人気ブログランキング |
JR門司港駅
b0056570_1114722.jpg
宮脇さんの著作「終着駅へ行ってきます」と「駅は見ている」を読んだ時からの憧れの、JR門司港駅。
築100年の木造建築で、重要指定文化財です。(駅としては初)

かつては、関門海峡を渡って本州へ向かおうとする九州の人々の終点となっていた駅で、当時はここが「門司」駅だったそうな。
b0056570_0413959.jpg
関門トンネルが開通してからは、「大里」駅が名前を「門司」駅に変え、この「門司港」駅は盲腸線状態に。サビシー(;_;)
しかし現在では『門司港レトロ』と銘打って、観光地として力を入れてる模様。
b0056570_0481029.jpg
立派なホームの屋根は木でできてる。
b0056570_0484580.jpg
ジャズが小さくBGMに流れて、ちょっとディズニーランドみたいでした。
古そうに造られた、みたいな・・・。

この駅、3番線ホームがないのですが、昔3番線だったところに九州鉄道の「0哩(ゼロマイル)」の石碑があるとのこと。
b0056570_0511755.jpg
これですね。
b0056570_053838.jpg
裏を見てみたら、宮脇さんが書いてた通り(^^)
宮脇さんもここに立ったんだなぁ。
b0056570_1331885.jpg
南東195mの場所は、今では「九州鉄道記念館」が建っていて、入口の右側手前に0哩標跡が移されて(?)いました。
それともここが南東195m地点?
b0056570_1323588.jpg
宮脇さんが見に来た時は、地面に埋め込まれていたそうです。
しかも、一辺が40cmくらいだったそうなので、小さく作り直したのかな??
b0056570_1162943.jpg
昔の駅名標も再現。じも。

b0056570_0532489.jpg
門司港駅には古い改札口も残されていました。(隣には普通の改札口があります)
b0056570_0543157.jpg
それにしても、一番悔しいのは、今年の9月末に修理工事が始まってしまったこと(><)
全然知らなかったよ~~~。
しかも6年がかりの大規模工事。もはや東京駅並です。
もっと早く訪れるんだった・・・と後悔。
b0056570_0562841.jpg
駅舎の中心には入れず、金網越しに見るのみ・・・トホホ(T_T)
b0056570_1143079.jpg
屋根にはハシゴ??(どう見ても工事関係の物ですよね。。。)
b0056570_0574327.jpg
待合所には入れました。
このドア、古そうな顔して自動ドアでした。
b0056570_0593023.jpg
木製の椅子。なかなか座り心地がよい。
b0056570_059732.jpg
うどん屋さんもあったようですが、工事に合わせてか閉店・・・・。
b0056570_0594048.jpg
本当、”レトロ”な雰囲気が残っています。
b0056570_11024.jpg
関門海峡連絡船への通路は塞がれて、「通路跡」として保存されていました。
b0056570_23415626.jpg
最初はこっちがそうかな?と思ったんですが、特に説明書きはなし。
b0056570_12483.jpg
通路横の「旧監視孔」。不審者を監視するための穴だそうです。
b0056570_14532.jpg
驛長室。昔のような右読みで表示されています。
b0056570_15986.jpg
駅正面へ出る通路。
この右手にお手洗いの建物があります。
b0056570_161650.jpg
どういう経緯で幸運を語るのか不明ですが「幸運の手水鉢」。
(戦時中の貴金属供出に免れたから?渋谷のハチ公の銅像も、初代は持って行かれてしまったそうですからね~。)
b0056570_19587.jpg
珍しい洗面所もありました。(この表示板は左読みだ。)
b0056570_1102454.jpg
確かに年季が入ってます。でもこの色合いが、なんともいえない郷愁を誘います。
b0056570_1131589.jpg
フェンスで囲われてしまって、残念。
工事の終わる6年後、全国的に話題になるのでしょうか。
その時が楽しみです(^^)

b0056570_137147.jpg
そして、現在の名称「マリンゲートもじ」から、関門汽船で下関へ向かいます(^0^)/

>>>続きます


by manic-friday | 2012-11-25 01:38 | ★関門海峡&博多&小倉 | Comments(0)
<< 唐戸市場@下関 初☆スターフライヤー 羽田~北九州 >>
AX