人気ブログランキング |
2011年 08月 23日 ( 2 )
「岸辺露伴 グッチへ行く」
SPUR(集英社)10月号が発売されました。
SPUR×GUCCI×荒木飛呂彦のトリプルコラボ企画が実現。
なんと表紙までもが荒木飛呂彦です!
b0056570_22504456.jpg
飛呂彦も描いてて楽しかっただろなぁ(^^)
b0056570_22525728.jpg
別冊付録が「岸辺露伴 グッチへ行く」。
16ページオールカラーの読切作品ッッッ。
これを読みたいがためにこの女性誌を買った男性JOJOファンも多いはず・・・(実際、Amazonでは一時予約停止になっていました)。
b0056570_225648.jpg
「なるほどネ~」なオチでした。
それにしても、露伴こそヘヴンズ・ドアーを使う暇は無かったのか??平和ボケなのか???
b0056570_22581572.jpg
本誌には、新装開店のGUCCI新宿店にて原画展のお知らせが。
「岸辺露伴 新宿へ行く」展 9月17日~10月6日開催予定。
露伴の等身大フィギュアもお目見えするそうで・・。
行ってみるか・・。何も買えないけど(;^^)
(GUCCIからはなぜかファミリーセールの招待状が送られてきます。あの会場へ行ってしまうと、もう定価では絶っっ対に買えない・・。それくらい割引されてるのです。原価は一体幾らなのか??・・怖いですー。)
b0056570_233213.jpg
そして一説によると、ストレイツォ同様に、波紋の呼吸法で若さを保っているというご本人のお写真も。
ほんっと若いよなぁーーと、つくづく感心してしまう御年50歳の飛呂彦。

b0056570_23717.jpg
他に、季節外れの扇子の付録も。10月号なのに・・。
b0056570_2373995.jpg
ミナ・ペルホネンのテキスタイル使用。
b0056570_2381283.jpg
純粋にかわいいです(^^)

肝心の本誌は、付録及び荒木飛呂彦に予算を使い切ってしまったかの如く、読む価値をどこに見出せば良いのやら・・な内容でした(><)
ぜ~んぶブランドの宣伝ページ。と言っても過言ではありません。

まあ、豪華付録の時は、どの雑誌もクオリティ下がって当然ですから・・仕方なし。
でも、早逝の”カリスマミュージシャン特集”は読みごたえありました(^^)
by manic-friday | 2011-08-23 23:14 | ★美? | Comments(2)
山﨑友也 写真展@銀座キャノンギャラリー
b0056570_1121686.jpg
銀座キャノンギャラリーで開催中の
「山﨑友也 写真展 ~Railway Symphony~」へ行って来ました。
山﨑さんは、レイルマンフォトオフィスの2トップの内のお一人。(もうお一人は中井精也さん)

以前BSの番組で鉄道写真の素晴らしさ・その姿勢を見て感動し、今回写真展に行けてまた感動(^^)
このポストカードも「スタンド・バイ・ミー」みたいでキュンとくる感じ。
山﨑さんの写真は、なんというか少し寂しげな雰囲気が良いです。

展示数は少なめながら、どれもドーンと大きいパネルで、特に、津軽線の車体と空の対比の写真は圧巻。
どこに電車が??ってくらい空が大きいです。すごいタイミングの一枚。

山﨑さんご本人も会場におられて、お客さんと会話してました。
耳ダンボで会話を聞いてたら、大きい月の写真の中の赤いランプは、信号機とのこと。
TVで見たとおりの気さくそうなお兄さんでしたが、私はとてもお声掛けはできませんでした(><)小心者。。。

b0056570_1292678.jpg
昨年冬の”JR青春18きっぷ”の宣伝チラシ。(毎回集めてる私・・・)
この写真は山﨑さんの作品。
この年の夏に高山本線に乗ったばかりだったので喜びもひとしお(^^)
飛騨金山~焼石間は乗るよりも、こうして見るものですね~。


山﨑友也 写真展  ~Railway Symphony~
銀座キャノンギャラリー(入場無料) 8月24日(水)まで。



その後、札幌、仙台、梅田(大阪)と巡る予定みたいです。
by manic-friday | 2011-08-23 01:42 | ★鉄道 | Comments(2)
AX