人気ブログランキング |
滝野川探検隊 in 横浜三溪園 その1
b0056570_0234167.jpg
三溪園へ来ました。静かな南門より入園。
b0056570_02451100.jpg
南門近くには断崖絶壁&「横浜上海友好園」がありました。(←今は入れない)
昔々は断崖の下からすぐに海岸になっていて、東京湾まで見渡せたそうです。
b0056570_027319.jpg
お昼時だったので無料休憩所にて昼食。
mikoさんが海苔巻やおいなりさんを準備してきてくれてました。ごちそうさまです☆
b0056570_0284098.jpg
ここを根城にしてるらしいニャンコ。

園内には四季折々の花が咲き、今の時期は花蓮。
b0056570_0293920.jpg
さすがに午後を回ってつぼみの状態・・・残念。
(土日は早朝観蓮会開催中だそうです。朝6時~)

午後1時半よりボランティアガイドさんと共に園内を巡りました。
b0056570_031392.jpg
”内苑”の薬医門。
とにかく色々と古い建造物が移築されてます。
それがことごとく重要文化財だからすごいです。
b0056570_0324163.jpg
紀州徳川家の別荘。
b0056570_0331028.jpg
三溪園の主・原三溪氏の美意識について学べました。
至る所に茶室があり、窓から見える樹木の配置っぷりに感心。見どころは春と秋だそうです。
b0056570_0344310.jpg
秀吉の手水鉢。瓢箪マークがその証らしい。(三溪氏は秀吉ファン。)
b0056570_0362553.jpg
地蔵堂へ上る階段。当時は屋根付きだったそうです。

さらに歩いて、内苑を出ました。
b0056570_0374345.jpg
お次は山登り。緑のトンネルで陽射しもカットされていい気持ち。
b0056570_039330.jpg
てっぺんには展望台。
日石のコンビナートと海。富士山の頭がちょこっと見え隠れ。
そして自販機設置はありがたい。
b0056570_0401449.jpg
関東に現存するものの中では最古と噂される三重の塔。
旧・燈明寺(現在は廃寺)から移築したそうです。移築秘話も聞けて面白かったです。
b0056570_0415449.jpg
瓦に彫られてるのは「東明寺」。何故(?_?)
これは、『燈明寺は江戸時代に宗派が変わった際に東明寺から燈明寺に改名されました。 瓦に東明寺と刻印されているのは、そのためです。 』と三溪園ホームページに記載されてました。
b0056570_0425988.jpg
さて、今度は下りです。
旧・燈明寺本堂の屋根が見えました。なんだかすごい山の中にいるような錯覚。
b0056570_0444236.jpg
その2へ続きます>>>
by manic-friday | 2012-07-19 00:45 | ★manic?な日常 | Comments(2)
Commented by minibaimo at 2012-07-19 14:51
manicさん
桔梗とナデシコの花どこに咲いていたのですか?
気が付かなかったです。
瓦の東明寺、から燈明寺ガイドさんに教え無ければ。
Commented by manic-friday at 2012-07-20 00:37
桔梗とナデシコは、紀州徳川家別荘を遠くから眺めてた時の、
桜の木の下に咲いてました(^^)
例の瓦の件、ガイドさんに是非教えてさしあげてください☆
(旧・燈明寺本堂にも同じ瓦が使用されてましたね)
<< 滝野川探検隊 in 横浜三溪園... 滝野川探検隊 in 根岸森林公... >>
AX