子猫をお願い
2週間前からお借りしているDVDをやっと見ました。
2001年度の韓国映画「子猫をお願い」。
b0056570_0163836.jpg

内容は、高校時代の仲良し5人組が二十歳になって、それぞれの道を歩きながら壁にぶつかり、苦悩しつつも前に進もうと頑張る、・・といってしまってはそれまでなんですが、映像&役者で見るタイプの映画。

携帯電話がなければ友人と繋がっていられないという不安、好きなことをやりたいのにお金がなくてできないという不満、自分より年下の子が社会に出てきて「もう二十歳になってしまった」という焦り。
娘たちの悩みがひしひしと伝わってきます。
タバコや携帯etc.何かに依存してしまいがちな現代の若い娘の姿がよく描かれていると思いました。

観終わって、物語としては「だからどうした」という感じなんですが、映像の撮り方とかがちょっと面白く、印象に残りました。
でも、肝心の「子猫」は、あまり意味がないような・・・?
何年か前のフジテレビの深キョンとユンソナの出てたドラマ「ファイティングガール」にも似てる気がしました。(妹役で平山綾も出てた。当時はとんでもなく可愛いかった。いや、今も可愛いけど。)

漫画で置き換えるなら魚喃キリコ風な青春。痛々しい感じがね。(それほどでもないケド)
[PR]
by manic-friday | 2005-10-29 00:28 | ★映画 | Comments(0)
<< 天皇賞(秋) ディボース・ショウ >>
AX