人気ブログランキング |
台北2018 2日目「正好鮮肉小龍湯包~御品元」

台北101の横を通って、信義路五段をひたすら西へ直進。
大きな交差点で南へ左折。
20分ほど歩いてようやく着きました。
b0056570_02271121.jpg
臨江街観光夜市の入口。
b0056570_02265662.jpg
観光夜市という名ですが、なかなか地元型な雰囲気。
b0056570_02271889.jpg
ちょうどいい感じの道の幅。
しかしここへ来たのは夜市の一本隣の道のお店が目的。
b0056570_02392766.jpg
「正好鮮肉小龍湯包」という小龍包の専門店。
b0056570_02410417.jpg
メニューは湯包(小龍包)、焼売、酸辣湯の3種のみ。
この時は酸辣湯は売り切れでした。
b0056570_02433103.jpg
とりあえず小龍包を一籠(って数える??)だけ注文。
テーブルの上の方にプラスチックの小皿とレンゲ、お箸が置いてあり省スペース。
b0056570_02460298.jpg
すぐに来ました、小龍包。これで約400円。安い~!
b0056570_02450617.jpg
醤油に刻み生姜を入れて、早速いただきます・・
b0056570_02490023.jpg
めちゃめちゃ美味しいので、瞬殺でなくなり、追加注文。
b0056570_02465858.jpg
もう一籠いけた気もします。本当においしかった。
b0056570_02470176.jpg
カウンター席もあり。最初からいたこのお兄さんは酸辣湯食べてました。うらやましい。

ここを出て夜市の通りに戻ると、焼きビーフンみたいなのを食べてるお兄さんがいて、それが食べたいと言い出した相方。
屋台のおじさんに「あれが食べたい」と告げてみるもお互い言葉が通じない・・。
b0056570_02495132.jpg
左から二つ目のイカのビーフンのを何とか注文。
b0056570_02513310.jpg
「あいよッ」という感じで出てきたこれ・・あれ・・汁がある・・。
よく見たら、相方が見たお兄さんのテーブルはお隣の屋台ので、そもそもメニュー自体が違うんでした(^^;)
でもこれはこれでなかなか美味しく、私は一口もらっただけですがまた食べたい気持ちです。(なんていう料理なのか・・味付けはウスターソースでした)
b0056570_03053435.jpg
そこから少し行くと、第二のお目当て「御品元」というお店。
b0056570_03063359.jpg
ここの名物、キンモクセイシロップのかき氷。ゴマ入り白玉乗せ。
ひとつ注文して二人でシェアしました。
b0056570_03065095.jpg
このゴマ白玉が熱々で、とてもいい!
白玉だけ追加したい気分でした。
店内は満席。並ばずに入れましたが、帰る時は大行列ができていました。
b0056570_03100997.jpg
夜市のはじっこ辺りに魯肉飯のお店があり、相方が持ち帰り用のを買うことに。
店員のお兄さんが卵を勧めてきたので、卵追加。
b0056570_03104146.jpg
なんだか歩くのに疲れたので、ここからタクシーで帰りました。渋滞というほどではないけど、道はそこそこ混んでて意外と時間がかかりました。
b0056570_03132822.jpg
部屋で食べた魯肉飯。たくあんも乗ってて、これで35元!(約140円)
お得すぎる台湾・・。

>>>3日目につづきます



by manic-friday | 2018-07-02 03:16 | ★台湾・台北 | Comments(0)
<< 台北2018 3日目「新富町文... 台北2018 2日目「ねじれマ... >>
AX