古美術商街「香美堂」@踏十里
「踏十里古美術商街」をネットで調べていたら、何故かキーワードで出てくる「香美堂」・・・。
何のお店かと見てみたら、NHKで放映されて女子に人気のお店らしい。
私も女子のはしくれ、どうせなら、とそのお店へ行くことにしました(^^)
b0056570_23433071.jpg
往十里(ワンシムニ)駅で乗り換えて、踏十里(タプシムニ)駅へ。
1番出口を出て、角を左へ曲がります。
b0056570_23443755.jpg
左上に「古美術」の文字。よしよし。
そしてまた左へ曲がると、ありました。
b0056570_2345843.jpg
横長の建物が古美術商街。奥の方の二つ目の階段を上りました。
b0056570_23473882.jpg
古い木製のドアとか立て掛けられてました。古美術感100%。
b0056570_23482429.jpg
最初の角に来たら、左手にありました、「香美堂(ファンミダン)」さん。
外から眺めていたら、優しい笑顔の女性が現れ、招き入れてくれました。
他にお客もいなかったからか、コーヒーをご馳走してくださり、その間色々商品説明をしてくれました。

以下、購入してきたもの。↓
b0056570_23492337.jpg
このお店の店主である、李さんが自ら刺繍をしてるという代物。(針刺し)
すごい。
b0056570_2350549.jpg
かわいすぎる~(^0^)
b0056570_2351175.jpg
もう少し大きいやつ。
b0056570_23513272.jpg
もはや芸術だ~。針なんて刺せない・・・。
b0056570_23515280.jpg
眺めてて飽きない・・。
b0056570_2352681.jpg
グラデーションが素晴らしい。。。
b0056570_2353045.jpg
なんだこれ?と思って見てたら、古い「茶托」だそうです。
b0056570_23533439.jpg
香美堂だけの商品らしい。茶托以外としても使えそう。
b0056570_2354654.jpg
あとは、日本女子に人気というポジャギ。韓国の伝統的パッチワークです。
これはコースター。
b0056570_2355119.jpg
ランチョンマット。これは李さんの手縫いだそうです。
b0056570_23554534.jpg
暖簾としてもテーブルセンターとしても使える大判のポジャギ。(これは委託でお願いしてるそうです。でもちゃんと手縫い!)
敢えて地味目なのを選んでみました。
b0056570_23564312.jpg
真っ白いポジャギ。薄いピンクと迷いましたが、白にしました。(平井かずみさんの本には白が載っていたので・・^^)
b0056570_23583153.jpg
確かに陽に透かすと美しい~。
b0056570_2359525.jpg
そしてこの大きな箒のような物。
なんと、ケヤキの木の根っこを束ねたものだそうです。絵に書いて説明してくれました。
壁に飾ったポジャギの埃を落とすものだそうです。
b0056570_23595779.jpg
古美術というか古道具。
これは買わねばー!と鼻息荒くなってしまいました・・・。
b0056570_004316.jpg
一番の掘り出し物は、このクッションカバー。
b0056570_012030.jpg
あまりにも精密な刺繍にため息~。
お値段100,000w(=約9,000円)でしたが、この後行った仁寺洞では、これと同じ物が約3倍の価格で売られていました!!(*゚∀゚)=3ムッハー
その他、ポジャギ類も仁寺洞では3倍してました。(李さんが言ってたことは真実だった・・・!)


合計額から何故か20,000w引いてくれました。カムサハムニダ~♪
(現金のみ取扱い・日本円OK。 カード不可です。ご注意。)

古美術商街内の他のお店は、仏像とか箪笥とか、香美堂と似てるお店もあったり、お店だらけ。
鑑定団の先生方と共に見て回りたい(^^)

古美術商街をあとにして、地下鉄5号線に乗って、鍾路3街(チョンノサンガ)駅へ向かいます>>>
[PR]
by manic-friday | 2013-07-18 00:21 | ★韓国・ソウル | Comments(0)
<< 威興コムボ冷麺@世運スクエア 世界遺産「宣陵・靖陵」@江南 >>
AX