人気ブログランキング |
B’z Live-Gym Pleasure2018
TVで「アメトーークB’z大好き芸人」を見ていたら、チケットぴあで“アメトーーク最速先行予約”というのがあったので、ダメ元で抽選に応募してみたら、第2希望日が見事に当選。

9/21、味の素スタジアムへ妹と一緒に行ってきました。
b0056570_02020470.jpeg
残念ながら朝からの雨模様。
稲葉さんが雨男だというのは有名な話なので、事前にレインコートも一応購入しておきました。

座席は転売対策のため当日に会場でわかるシステム。
本人確認をするとチケットには書かれていましたが、実際には確認はされませんでした。

アメトーーク先行予約の用意してくれた席は、下層スタンドのかなりステージに近い席!
ステージ全貌は見えづらいものの、嬉しい驚きでした。


6時過ぎ、小雨が降りやまない中、開演。
なんと“ultra soul”でスタート。

その後も懐かしい曲が続いて、B'zが大好きだった頃を思い出してしみじみ。(“Oh!Girl”とか)
実は25年前にB'zのファンを卒業しており、最近の曲は全くわからない( ´△`)
でもこのツアーはデビュー30周年記念で、5年おきに開催されるヒット曲のみを演奏してくれるというツアーだったので、それで今回応募したのでした。

ステージを駆け回りながら歌う稲葉さんと、移動しながらもギターの音が全く淀まない松本さん。
二人とも本物だ〜。
10代の頃あんなに行きたいと願ったB'zのライブに、25年の時を経て来れていることが不思議で仕方なかったです。(岡山時代に津山の稲葉化粧品へ訪問した時も同じ様に感じた)

途中、カメラマンに扮したキムタクがステージに登場したり(キムタクが晴れ男なのか雨が上がった)、“Love Phantom”では稲葉さんの有名なダイブが見られたり、“恋心”では振付をかわいく教えてもらえたり、松本さんのソロでは美しい音色の“星に願いを”が聴けたり、とにかくステージから目が離せませんでした。

この日はデビューしてちょうど30年目の節目の日だったので、デビュー曲を演るかな?と思ったけど、歌詞的にか演りませんでした。(「だからその手を離して」)

アンコールでは二人ともが深いお辞儀と感謝の意を述べて、25年前にファンをやめた私までグッときました。
昔読んでた音楽雑誌に書いてあった、稲葉さんの好きな言葉だという「継続は力なり」。
30年経って、その言葉の通りになっているB'zがスゴイ。

大満足で帰路につきました。
b0056570_02254382.jpeg
翌日の新聞には広告が。

これからもずーっと第一線で活躍してほしい。
お二人とも健康で長生きしてほしいなあと強く思いました(っ´ω`c)

by manic-friday | 2018-09-22 01:49 | ★manic music | Comments(0)
<< 萩岩睦美 再現画展@ガレリア原宿 荒木飛呂彦原画展「JOJO-冒... >>
AX