人気ブログランキング |
接岨峡”八橋小道”~「接岨峡温泉駅」
大井川鉄道「奥大井湖上駅」から歩いて、車の通る大きな道へ。
大型トラックがバンバン通って危険(><)
数分歩いたところに「南アルプス接岨大吊橋」という橋が見えて来ました。
b0056570_2232156.jpg
「接岨峡温泉駅」まではすぐなのですが、この橋を渡って遠回りしてみることに。
吊橋、とありますが頑丈で立派な橋でした。
b0056570_22331340.jpg
橋を渡り切ると表示が。
左へ行くと”八橋小道 ラブロマンスロード”。
なんだ、このネーミングは(@_@;)と少々茫然。。。
”八橋小道”も、読み方は「やっぱしこみち」らしく・・・何故、「やっぱし」??
「やつはし」じゃダメなのか・・。

b0056570_2237235.jpg
何がラブロマンスなのか気になりつつ、第一の橋「栃の木橋」。
吊橋のようで、ワイヤーがしっかり張ってある普通の橋でした。
b0056570_22385948.jpg
ちょっと進むと、第二の「桜橋」。
これはもう楽勝です。
b0056570_22395587.jpg
少し曇ってきて、小雨が降ったりやんだり。山水画のような風景。
b0056570_22404541.jpg
第三の橋「水楢橋」。これといった特徴はなし。
b0056570_22413266.jpg
第四の橋「椿橋」。
遠くからも赤くて目立ってた太鼓橋です。
b0056570_22432123.jpg
何かの花が沢山。下の方には山からの水が勢いよく流れてました。
b0056570_224429100.jpg
第五の「桑の木橋」。
階段式になっていました。
b0056570_22451525.jpg
そして、第六の橋「宮沢橋」・・。
なんと階段吊橋。私、無事に渡れるんだろか・・。(吊橋、大の苦手)
b0056570_22471156.jpg
途中から平面になっています。
少し揺れるくらい。

ホッとしながら先へ進むと、畳み掛けるように第七の橋「犬返り橋」が出現。
b0056570_2248534.jpg
妙に怖い名前だし、階段上る時はけっこう揺れました・・・。
私は案の定、内股歩きに・・・。

しかし、無事に渡り切り、お地蔵さんのいるお堂を通り、ラブロマンスロード制覇!
b0056570_22512734.jpg
あれ、橋8本無いじゃん・・と思ってみたらば、最初の「南アルプス接岨大吊橋」から右へ行くと、1本目の橋があったそうです・・。
もっとわかりやすくしといてよ~~てな感じです(゚ε゚)ブゥー
b0056570_22574796.jpg
歩いてたら、「接岨峡大橋」という橋がありました。
それにしても人間に出会わない・・。人類は何処に。
b0056570_2259250.jpg
接岨峡温泉郷の看板発見。ゴールは近い。
b0056570_22595977.jpg
これは翌日撮影したのですが、「接岨峡温泉駅」。
今日は、この駅から1分の「森林露天風呂」(という名の民宿)に泊まります。
やっと着いた~。2匹のワンコがお出迎えしてくれました。
b0056570_2321142.jpg
お部屋からは駅が見えて、列車も通ります。

まだまだ続きます>>>


余談:線路脇を歩いたりして”スタンド・バイ・ミー”みたいだなどと浮かれて(歌まで歌ってみたり)いたら、宿に着いたら相方の足の指と指の間(裏側)に「山ヒル」が隠れていることが判明・・・!(しかも左右に1匹ずつ。どこで、いつの間に!?)
”スタンド・バイ・ミー”の中でも、池でヒルに血を吸われて少年達が逃げ惑う場面があり、まさにまさにな展開。

大慌てでヒル(小さめ)を取り除いたものの、意外と出血止まらず、”パニックat the接岨峡”状態に。(さすがに不気味なので写真無し)
血を吸われてても、無痛なんだそうです。蚊と一緒で。

実は私は何が起きたのかわからず、ボンヤリとその姿を眺めていただけなのですが・・。(後から「冷たい」と非難され・・。)

宿のおばちゃんに相談しに行ったら、特製の消毒液を貸してもらえて、塗ってました。
そのうち出血は止まりましたが、精神的ダメージは計り知れない模様。
b0056570_2312052.jpg
<足に止血のティッシュを挟んでる写真>

宿のお兄さんのお話では、無理やり引きはがすと傷口が余計悪化するから、ヒルがお腹いっぱいになるまで吸わせて(悪い血液を吸い出してくれてるそうな)おくと、吸い口を塞いで自然と離れていく、とのこと。
ヒルに出会った時は寛容な態度が必要なようです。。。(とは言ってもねぇ・・)

でもほんと、いつから吸われてたんだろう(?_?;)
by manic-friday | 2011-09-04 23:18 | ★鉄道 | Comments(4)
Commented by ちい at 2011-09-05 16:24 x
こんにちは。
いろいろときれいに整備されているんですね!
相方さんは大変でしたね。
サンダルだったんでしょうか?
Commented by カモンリュウ at 2011-09-05 17:31 x
ヒルってお腹いっぱいになるまで吸わせると・・・・って本当なんだろうか??
しかも吸い口を塞いでくれて自然と離れて行くって(笑)
想像すると笑える 
ヒルが軽くお辞儀なんかしたりして(大笑)
Commented by manic-friday at 2011-09-06 02:03
ちいさん。
遊歩道、蜘蛛の巣とかはありましたが、道自体は新しめでした。
二人ともサンダルだったんですが、一体いつどこでヒルが接触してたのか不明です!不気味でした~。
今では自らネタにするほどまでに精神回復しております(^^)
Commented by manic-friday at 2011-09-06 02:06
カモンリュウさん。
どーも御馳走様でした・・的な(^皿^)
そう想像すると憎めないですね。
パニック中にiPhoneで色々調べたら、ヒルは医療用に
使われてたりするそうです!衝撃!!
悪い血を吸い出す点で有効なんだとか・・・。
でも、見た目が嫌ですよね・・・。
<< 民宿 森林露天風呂@接岨峡 大井川鉄道 あぷとライン「奥大... >>
AX