人気ブログランキング |
<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
The Birthday LIVE@渋谷CLUB QUATTRO
12日(木)、渋谷クラブクアトロでのThe Birthdayのライブに行ってきました。
「Quattro×Quattro Tour ’11」、全国のクアトロだけを回っての最終日。
b0056570_02232.jpg
久々の渋谷クアトロは、超満員。
30分ほど遅れてやってきたN子さんとも無事会えて、後方で楽しく鑑賞できました(^^)

今回からギタリストがフジイケンジ氏に。
しかし機材トラブルに見舞われ、曲と曲の間に沈黙が。
そんな気まずさを打ち破る、チバユウスケのMC!(珍しい!)

中盤からはスムーズに進行し、新曲「爪痕」、とても良かったです。
アンコールも2回あり、最後は「ハレルヤ」。この曲大好きです。

フジイケンジは身長の割に細くって、故・アベフトシを思い出しました。
音も見た目も全体のバランスとしてはいい感じ。
今までのギタリストだったイマイアキノブは、なんかちょっと違う・・と常々感じていた(から去年はライブにも行きたくなくて行かなかった)だけに、今後が楽しみです。

b0056570_0231582.jpg
フライヤーをもらったら、京都での写真展のお知らせが。(Rude Galleryとのコラボ)
いいなぁ、京都~。

京都の古本屋 Fabulous 公式ホームページ
by manic-friday | 2011-05-18 00:33 | ★manic music | Comments(0)
映画「ブラック・スワン」
<注意:ネタバレあり>
b0056570_23542355.jpg
「ブラック・スワン」、何故か公開初日が水曜日の本日。
レディースデーということもあり、行ってきました。

<あらすじ>
ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは、元ダンサーの母親の期待を一身に背負い、バレエに全てを捧げて厳しいレッスンに励む日々。

そんな彼女に、バレエ人生最大のチャンスが訪れる。
長年バレエ団の象徴的存在だったプリマ・バレリーナ、ベスの引退を受け、新作の『白鳥の湖』のプリマにニナが抜擢されたのだ。

しかし、白鳥の湖では純真な白鳥役と同時に、奔放で邪悪な黒鳥役も演じなければならない。
優等生タイプのニナにとって、魔性の黒鳥を踊れるかが大きな試練としてたちはだかる。

対照的に、官能的にして大胆不敵な踊りで、芸術監督のルロイに理想的な黒鳥と言わしめた新人ダンサーのリリー。
彼女の台頭によって、不安と焦りが極限まで高まってしまうニナだったが…。
(all cinemaより抜粋)

b0056570_23581889.jpg
ニナ役のナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞を獲得ってことで、前々から期待していたのですが、それはそれはすごかった・・!
狂気と正気の間で揺れ動く繊細な表情がとにかく上手い。見ているこっちもハラハラ。
b0056570_055161.jpg
だんだんと官能的な狂気の世界に引きずり込まれていく白鳥。
完璧を求めすぎたがゆえに悲劇に見舞われる・・(アーティストってそうなのかもね。。。)
どこまでが現実でどこからが幻覚なのかわからない、最後まで飽きさせないサイコスリラーでした。
(同行の母は「疲れた・・・」という感想・・・^^;)
b0056570_23575255.jpg
ニナが嫉妬する奔放なダンサー、リリー。
この子の目が大きくてキレイ。
(ポートマンちゃんとの濃厚な百合シーンもあって、ビックリでした!)
b0056570_0203770.jpg
そして、往年のプリマドンナ、ベス役にウィノナ・ライダーが。
出番は少ないものの、なかなか痛々しい役どころ。。。
次回はもっと素敵な役でお目にかかりたいっ。
b0056570_082587.jpg
悩み苦しんで努力した結果、黒鳥としての完璧な踊りを自分のものにして、見事開花してみせたニナ。
その迫力ったらもう、圧倒的。(これは、女優賞獲るはず~!)
ラスト15分は本当に凄くて、見終わった瞬間には思わず涙が出ました(;_;)


黒鳥シーンで見られるVFX、邪悪ながらも美しい!
この映画の真髄はここにあり、という感じです。





ブラック・スワン 公式サイト
しばらくは耳元でチャイコフスキーが離れない・・・。
(同時に先日観た映画「神々と男たち」も思い出し・・・)


b0056570_0244323.jpg
そういえば初日特典だとかで、入場時に渡されました。
b0056570_0252913.jpg
ポスターでした。どうもありがとう(^0^)
by manic-friday | 2011-05-11 23:31 | ★映画 | Comments(0)
キリンジ@ビルボードライブ東京(2011)
5月9日、Tちゃんと共に約5年ぶりにキリンジのライブへ足を運びました。
なんとなくキリンジ離れしていたのですが、ビルボードなら行ってみたい!と思い、チケットを取りました。
b0056570_21563040.jpg
会場はミッドタウン内4階のビルボードライブ東京。初めて来ました~。
b0056570_21581573.jpg
座席はカジュアルエリア。(ここは全席指定席。)
ステージがしっかり見下ろせます。
b0056570_2159883.jpg
ワンドリンク付き。
Tちゃんはコロナ、私はライチグレープフルーツを飲みながら、開演を待ちました。

9日と10日の二日間で、一日2回公演。(おつかれさま!)
私たちは21:30からの回です。

5分ほど遅れてキリンジ登場。
お久しぶりの堀込兄弟(^^)

今回のライブは他人に提供した楽曲のカバー特集だそうで、「キリンジの曲は演らない」と、ご本人達がi-Radioで宣言していました。

自作のバラード中心でしたが(これは何だか仕方のないことらしい ^^)、途中ホール&オーツの”Rich girl”をカバー!これは特に嬉しかった~~。
アンコールではビートルズ、ビーチボーイズまで(^0^)

そして最後、ピチカートファイブの”陽のあたる大通り”。
b0056570_2212530.jpg
開演前に閉じたステージ後方の黒いカーテンがまた開いて、夜景をバックに素敵な終わり方でした。
(写真は終演後に別の角度から撮影。¥の高い座席からは夜景がパーフェクトに見える設計。)

久々のキリンジタイム、ゆっくり座ってじっくり見ながら聴けたので、とてもとても堪能できました。
座って聴けるって、楽~~(^∇^)

またビルボードで開催の時には是非とも行きたいもんです。
(以前にも1回あったけど、その時は行けず。。。)

b0056570_22201174.jpg
話は違いますが、ミッドタウンの気の流れ方が好きです(^^)
by manic-friday | 2011-05-10 22:22 | ★manic music | Comments(0)
漢方アロマ 健香苑@池袋
クーポンサイトで「健香苑(けんこうえん)」という中国漢方アロマのリラクゼーションのお店のクーポンを購入、早速予約して行ってみました。
家から自転車で10分、春日通り沿いの小さいビルの地下1階。


ここの目玉は”鍼を使わない鍼灸”という、「グアシャ(刮痧)」。
”かっさ”という呼び名で近年静かなブームにもなってた、アレです。
身体に溜まった毒素を心地よく解消・・・ということで、始まりました120分コース。

始まってすぐにアロマオイル(ミント系)を背中に塗って、ハンドマッサージ(正確には腕を使ったマッサージ)。
もうこの時点でかなり気持ち良く、睡魔が忍び寄り。。。zzzzz。。。。

「これからグアシャです」という声と共に背中、首、肩(最初のカウンセリングで依頼した箇所)を、ツルンとした物体でなぞられるのですが、ものすごく痛い部分とそうでない部分があり、特に背中の左側は「ゴリゴリゴリッ」という音が・・・。
以前、銀座のリンパマッサージに行った時と同じ音でした。
b0056570_010699.jpg
(写真:健香苑のHPから拝借)

マッサージは両脚、お腹、顔の周り、頭・・と続き、至福のリラクゼーションタイム、ウトウト&ウットリの120分でした。

着替えた後、お茶をいただいて、「好転反応」の説明を受けて終了。
代表者の方は中国系の男の方なんですが、とても親切に説明してくれて誠実な印象。
セラピストの方は綺麗な女の方(こちらも中国系)で、英語も話していました。

(同じクーポンサイトからのお客が次々、カーテンで仕切った個室は3つなんですが、フル回転。
セラピストさん達の手は疲れないのだろうかと思ってみたり。)


帰宅後、背中を見てみたら、鞭で打たれたの!?ってくらい、背中に赤い線が。
悪い箇所ほど色濃く浮かび上がってるそうです。カッピングと同じ原理か・・・。
とにかく不気味なほど真っ赤な線です。(3~5日で消えるそうです。)

そして、モーレツに眠い!!
全身が気だるく、夜9時には寝てしまいました。(これが好転反応のひとつ)
翌朝はとてもスッキリ、珍しく目覚めが良かったので、効果を少し実感。

健香苑 ホームページ

ただ、やっぱり運動不足は指摘されたので、それに関しては自分で頑張るしかない(ーー)。。。
またビリーでもやりますか。。。(いつも有言不実行ですが・・・)
by manic-friday | 2011-05-09 00:32 | ★美? | Comments(0)
The Birthdayのクアトロツアーが始まる♪
来週、久しぶりにThe Birthdayのライブに行きます。
場所は渋谷クラブクアトロ!
クアトロ自体、久しぶりなので、楽しみ~~(^0^)

それで本日、ニュースレターが届いたのですが。。。
b0056570_051621.jpg
6月に出るアルバムの告知写真。

!! チバユウスケが老けている。。。(--;)
しかもyoutubeにおける宣伝映像(PVの一部?)では、着ぐるみを着る姿も・・・。うむ~。
どうしちゃったのかチバユウスケ。

それはさておき、このアルバムの初回限定版には来週の渋谷クアトロでのライブ映像DVDが付くらしいので、予約しようと思います。
ここんとこCDすら買ってなかったので、ちょっと反省。

b0056570_084165.jpg
ライブではチバユウスケの髪型チェックも楽しみの一つです。
カッコイイんだよなぁ~°゜。゚(´∀`)°゜。゚

ところで、新メンバーのフジイケンジ氏は、なんとあのMY LITTLE LOVERのギタリストだったお方!
今回のライブでお初にお目にかかります。

デビュー当時のマイラバ、好きだったな~。

お若い頃のフジイさんが見られます。


来週初めにはキリンジのライブも控えております。こちらも数年ぶり。
ジャンルは全く違うけど、楽しいライブ週間となりそうです(^^)♪♪♪
by manic-friday | 2011-05-07 00:22 | ★manic music | Comments(2)
JR鶴見線 国道駅
横浜・鶴見の総持寺へ行ったついでにJR鶴見線に乗ろうと、ひとつ隣の国道駅まで歩いてみました。
b0056570_223425100.jpg
国道15号線沿いにあるJR国道駅。
宮脇俊三氏も本に書いてる通り、”無造作な”名前・・・。わかりやすくて良いけれど。

そして、入ってビックリ!!(ここからはあえてモノクロ写真にしてみました~。フリーソフト「銀塩スライドイン」使用
b0056570_22371248.jpg
あまりにも昭和な感じの駅。ちょっと怖い・・・。
長渕が抗争で刺されたりしそう。(懐かしのTVドラマ「とんぼ」とかのイメージ。。。)
b0056570_22432387.jpg
貸し釣船屋さんの看板だけが新しい。
b0056570_22441816.jpg
一旦反対側へ抜けてみました。昼間でも薄暗くて、怖いっ!
b0056570_22451429.jpg
それにしても珍しい雰囲気の駅でした。
b0056570_22455545.jpg
無人駅で、昔の改札だけが残ってました。
(Suicaのタッチ機械はありました。)
b0056570_22525866.jpg
改札を通って階段を上る。
b0056570_22533198.jpg
渡り廊下があります。
ますます変わってる構内。
b0056570_22542965.jpg
渡り廊下からの眺め。
b0056570_22554370.jpg
地上に出ました。
このホームと車両の隙間がものすごい、とは宮脇氏。
たしかに恐ろしいほどの隙間でした!危険。(階段にも注意書きがありました。)
b0056570_22572470.jpg
さらにこんな看板も。
カモメ公害(;^^)
幸いにして、この時間はカモメのいない時間でした。

b0056570_22591251.jpg
鶴見線は10本近いレールを跨いで走っており、その大きな踏切も渡ってみようと思って行ったらば、開かずの踏切でした~。長かった・・・。(ちゃんと横に歩道橋もありました。)


宮脇氏がご存命だったなら、手紙のひとつも差し上げたい心境。
「鶴見線、面白かったです!」と(^^)
by manic-friday | 2011-05-04 23:04 | ★鉄道 | Comments(0)
JR鶴見線 海芝浦駅
私の敬愛する故・宮脇俊三氏の著述にあったJR鶴見線。
鶴見の「総持寺」へ行くならばついでに!と思い、乗ってきました。
鶴見線は、方面によっては一時間に一本というダイヤの、都会の超ローカル線です。(終点が3つもあるという・・・)
b0056570_22521932.jpg
これは午前中、鶴見到着時に撮影した鶴見線の改札&ホーム。
おばあちゃんが一人いるだけ・・・。ここまで閑散としてるとは。

総持寺を出てからJRの「国道」駅まで歩いて、そこから乗りこみました。(国道駅の話題は、また次回に・・・。)

3両編成の鶴見線、宮脇氏の書いてるとおり進行方向左側に座ってみると、確かに途中から運河沿いを走り、なんとも爽快。
この時の乗車人数はだいたい20~25人くらいで、男一匹ひとり旅風が数名、お爺ちゃんと孫、パパと息子、おばさま3人組などなど様々なメンツでした。(女一人ってのは私だけでしたが。。。)

そして到着、終点の海芝浦駅までは約10分。
b0056570_2302839.jpg
海芝浦駅全図
<画像は「乗換案内ジョルダン」駅構内情報より拝借。>

この駅は「(旧名)東京芝浦電気京浜事業所」=「東芝」の敷地内に建っており、改札の外には出られないという変な駅。(というか、わざわざ行く客の方が変なんですが。)
宮脇氏が乗ってた時代には、本当に出られなかったそうですが、今は「海芝公園」という細長い公園ができていて、一般客に開放されていました。
b0056570_2385050.jpg
改札というものは無く、Suicaの出場用、入場用のタッチする機械があるのみ。
東芝の社員(&関係者)用の改札は普通にありましたが、東芝の建物は一切撮影禁止で、守衛さんの目も光っていました。(写真撮ったりしたら産業スパイ容疑で捕まるのかも??)
b0056570_23112769.jpg
海芝公園内には花壇とベンチと飲み物の自販機、そして救助用浮輪があるくらいです。
この日は風が強く、波も荒い・・・絶対落ちたくないっ(>_<)
b0056570_2313963.jpg
京浜運河の対岸には川崎の工場群。
b0056570_23134480.jpg
立派な橋とか見えました。
b0056570_23142491.jpg
そして、今乗ってきた電車が折り返し運転で、鶴見へ戻ります。
b0056570_23151235.jpg
この駅で何が見たかったって、このホーム。真横がすぐ海!
b0056570_23164681.jpg
宮脇氏が書いてた通りの駅でした(^^)来て満足♪♪♪

b0056570_23302796.jpg
こんな感じの単線です。
非日常的な世界を味わえました。
b0056570_23174358.jpg
浅野駅までは、運河沿いの線路。
大人も皆、つい外を眺めてしまう素敵な鶴見線でした(^∇^)

私は、帰りは車窓から総持寺の堂宇を眺めようとしたのですが、宮脇氏の書いた頃とは時代が30年も違うので、あまりよく見えず(><)
時の流れを実感しました~。

詳しくは、宮脇俊三・著「終着駅へ行ってきます」をご参照ください☆
by manic-friday | 2011-05-02 23:26 | ★鉄道 | Comments(2)
曹洞宗・大本山総持寺
図書館で借りた、曹洞宗の開祖・道元禅師の本。
b0056570_0182724.jpg
福井県の永平寺は憧れの地です。(その理由は以前もらったお土産が美味しかったため・・)

まあ、それとは別に、我が家は曹洞宗なので、身近なところで横浜・鶴見の「総持寺」へ、ぶらっと行ってみました。
総持寺は、瑩山禅師によって元々は石川県に築かれ、今年の11月で移転100周年を迎えるそうです。

瑩山禅師は幼い頃から「ムムッ、この子は普通の子と違う!!」と、その本質を見出されつつ厳しい修行に励まれて、道元禅師ばりに立派な方だったようです。
b0056570_131162.jpg
山手線&京浜東北線で約40分。
JR鶴見駅構内の壁に直接書かれてて微笑ましい表示。地味すぎ(^^;)
b0056570_023717.jpg
西口から徒歩5分ほどで参道に到着。
b0056570_0173052.jpg
初めてやって来ました~。関東の総本山・総持寺。
b0056570_0272067.jpg
最初の小さめの門をくぐる。
b0056570_0275436.jpg
大きい山門がドーンと現れました。
両サイドに阿吽の像がいました。(善光寺の像の方が好きだな~
b0056570_0295293.jpg
なかなか立派です。

ここから右へ行くと本堂、左へ行くとお墓。
故・石原裕次郎のお墓はこちらにあるそうです。
b0056570_0305372.jpg
本堂へ向かう途中、長い廊下の一部を通ります。面白い作り。
b0056570_032670.jpg
廊下の内側。
ここで座禅を組むのかしら。。。
この後、この廊下を修行僧(雲水)が駆け抜けていきました。
b0056570_0344872.jpg
手水舎。上に乗っかってるアルミ製のカバーが珍しい。
b0056570_033388.jpg
本堂と八重桜。
b0056570_034418.jpg
鬼瓦。
b0056570_0363484.jpg
屋根の上にも鬼瓦だらけ。

この本堂内は広々としていて、椅子も少し置いてあり、粛々とした雰囲気がとても心地よかったです。
b0056570_03751.jpg
お隣にもお堂が。
こちらは外から内側を覗いて見るだけ。中には入れませんでした。
b0056570_0405991.jpg
壁の木彫。すごい。
b0056570_0415951.jpg
ちょっとアラビア風な感じの装飾。
b0056570_0432037.jpg
近くにあった木。何股?
b0056570_04421.jpg
新緑が爽やかな季節に来て良かったです(^^)
b0056570_0445752.jpg
この建物内から修行僧が大勢、駆けてきました。
b0056570_0454663.jpg
トンネル的渡り廊下。内部は階段になってました。
b0056570_051562.jpg
この廊下の壁に謎の表示。
b0056570_0522324.jpg
3.8mって、何が??
機会があれば尋ねてみたい・・。


b0056570_0464981.jpg
銅像発見。7人ほどいます。(後ろにもまだいたかも。)
b0056570_0491847.jpg
パリにあったのをここに持ってきたのか?もう一つ作ったのか??

後方にある宝物殿は4、5月はお休み中。(宝物類が、他所に貸し出し中)

b0056570_0534733.jpg
同じ敷地内には他にもお稲荷さんや大黒様など色々。
b0056570_0544960.jpg
山の上にはでっかい鐘が。
b0056570_0555232.jpg
大晦日には賑わうのでしょう。

b0056570_0565934.jpg
総受付の建物内には大黒様。奥には”日本一の大黒様”もいたようです。
巨大な擂粉木&杓文字も入口にありました。
b0056570_0591483.jpg
中にはお土産屋さんがあり、家族へ「大黒最中」(3個400円)を購入。餡子の中に白玉入り。
b0056570_10650.jpg
あぶらとり紙発見。400円也。
b0056570_103589.jpg
「京都製」とありますが、製造・滋賀県・・・。
しかも本当の価格は500円?気になる商品であります。

おみくじもお土産屋さんでひけるようになっていて、100円でした。
小吉。あまりパッとせず。。。
おみくじを納めるところがわかりませんでした(><)
(お土産屋さんは地味に隣の建物内にもう一軒あり。)


なかなか広い境内で、木々も多く空気がキレイでした。参拝の人も少なめで、静か。
また、時間が合えば、堂内案内もしてもらえるようです。

曹洞宗 総持寺 公式ホームページ

総本山の永平寺にもいつか行くぞ~(^^)
by manic-friday | 2011-05-01 01:35 | ★manic?な日常 | Comments(0)
AX