーロが年取っててビックリ~。(68歳か。。。まだまだ元気でいてほしい!)私、デ・ニーロファンなんです(^^)
by manic-friday | 2012-04-19 01:34 | ★映画 | Comments(0)
鶏そば一瑳@浦和
b0056570_053946.jpg
JR浦和駅近くにある、「鶏そば一瑳」へ行って来ました。
b0056570_0532735.jpg
何度か訪れてる相方一押しの”鶏白湯つけ麺”。私は普通盛りで。
コシがあっていい麺でした。(熱盛はオススメしませんと券売機にハッキリ書いてありました。嬉しい配慮。)
b0056570_0533335.jpg
つけ汁の中に鶏つくねがゴロゴロと2個入ってました。
スープの味はなんか薄い気がして、こういうものかとも思いましたが、相方曰く「前より味が薄い!」とのこと。
b0056570_0534563.jpg
魚粉がトッピング用に置いてあるので、ドカドカ入れてしまいました(;^^)
最後はスープ割で〆。
b0056570_0533973.jpg
相方の注文、そぼろご飯。
これは味が濃くて美味しかったです。
b0056570_053518.jpg
つけ麺じゃない、普通の鶏そばの方が気になります。
次回は是非そちらを(^^)




なんとなく食べ足りない私達・・・
b0056570_0535570.jpg
その後ミスドにてドーナツタイム~。食べ過ぎ・・・(;^^)
by manic-friday | 2012-04-18 01:06 | ★食 | Comments(2)
東京ジャーミイ@代々木上原
以前から気になっていた、「東京ジャーミイ」。
異教徒の見学を許可しているイスラム教のモスクです。(トルコ文化センター併設)

先日購入した”pen+”イスラム教特集号が、とても読みごたえがあり、そこにも「東京ジャーミイ」が掲載されていて、いい機会なので母を誘って実際に行ってみました。
b0056570_2342321.jpg
小田急線・代々木上原駅から徒歩約5分ほどで、見えてきました「東京ジャーミイ」。
緩い坂の途中にあります。
b0056570_23425888.jpg
「あっ、ここで手を洗うんじゃない!?」と駆け寄った母ですが・・・蛇口は動かず。
b0056570_2343661.jpg
アラビア語に混ざって「東京ジャーミイ」という日本語が。
こちらは「トルコ文化センター」の入口で、私達の先を歩いてたムスリムの家族は外階段から直接礼拝所へ向かったようでした。
b0056570_2343282.jpg
入ってみたら、誰もいない。。。(きっとお昼の礼拝中)
この待合室、とっても良い!!
勝手に寛がせていただきました(;^^)
b0056570_23433560.jpg
寄木細工のようなミニテーブル。全部模様が違ってました。
b0056570_23435860.jpg
販売されている本も芸術的な置かれ方。

誰もいないので仕方なく一回外へ出て、階段を上ったら、ビックリ!
b0056570_2344621.jpg
思わず「うわぁ~♪」と嬉しくなるほど素敵な装飾。
b0056570_23442878.jpg
実は建物内からも入れたようで、その階段の天井の装飾。素晴らしい。

礼拝所に入る前には、いくつかの約束事が書いてありました。
b0056570_234547.jpg
女性は必ずスカーフを、と事前に調べて知ったので、それっぽいのを持参。
b0056570_23452876.jpg
中で無料で貸してもくれるようです。
大阪のオバちゃんテイストなスカーフ・・・。(持参してヨカッタ・・・)

あと、礼拝所内の写真を撮りたい場合は受付で許可を、と書いてあったので再び1階へ。
トルコ人ぽいオジサンがいたのでその旨尋ねたら、「ドーゾドーゾ」と簡単なお返事。
許可が下りました(^^)

靴を脱いで、中へ入ったら
b0056570_2347630.jpg
”pen+”に載ってた写真の通りの荘厳かつ素敵な空間。
(私のデジカメでは角度が狭くて全部写しきれなかったので、後からつなげてみました。少しズレてます・・)
b0056570_23453798.jpg
ドームの内側。
見ても見ても見飽きない。なんと美しい~。
b0056570_23471926.jpg
絨毯の色合いもいい。
b0056570_23473945.jpg
1階でもらった冊子を読む母。ムスリムっぽい?
b0056570_23474796.jpg
アラビア語が読めたら、壁の文字の意味も判るのに~。
ほんやくコンニャクが欲しいところ。
b0056570_23483560.jpg
2階もある様子。女性限定フロアだそうです。
b0056570_23494143.jpg
バルコニーのような2階。手すりが低くてちょいと危険。
b0056570_2349731.jpg
2階からの眺め。
ちなみに、中央のドアのような箇所が「ミフラーブ」といって、メッカの方角を示す指標なんだそうです。(イスラム教は偶像崇拝禁止なので、像などは一切無し)

そして右側の小さい階段がある箇所は「ミンバル」といって、説教壇だそうです。
(ムスリムの子供たちが上って遊んでお父さんに怒られてた ;^^)
b0056570_23495672.jpg
2階の壁の図。
いったいどこから書き始めるのか??
b0056570_23501038.jpg
石のアーチはシマシマ模様。柱一本を見たって、本当にすごいと思う。
全部ひっくるめて、ハイクオリティです。

キリスト教の教会や、仏教の神社仏閣とは全然違う異質な空間体験ができました。
来て良かったです☆

b0056570_23502630.jpg
礼拝所を出て、ふとお隣に目をやると、古い日本家屋。このコントラスト。
(実はこのモスクが借りてる建物のようです。)

帰る前に、地下1階に女性用お手洗いがあり、お借りしました。
b0056570_23504213.jpg
手足を洗うお浄めの場がありました。
(台湾の足ツボ治療院を思い出し・・・。)

b0056570_0282191.jpg
外へ出て、「ミフラーブ」の裏側を見てみたら文字が沢山。
当然ながら読めず・・・。

b0056570_2351067.jpg
素敵なドア。
イスラム教は☆のモチーフが多くて、とてもかわいい。
b0056570_235232100.jpg
上の方を見上げると、鳥の巣箱のようなのがいくつかありました。
b0056570_23521110.jpg
礼拝時刻のお知らせ(アザーン)をする「ミナレット(尖塔)」。
b0056570_23523820.jpg
下から見たとこズーム。
ううっ、フジツボみたい・・・ズームしなきゃよかったわ(((;-_-)


1階のトルコ文化センターでは冊子がもらえました。
b0056570_2353587.jpg
けっこう立派な作りの本。オールカラーだし。
ホジャというおじさんの話はトルコでは有名らしいんですが、日本でいうところの一休さんに似てます。
ああ言えばこう言う、みたいな。
b0056570_23531695.jpg
イスラム教の開祖・預言者ムハンマドの言行録”ハディース”は単語帳スタイル。
これもデザインがかわいい。(色は三種類ありました)

そしてお土産コーナーもありました!
CDとか、スカーフとか、色々売ってました。
b0056570_23542597.jpg
私はトルコ製のカードを4種類購入。一枚150円。すごい安い!
b0056570_23545159.jpg
入れるための封筒もあったので、しっかりもらってきました。

ここでは、お代金は透明な壺に入れてくださいと言われました。
お札を入れて、お釣銭をいただき・・・
これってトルコ式?それとも平和な日本だからできること?それともモスク内だからできること??気になります~。
b0056570_2355822.jpg
それにしてもキレイな発色。うっとり~。
金色も使われてるのにこのお値段・・・嬉しいです。
こういうカードが欲しい時にはまた行きます(^0^)

東京ジャーミイ 公式ホームページ音が出るので注意)



by manic-friday | 2012-04-16 01:39 | ★manic?な日常 | Comments(0)
桜×石畳
今年の桜の季節も終わりに近づき。。。
b0056570_054320.jpg

風で散ってしまった花びらが、石畳の隙間という隙間にびっっっしり!でした☆
by manic-friday | 2012-04-14 00:01 | ★manic?な日常 | Comments(0)
ダロワイヨの”パート・ド・フリュイ”
b0056570_22321044.jpg
私の好物の一つ、”パート・ド・フリュイ”。
最近食べてないな~と思ってたところに、ホワイトデーのお返しにいただきました!
ダロワイヨのは食べたことがなかったような。
いや、昔一度食べたような・・・。
b0056570_22324014.jpg
蓋を開けたら10個も入ってました♪♪♪
カシスやフランボワーズなど、私の好きな味ばかり(^^)
他にキウィ、バナナもあれば完璧なのですが・・・。

久々に美味しかったです(^▽^)
またどこかで探して自分用に買おう(^m^)ムフムフ
by manic-friday | 2012-04-11 22:29 | ★食 | Comments(0)
AX