川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム その2
ミュージアムと言えば、展示の他のお楽しみはカフェとショップ。
3階のカフェへ行ったら、なんと70分待ち(@_@)
ウェイティングリストに名前を書いて、ショップへ先に行って来ました
戻ってきて、少し待っていたら呼ばれたので入りました。実際70分も待たなかった気がします。
b0056570_0112927.jpg
席にある番号札を持って注文カウンターで注文すると、席へ届けてくれるシステム。
b0056570_0152050.jpg
水用プラカップ。
持って帰らないでの警告がありました。持って帰りたくなるよなぁ。

そして頼んだ品が続々来ました!
b0056570_0163370.jpg
「ラーメン大好き小池さん」。
小池さんじゃないか~~~(^0^)
コロ助セットはドリンクの他、コロ助イナリとコロ助コロッケ付き。
b0056570_0185996.jpg
ポテトクリームコロッケでうまい。
b0056570_0193729.jpg
この藍色のドラえもん小皿がかわいい。
b0056570_0212549.jpg
紙ナプキンにはコロ助が。
b0056570_0215924.jpg
絶対食べたかった「暗記パン(フレンチトースト)」。
バニラアイスが付いてきます。

きっと誰もが一度は夢見た暗記パン。
今、こうして食べることができるなんて~~と感動しながらナイフを入れると・・・かっ、固い。。。
ミミなんて真剣に固くてちょっとガッカリ~(--)
味は美味しいのですがね。。。
b0056570_026236.jpg
カフェラテのスチームミルクの上にはドラミちゃん。
飲むのがもったいない感じ。
b0056570_026593.jpg
付属のスプーン(なぜか先割れ)はスネ夫でした。
b0056570_028575.jpg
ドリンクにはコースターがおまけに付いてきます。
記念すべきドラえもん第一話のひとコマ。


ここで食べ終わってから、お隣のテイクアウトコーナーへ移動。
胃が動き出したもんで、つい。。。
b0056570_0294131.jpg
四次元ポケットサンド。
確かにひみつ道具が一つ入ってました!(チーズでできてる)
b0056570_0314156.jpg
Fの森のから揚げ。
ハーブが利いてました。
b0056570_030411.jpg
翻訳コンニャク風葛餅。
これも誰もが一度は夢見た・・・とはいえ、コンニャクを味付けなしで食べるのは苦行のようなので、そんなに夢は見てませんでしたが(^^)
普通に美味しく、お腹にたまる。

カフェでは他にもジャイアンかつ丼やスネ夫ケーキ、コンポコのキツネうどん等がんばって考案したであろうメニューがいっぱい。
”ウソ800(エイトオーオー)”も飲めます!
テイクアウトコーナーでは焼きそばやたこ焼きがありました。

b0056570_0373855.jpg
閉館まで漫画コーナーでドラえもんと読書。
b0056570_0394668.jpg
ドラえもんは5巻を読んでます。
私は”モジャ公”、相方は”チンプイ”を読んだりしてるうちに、閉館時間となりました。
b0056570_0411810.jpg
出口にもドラえもん。
b0056570_0414943.jpg
帰りはバスに乗ることに。登戸駅まで200円。
b0056570_0422282.jpg
パーマン仕様。
b0056570_0431138.jpg
押しボタンもパーマン(^^)

そんなこんなで帰路につきましたが・・・久々に大興奮!!!
大人のほうが楽しんでるんじゃないのか?ってくらい、随所に懐かしさMAX。
実際に私世代の人達がものすごく盛り上がってました。
(平日だったので子供は少なめ。お子様方の反応やいかに。)

私はドラえもんはもちろん、毎週「藤子不二雄ランド」の放映は欠かさず見て、エスパー魔美、チンプイ、キテレツ大百科、オバQ、パーマン・・・それぞれの主題歌を今でも歌えるくらい好きでした。(21エモンや黒ベエは時代的に見てないです。)
藤子漫画で育ったといっても過言ではありません。
館内でパーマンのエンディングテーマが聞こえてきたら、あまりの懐かしさに涙が出そうになりました・・。あの頃は世間の厳しさも知らず、平和だったなぁ・・とジーン。

b0056570_057516.jpg
ディズニーランドよりも童心に帰れた気がします。またゆっくり行きたいです。


川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム 公式サイト

・「小田急F-Train」は、運行ダイヤが確定していないそうなので、朝9時に電話すると当日の状況を教えてもらえます。
小田急お客様センター 電話:0334810066 <<4番を押すと、人が出てくれます。
<9月22日追記>ニュースになっていましたが、急遽9月30日までの運行となったようです(泣)
外装は通常仕様に戻りますが、内装はそのまま、とのこと。うぅぅ・・。


[PR]
by manic-friday | 2011-09-13 00:49 | ★manic?な日常 | Comments(2)
Commented by Koji at 2011-09-13 05:30 x
生田緑地にある以前訪れた岡本太郎美術館が近くにあると思いますが、この藤子・F・不二雄ミュージアムほど楽しくはなかったですね。まあ、主旨も違いますので。子供たちはこっちへ流れてしまいますね。
Commented by manic-friday at 2011-09-14 01:20
確かに岡本太郎美術館の表示もありました!
ファンでもあまり楽しくなかったということは・・・
青山の方が評判良いのでしょうか・・?
<< ジャイアンシチュー皿 川崎市 藤子・F・不二雄ミュー... >>
AX