タグ:Q・タランティーノ ( 7 ) タグの人気記事
映画「ジャンゴ 繋がれざる者」
<ネタバレ感想あり>
b0056570_22335314.jpg
映画「ジャンゴ 繋がれざる者」を観て来ました。

タランティーノが「続・荒野の用心棒」(←「荒野の用心棒」とは全くの無関係作品らしい)にオマージュを捧げたという今作は、南北戦争2年前の人種差別ドップリのアメリカが舞台。
今では想像もできない奴隷制度の実態・アメリカの黒歴史の一部を垣間見ることができます。

b0056570_22382324.jpg
歯科医キング・シュルツ(現在は賞金稼ぎ)にその身を助けられた元・奴隷のジャンゴは、シュルツの相棒になって、離れ離れにさせられた最愛の妻を探す旅に出る・・・。

最初の町での保安官殺しのどんでん返しに思わずニヤリ。
そして雪山での雪だるま相手の特訓・・・(^ー^)

b0056570_2242594.jpg
KKK団の前身となるのか、この集団には特に笑わせていただきました。
「俺たちは襲撃に来たんだろ!?馬が前を見えてりゃそれでいいんだョ!!」妙に納得~。


冬が過ぎ、ついに妻を取り戻すべくミシシッピーへ向かう二人。
b0056570_22491995.jpg
出ました、レオ様~!!ミシシッピーで4番目に大きい農園の領主で、フランスかぶれの似非貴族・傲慢で残酷なボンボン役です。
b0056570_2251113.jpg
マンディンゴ(奴隷デスマッチ)のシーンでは目を背けたくなるほどの演出でしたが、本当にあったのかな。。。怖い時代です(><)
よく考えてみたら、奴隷デスマッチは古代ローマ時代にもあったんですよね。。。
b0056570_22524012.jpg
晩さん会の時に激昂してグラスを割って血だらけになったのは演出ではなく、思いがけず本当に怪我をしちゃったんだとか。
レオの役者根性が素晴らしい。
(以前報じられていた、口の横を切ってタラと喧嘩した逸話のシーンは最終的にカットされていたようで・・・気になるなぁ)

とことん憎たらしい男を演じていました。サミュエル・L・ジャクソンもレオとセットで憎々しい。二人ともうますぎ。

シュルツがまさかで殺され、ジャンゴはまた捕まって奴隷に逆戻り・・・(&痛そうな拷問)。
どーなるの!?と思ってた矢先に監督が役者で出演。
しかも無駄に派手な爆死www どんだけ安っちい役なんだ(^^)


最終的にはスカッッッとするほどの復讐が済み、堂々と終幕。
相方曰く「カタルシスだねぇ♪」。
ものすごく楽しめた3時間でした。
暴力を肯定するつもりはありませんが、やりすぎなほどの血しぶきはタランティーノならではのエンターテインメント。
「レザボアドッグス」からのタランティーノ世代なので、”こうでなくっちゃ!”という感じです。
(苦手な人は心底苦手でしょうね。。。)


ただ、ジャンゴ役のジェイミー・フォックスの影が薄い・・。
シュルツ役のクリストフ・ヴァルツがいなくなったら画面が寂しくなりました。
死んでほしくなかったなぁ(;_;)


そのクリストフ・ヴァルツ、タラの前作「イングロリアス・バスターズ」に次いで二度目の助演男優賞受賞だったそうです。おめでとうー(^▽^)
b0056570_2353948.jpg
タランティーノ自身も脚本賞受賞とのこと。3時間近くあったのに無駄が無かった気がするので頷けます。
(字幕協力にまたもや町山智浩氏の名が。作品をより面白くしてくれてるのはこの人でしょうね☆)

ジャンゴ 繋がれざる者  公式サイト

b0056570_2365295.jpg
本国アメリカではこんなフィギュアが発売されてるらしい・・・へえ~・・・。
b0056570_2373677.jpg

b0056570_2329491.jpg

[PR]
by manic-friday | 2013-03-25 23:21 | ★映画 | Comments(0)
映画「イングロリアスバスターズ」
b0056570_1385611.jpg
遅ればせながら「イングロリアスバスターズ」観てきました。

内容は、ナチスドイツが占拠するフランスで、家族を殺されたユダヤ人少女ショシャナと、ナチスを殺して頭の皮を剥ぐことで有名な集団「バスターズ」と、英国からのスパイ達によるナチス撲滅活動集団の一部が、ひとつの小さな映画館でそれぞれの思惑を胸にテロを実行する話・・・と、書いていて何だか意味不明になってきましたが、タランティーノの得意技で、別々のエピソードが最後に巧く集結します。

ハッキリ言って、何ゆえこの内容を映画化したの・・・?とか思いましたが、60年代のイタリアのB級戦争映画「地獄のバスターズ」へのオマージュらしい。
と知ると、タランティーノらしいなぁと妙に納得。(「地獄のバスターズ」は未見ですが。)
b0056570_147424.jpg
「バスターズ」のボス、ユダヤ系アメリカ人のアルド・レイン中尉役はブラッド・ピット。
このふてぶてしい顔!演技の幅が広がりましたな。。。としみじみ。
って、別にこの役、ブラピでなくてもいいような気もしてたんですが、ブラピが出ないとかなり地味な映画になるので。

以下の方々が脇を固めてましたが、皆さん演技がとても上手。
タランティーノも各地からよく見つけてきたなー。
b0056570_1514852.jpg
ショシャナ役のフランス人女優、メラニー・ロランはかわいい(^^)
b0056570_1545438.jpg
女優(兼スパイ)ハマーシュマルク役のダイアン・クルーガーも美しい(^^)
b0056570_1555362.jpg
そして特筆は、ナチスSSのハンス・ランダ大佐役のクリストフ・ヴァルツ。
怖いよ~この人は。笑顔すら怖い。
しょっぱなから、ユダヤ一家を匿ってるフランス人のお父さんを詰問するシーンがあるのですが、ものすごい緊張感。
その後も事あるごとに目を光らせるんですが(抜け目ない!)、本当に怖かったです。最後はちょいマヌケですが。


一番面白かったのは、地下での秘密の会合場面。
「レザボアドッグス」に近い緊張状態が続き、ドッキドキ。


映画館へ潜入したブラピがあっさり大佐に捕まってしまった時も、先日テレ東で見た「エグゼクティブ・デシジョン」のセガール亡き後(空中8千メートルより落下。さすがのセガールも死亡・・。)みたいに、”リーダーが捕まったら、この計画どーなっちゃうの!?”という素直に新たなドキドキが発生。
先日観た映画「スペル」の時のように、館内の誰よりも私が一番楽しんでた気がします(^ー^;)


とにかく暴力血みどろシーンは(珍しく)少なく、椅子に腰掛けたままのセリフだけの演技が多い・・って、B級低予算ぽいけど、それってかえってスゴイことだと・・・。
タランティーノの脚本と、俳優さんたちの熱演で、最後まで飽きることなく鑑賞できましたd(^0^)b


劇中に「荒野の1ドル銀貨」のテーマ曲も使われ・・私としては満足♪



youtube「荒野の1ドル銀貨 テーマ曲」  口笛がド渋い!!
ミッシェルのライブが懐かしい~。


b0056570_2225247.jpg

イングロリアスバスターズ 公式サイト
[PR]
by manic-friday | 2009-12-13 02:28 | ★映画 | Comments(0)
映画「PLANET TERROR in Glind House」
b0056570_1204146.jpgb0056570_121188.jpg

ロバート・ロドリゲス監督の「プラネット・テラー」、レイトショーで観てきました。(22日に始まったばかりなので、多くは語りません~。)
b0056570_1242192.jpg
この彼!(ルー・ダイヤモンド・フィリップスを彷彿とさせる・・)
あまりの強さに笑っちゃいます(^ー^)素手でセガール並。
b0056570_1251357.jpg
タランティーノも役者で出演。ノリノリ。
b0056570_1263424.jpg
どのようにスイッチが入るのか謎のマシンガン。気合いか?
b0056570_127555.jpg
後半、ロドリゲスやりたい放題!!面白すぎ!!!


特にポケバイシーンは最高!映画館内で笑いがあちこちから漏れてました。(ファンキーな外国人のお兄ちゃん筆頭に。)
今思い出してもウフフ~。

b0056570_130668.jpg
そして一番印象に残ってしまう「マチェーテ」。
この予告だけ何回も観たい!(それにしてもよく作ったな~~。)


ロドリゲスのはちょい怖なので(私的には)、一人では観れないので今日は相方と共に。(「パラサイト」とか、面白いけど怖い・・。)
「デスペラード」好きな彼は大喜びでした。良かった良かった♪

グラインドハウス 公式サイト
[PR]
by manic-friday | 2007-09-28 01:34 | ★映画 | Comments(0)
JIM THOMPSON'S TABLE
銀座に「マロニエゲート」というビルが最近OPEN、10階のタイレストラン”ジム・トンプソンズ・テーブル”に行ってきました。
b0056570_215372.jpg

ジム・トンプソンの製品も何点か売られていましたが、お値段、タイの何倍もしてました。(当たり前か・・)
b0056570_1374477.jpg
ランチビュッフェは1,800円。
午後2時までに入店できればいいというので、並びました。
b0056570_1393081.jpg
とりあえず一通り、一口ずつ取ってきた。
トムヤムクンは辛い。特にネギが。でも美味しい~(^^)
春雨や鶏肉のタマリンドソースとかも美味しかったです。全体的に辛めなので、生野菜が救い。
b0056570_1421461.jpg
真ん中の、ソーセージ入りのレモン風味炒飯が特に美味しかったです!!
刻み生姜がいいアクセントで、さっぱり爽やかな味。
b0056570_144760.jpg
デザート類。
ケーキはマンゴー系。チョコケーキは濃厚。
ココナッツミルクはかなり高得点。ブラックタピオカのもちもち感がたまりません。
4杯も食べてしまいました・・・。これと炒飯のためにまた来たい。
b0056570_14646.jpg
相方のグリーンカレー(私は食べなかったけど)に入ってた謎の実。
これだけ食べると劇的にマズイのですが・・・何なんだろ、コレ???
ブドウのような食感でした。
b0056570_1474149.jpg
丁度ティータイムの入れ替え時なので、すいてきた店内。

それにしても、苦言を呈すると、ビュッフェの食べ方の汚い人が多いのに驚き。
たいていお皿に平気で残しまくりです(>_<)
銀座だからと綺麗に着飾ってるマダム達のお皿も・・むむ~何かが間違ってると思うのですが・・。それとも私が厳しすぎ??

JIM THOMPSON'S TABLE ホームページ




この後六本木ヒルズへ移動、またまた「デス・プルーフ」を見たのですが、やっぱり面白い(^ー^)
ポストカードを買って発見したことがあります。
b0056570_202730.jpg
カート・ラッセル・イズ・耐死仕様デス・プルーフ・・・・・らしい。
そっか、それなら安心したよ(^∇^)♪
[PR]
by manic-friday | 2007-09-23 02:15 | ★食 | Comments(4)
映画「DEATH PROOF in Glind House」
クエンティン・タランティーノ監督最新作「デス・プルーフ」。
公開されたばかりなので、詳しくは語りません、ご安心を(^^)
b0056570_1405577.jpg
相方を裏切って、さっき、一人でレイトショーで観てきました!池袋まで自転車でGO!
b0056570_1101321.jpg
超極悪男”スタントマン・マイク”はカート・ラッセル。
絶妙なキャスティングにニヤリ(  ̄ー ̄)*
b0056570_1155163.jpg
タランティーノ自身もバーのマスター役で出演。楽しそ~。
b0056570_1163143.jpg
「キル・ビル」を思い出させる配色の車。(黄色×黒。)
このリー役の女優さん、カワイイ(^^)出番少ないのが残念。
b0056570_1142089.jpg
出演者達の与太話は毎度の如く。
どうでもいいシーンでも飽きずに見ていられるのは、やはりタランティーノの力量です。
今回のこの映画は疾走感に溢れ、「スピード」より何百倍も面白い!!(比べるもんでもないか・・)


”THE END”の文字が出た瞬間、笑いそうになったのを堪えたら、二つ隣の席の男の人が「ブハハッ」と。
つられて左隣の外国人のお兄さんも「ププッ」と吹き出し、右隣のお兄さんも「グフフッ」と笑い出したので、私も「プスー」と笑ってしまいました。
エンドロールのエイプリル・マーチの曲も軽快(S・ゲンズブールの曲らしい。)で、タラ・ファン達はニヤニヤしながら帰路についたと思われます(^▽^)
もちろん、私もニヤニヤしながら自転車で帰りました~。

b0056570_1311193.jpg
毎回買わずにいられないタランティーノ作品のサントラ。
今回も期待を裏切らない選曲♪お約束の、映画の中の会話入り。
b0056570_1322041.jpg
夏も終わりだというのに、LaundryにてコラボTシャツも購入♪
限定販売らしいっす。XSでちょうどよし◎

b0056570_1173840.jpg
バッドガールズに囲まれ嬉しそうなタランティーノ。
次回作も期待してますよんv(^0^)v

グラインドハウス 公式サイト
22日からR・ロドリゲスの「プラネット・テラー」が公開!見なきゃ~☆☆☆
[PR]
by manic-friday | 2007-09-02 01:07 | ★映画 | Comments(4)
グラインドハウス
b0056570_22501214.jpg
Q・タランティーノ×R・ロドリゲスの新作映画「グラインドハウス」!!
待ってました(^0^)♪

この前の「ホステル」は、タランティーノがらみではあったけどやはり監督作ではないし、何より怖いので観てません(>_<)

9月2日からタランティーノの「デス・プルーフ」が上映、
9月22日からロドリゲスの「プラネットテラー」が上映の予定。
忙しいぞ~~☆☆☆

でも、正直ロドリゲスはあんまり好きじゃないのよね・・・・スマンね、ロドリゲス。
(だけど脚がマシンガンのオンナノコは衝撃!凄い動きしてましたよ!!)

グラインドハウス 公式サイト
[PR]
by manic-friday | 2007-07-16 22:48 | ★映画 | Comments(2)
Q・タランティーノ製作総指揮 『HOSTEL』
mixiのニュースで読んだのですが・・・
クエンティン・タランティーノが製作総指揮を手がけた「ホステル」が、公開日より1週間限定で業界初「嘔吐バックキャンペーン」を実施することを発表した。
この作品はアメリカ人の旅行者たちが訪れたスロバキアの町で、拷問や惨殺を娯楽とする地下組織に捕らえられるというスプラッター・スリラーで、映画の後半には残酷で過激なシーンが満載されている。
昨年1月の全米公開時にはR指定(日本での公開はR-18)で公開され第1位を獲得、その際に劇場で嘔吐や失神してしまう観客が続出して話題となっていた。
これを受け、10月28日より公開中のシアターN渋谷では上映開始後46分、1人目の拷問シーンが終わった時点で気分が悪くなり途中退場する観客には、入場料を全額返還するキャンペーンを行う。
また、近隣の病院と提携し、気分の悪くなった人へ対応できる態勢を取っている。(mixiから抜粋)

ということで、公式サイトを見ようとしたら、重くて重くて見れません!(>_<)
ので、仕方なくUSサイトを見てみた・・・



超 怖 い ー ー ー!!!
病んでるよ!! ((((゚Д゚;)))ガクガクブルブル

ドキドキしながら見てるところへ、急に妹が近くに来たので、ビビリまくりです。

監督はイーライ・ロスというホラー映画の人らしい。普段ホラー観ないから全く知らんとです。
タラとは友人なんだそうです。いい友人持ったな。

忘れられない映画の拷問シーンは、M・スコセッシ監督の「カジノ」で万力で頭蓋骨割っちゃうのと生き埋め、あとタランティーノの「パルプ・フィクション」の地下室の変態男。あと三池崇史の「殺し屋1」もかなり痛かった・・。
思い出すだけで「ヒィ~~~」です(TдT) ゾワゾワします。

でも、やはりタランティーノ関連・・観たい・・・でも・・怖い・・・(以下エンドレス)

HOSTEL 公式サイト US版
HOSTEL 公式サイト 日本版

そして早々と「HOSTEL 2」が作られてる模様!(しかしまだHP中身なし)
[PR]
by manic-friday | 2006-10-31 01:21 | ★映画 | Comments(4)
AX