人気ブログランキング |
パペーテのルロット (タヒチ旅行記 その9)
カルフールから一旦ホテルへ戻り、再び街中へ。
だんだん日も暮れてきた頃、ルロットと呼ばれる屋台の出るエリアへ向かいました。
b0056570_155108.jpg
祝日は出店数が減るけど休みはない、とのことで安心。
さっきまでは何もない広場だったのに、車とテーブルがギッシリ。
b0056570_1555922.jpg
テーブルの上にメニューが置いてあり、座る前に勝手に見ていいシステム。
日本語メニューを用意しているお店もありました。
b0056570_15521844.jpg
一通り見て歩いてる内に混んで来たので、チャオメンの食べられるお店に決めました。
b0056570_1553655.jpg
お兄さんが作るチャオメン(炒麺)。
他のお店はオジサンだったりオバチャンだったり・・帰りに見たオバチャンのお店のチャオメンおいしそうでした。

空いてる席について、メニューに載ってた謎のラーメンと、チャオメンスペシャルを注文。
b0056570_15564578.jpg
謎のラーメン来ました。鶏ガラベースで野菜と魚介のうまみが出てておいしいです。
味の濃いウィンナーもパンチがありました。
b0056570_15574767.jpg
そしてチャオメン。デカ盛りです。
生麺ではなく、フライ麺を茹でた麺っぽい。ジャンクな味でしたがおいしかった。
b0056570_1558883.jpg
塩とオイスターソース風味が、この旅行内では新鮮。
中華料理って万国共通に美味しいなぁとしみじみしました。
b0056570_1602098.jpg
この日の屋台の種類としては、中華・ハンバーガー・クレープ・魚介に分かれる感じでした。
デザートにクレープ屋さんへ。
b0056570_1611745.jpg
日本語メニューを出してくれました。
b0056570_1613665.jpg
翻訳ソフトを使ったのか、難解な日本語も多々あり。
b0056570_162490.jpg
日本ではクレープシュゼットくらいしかないのに対して、フランベクレープの種類豊富なことに大喜び。
「マルキーズ」を注文。ラム酒、パイナップル、ココナッツアイスクリーム添え。
b0056570_1634697.jpg
生パイナップルでした。
この旅行の中でこのメニューが一番美味しかった!フランス行きたい。
b0056570_1642162.jpg
屋台ではアルコール禁止なのですが、シードルはありました。
b0056570_1651623.jpg
夜7時半頃で大盛況。もっといたいけどお腹がいっぱい・・。
b0056570_166499.jpg
とても楽しい屋台でした!

しかし楽しい気分の中、タヒチアンダンス関連で来てると思われる日本人女性の一人が、木に少ししか咲いてない花を一輪、わざわざ高いところに上って摘んでいくのを見ました。(花泥棒!)
タヒチアンの子ども達も多くいる前で・・なんだかとても恥ずかしい気持ちに。
きっと日本でもそんな感じの人なんでしょうね・・残念な日本人でした。外国での振る舞いは私も気をつけよう・・。

>>その10に続きます
by manic-friday | 2016-07-30 16:07 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(2)
Commented by nobrin-7 at 2016-08-01 09:13
今となっては怖くて行けない都市になってしまいましたが、安全な頃のイスタンブールを思い出しました。
ムール貝を殻ごと焼いてバター&レモンで食べるというビールなしでは考えられない食べ物を屋台で売ってたが、何とそのビールがない! イスラム教国では表向きはアルコール禁止とかで正面切っての町売りは出来ない。ムール貝一口ごとに身体がビールを要求して情けなかった。これは一種の拷問・・・?(笑)

砂漠の民「ベドウィン」もアルコールは飲まない。こちらは理由が明確で40℃を超える砂漠でアルコールを多飲しての移動は死を覚悟せねばならない・・・とかです。
Commented by manic-friday at 2016-08-02 18:48
私自身はそんなに酒飲みではないため、アルコールがなくても問題なしなんですが、確かに好きな人には辛いかもしれませんね~。

殆どお休みの町中でもパブみたいなお店は何軒か営業していて、主に白人さんたちがワイワイ飲んでる姿を見かけました。
飲みたい人は屋台ではなくお店へ直行しているようです(^^)

<< ホテル・タヒチ・ヌイ~帰国 (... カルフール PUNAAUIA店... >>
AX