ディボース・ショウ
昨日、WOWOWで放映してた「ディボース・ショウ」を観ました。
コーエン兄弟の作品は今までに「ファーゴ」しか観た事なくて、評価高い割に”なんか全然面白くないなー”と思っていました。
でも、この作品はなかなか面白かったです。
b0056570_22555639.jpg

離婚訴訟専門の敏腕弁護士がジョージ・クルーニーで、富豪との結婚、離婚で財産を増やそうと企む美女がキャサリン・ゼタ・ジョーンズ。
その二人が主役で、結婚と離婚を巡ってのラブコメディーでした。

今回感心したのは脚本とキャラ設定。
オリジナルストーリーとしては本当に良くできてると思いました。
真面目に観ずに、ゆるい感じで観たのが良かったのかも?普通に楽しめました。
あと、個人的にキャサゼタが大好きです。あのゴージャスな美しさは天下一品。
ハリウッド女優では2番目くらいに好き。

1:シャロン・ストーン
2:キャサリン・ゼタ・ジョーンズ
3:ヘレナ・ボナム・カーター
4:ジーナ・ガーション
5:ジーナ・デイヴィス
・・・・・こんな順番ですね、今んとこ。

そんなわけでコーエン兄弟をちょっと見直しました。
でも、「ファーゴ」は今後も絶対好きになれないな・・・。
[PR]
by manic-friday | 2005-10-26 22:57 | ★映画 | Comments(0)
<< 子猫をお願い うまい棒 復刻版 >>
AX