人気ブログランキング |
青荷温泉 「ランプの宿」
31日の夜に八戸から東北新幹線で帰ってきました~(^0^)
今回の旅行の目的メインは「青荷温泉 ランプの宿」でした。人気の宿らしいので、7月から予約を入れてました。

二日間有効の”津軽フリーパス”(1500円)を弘前駅で購入し、弘南鉄道に乗り、黒石まで移動。
b0056570_093979.jpg
約30分で黒石駅に着きます。
b0056570_0145180.jpg
黒石から弘南バスに乗り、「虹の湖(にじのこ)公園」まで。
着くと、温泉の送迎バスが待っててくれてました。(事前要予約)
b0056570_019070.jpg
下の方に見える建物が、「ランプの宿」です。
遠くに見えるのは八甲田山。
b0056570_0203835.jpg
虹の湖公園からバスで30分ほどで到着。
曲がりくねった山道は紅葉がキレイ。でもだいぶ終わりに近づいてました。
b0056570_022829.jpg
青荷温泉本館入口。
b0056570_022536.jpg
「よぐきたねし」の石文字発見。(津軽弁で「いらっしゃい」の意味)
b0056570_0235055.jpg
本館の他に離れの別棟も何棟かあります。
渓流が流れて、空気はヒンヤリ。
b0056570_0251030.jpg
2階のお部屋でした。
8畳間にはテレビも冷蔵庫もお風呂もトイレも洗面台もなし。また、ティッシュやゴミ箱もなし。

あるのは座布団、テーブル、お茶セット、灰皿、石油ストーブ、金庫、鏡。
それと浴衣、羽織、タオル大小、歯ブラシ。
あとは部屋を照らす唯一の灯り、ランプです。
(まだ外が明るいうちに布団を自分達で敷くように言われていたので、さっさと敷きました。)
b0056570_028305.jpg
離れにもランプが灯り、日が暮れていきます。写真中央が混浴露天風呂。
b0056570_0291878.jpg
携帯電話はバッチリ圏外。(情報通り・・・)
また、部屋にコンセントが本当に無いので、充電もできません。
デジカメ用バッテリーは念のため一つ買っていきました。
b0056570_030497.jpg
大広間に一斉に運ばれてきたランプ達。
ランプ係のお兄さんが、手際良くピカピカのランプを一人で取り付けてました。すごいスピード。
b0056570_032457.jpg
混浴露天はレディースタイムが設けられていたので、ドキドキしないですみました(^^)
湯加減は少々ぬるくて、でもその分ゆっくり浸かれました。知らない方々とも自然と会話が弾む♪

温泉は全部で4箇所あり、どれもいいお湯でしたが、個人的には”健六の湯”が一番良かったです。温度高めで、露天風呂、五右衛門風呂もありました。

お風呂の灯りも、勿論ランプのみ。やんわりとした優しい灯りの色が、とても落ち着きました。
b0056570_0363550.jpg
6時過ぎから大広間で夕ご飯タイム。珍しい山菜とかが出ました。(これはフラッシュ撮影)

その後、6時半から津軽三味線・千葉勝弘さんのミニライブが。
生の津軽三味線に鳥肌立ちました~。
金曜日だけのサービスで、しかも今年最後のライブの日だったそうで、ラッキー!
アンコールでは内閣総理大臣賞を受賞されたという”手踊り”を披露してくださり、楽しかったです。

また温泉に浸かりに行って、夜10時前には特にできることもないので就寝。
何しろ真っ暗に近いので。。。携帯のディスプレイがやけに明るく感じました。
電気の無い生活って、なかなか貴重な体験でした。

b0056570_0491598.jpg
朝は6時に起床。
朝から温泉三昧。極楽気分です~。
b0056570_0514573.jpg
昨日は真っ暗だったので見えませんでしたが、なんとアジサイが咲いている!!
ドライ状になってるのもありましたが、これは本気で咲いてました・・。
b0056570_053127.jpg
7時過ぎから朝ごはん。
普段朝ごはんを食べない人間にはキビシイ量で・・・。
(朝ご飯を食べなくなってから、風邪もひかず体重も安定、超健康に!私の場合、3食いらないみたいです。)
b0056570_0565595.jpg
たった一日だけでしたが、もっと長く滞在したいと思えるお宿でした。
実際、数日間湯治に来てる外国人のご夫婦もいたほどです。うらやましい!!!
b0056570_162393.jpg
夕飯のデザート代わりにジョナゴールドを一人ひとつもらえました。
さらにフロントにて”津軽フリーパス”を提示すると”特製ランプキーホルダー”ももらえました。
うれしい(^0^)大事にします♪♪♪ 
b0056570_103282.jpg
帰りには、津軽富士とも呼ばれる”岩木山”がよく見えました。裾までクッキリ。


b0056570_1131439.jpg
ランプの灯りとオイルの匂いが、もう今なんとなく懐かしい。
あそこまで行くのは実際かなり大変でしたが、冬の積雪の時期はまた雰囲気がいいんだろうなぁとか思うと、いつか絶対に再訪したいです!

青荷温泉 ランプの宿 ホームページ
by manic-friday | 2009-11-02 01:16 | ★青森 | Comments(4)
Commented by miko at 2009-11-02 21:25 x
お帰りなさい! 山深く 良さそうなランプの宿ですね!
夕餉ももちろんランプなのですね! 何も無しのお部屋は一瞬戸惑うけれど、慣れるとこれも良しに成るものですよね! 加仁湯温泉で経験しました!
Commented by yu-kirico at 2009-11-02 21:45
ここ!行って見たいって思ってた。
ちゃんとランプ専用お手入れ小屋があって専門係もいるんだよね。

棹にランプを沢山下げてカチャンカチャンしながら各部屋に持っていく画像をテレビでみました。

デザートにりんご一個ドーンって(笑

お泊り処には必ずあるアメニティもサービスや設備もないのに
お客さんがくるってすごいね!

徹底した電気電波NGの山奥の宿とランプの光にすご~~く癒されるんだね。

Commented by manic-friday at 2009-11-03 23:54
mikoさん。
本当に夜は真っ暗で、とっても落ち着くお宿でしたよ!
雪の季節は雪上車で送迎だそうです・・それも興味ありです(^^)
Commented by manic-friday at 2009-11-04 00:04
yu-kiricoさん。
そうなんだーTVでやってたのか~。
私は同行の友人に誘われて、初めて知りました。
デザートりんごは早速丸かじりしてるおじさんもいたよ~。
陸の孤島状態だったけど、意外とお客さん多くてびっくりでした!
日本全国色々なところから来てたみたいよ。
さすがに奄美の人はいたのか、いなかったのか・・・。
<< 建物探訪@弘前 三内丸山遺跡にて >>
AX