タグ:陶磁器 ( 17 ) タグの人気記事
没後100年 宮川香山展@東洋陶磁美術館
先月末で終了したのですが、大阪中之島の東洋陶磁美術館へ行って来ました。
b0056570_1675725.jpg
初めて来ましたが、展示もラストに近い日だったからか、中は結構混雑していました。(年齢層高め)
b0056570_1684465.jpg
宮川香山という陶芸家の没後100年を記念した展覧会。
NHK「日曜美術館」でこの写真の蟹の焼き物を見て、現物を見てみたくて来ました。

『高浮彫』という独自の陶芸スタイルを確立し、海外の万博にも多く出品して世界中から高い評価を得たという宮川香山(1842~1916)。
天才の中の天才というか、どうやって作ってるのかわからない作品ばかり。「超絶技巧」という言葉が本当に当てはまる。

後期の作品では普通の壺や花瓶もあり、それらは色が絶妙に美しかったり。
現代のプリントでつけたような色ムラのない柄や模様が全部手描きだったり、驚きの連続でした。

途中、撮影OKコーナーが設けられていました。
b0056570_16115313.jpg
壺の横に穴シリーズ(勝手に命名)。
b0056570_16121561.jpg
4面に色々なポーズのカエルがいました。
これの他にも、熊バージョン、ねずみバージョンがありました。(ねずみはリアルすぎて不気味。)
b0056570_16124258.jpg
どうやって焼いたんだろうか・・。
b0056570_16125763.jpg
鳥の羽根が本当に細かくてリアル。木の枝とかも。
b0056570_16143183.jpg
周囲の鬼や白龍や鳥がいなかったとしても国宝級の出来栄えの香炉。
b0056570_16134734.jpg
花瓶on燈籠。(これも勝手に命名)
b0056570_1614156.jpg
燈籠には猿が隠れていたりします。

他にも花瓶on壺、花瓶on盆栽、花瓶on団扇などなど、花瓶の表面に立体的にできてる作品が多かったです。
紫陽花の柄の花瓶は、花の部分が透かし彫りになってたり、とんでもない技術力でした。

そしてやはり圧巻は蟹。
壺から逃げ出そうとする蟹がなんと二匹重なり・・制作途中の動画とか見てみたい!

最初は私に連れてこられてつまらなさそうにしていた相方ですが、この蟹には釘付けになっていました。
素人目にも凄さがわかる、素晴らしい展示でした。

宮川香山の作品 Google画像のページ

10月からは愛知県にて開催。
[PR]
by manic-friday | 2016-08-03 16:28 | ★manic?な日常 | Comments(4)
一日陶芸教室の器が完成
昨年秋にiちゃんと共に行った、高槻の一日陶芸教室。
年末に先生から完成報告のお葉書いただきながらも、2月末に受け取りに行ってきました。

こちらが指定した色を、先生が塗って焼いて乾燥までしてくれるという至れり尽くせり。

さて、私のメイン製作はサンマ皿なんですが・・・
b0056570_223466.jpg
ちゃんとお皿になってる!感動~。
先生「お寿司乗せても良さそうですね」 確かに。

あと、ついでに作った花瓶と小皿。
b0056570_2242542.jpg
謎の形の花瓶は謎の形のまま出来上がりました・・(当たり前)。
相方からは失笑され・・(--)。。。
b0056570_2252376.jpg
ベランダで育ててるビオラを摘んでいけてみました。
まあ・・よしとしよう・・。(己に激甘)


機会があればまた陶芸やりたいです(^0^)♪
先生、ありがとうございました! >>>作った時の記事

[PR]
by manic-friday | 2016-03-07 22:07 | ★manic?な日常 | Comments(0)
2015 「丹波焼陶器まつり」 窯元めぐり
昨日・今日と開催の「丹波焼陶器まつり」へ今年も行って来ました。
今年は清水焼に行こうかと思っていましたが、昨年とても楽しかったので再訪。(清水焼、ゴメン)
b0056570_18404749.jpg
今回は相方と共に。
JR相野駅からのバスで「陶の郷」に到着後は、とりあえずグルメの屋台へ。
b0056570_18414560.jpg
”ぎゅうぎゅうホットドッグ”なるもの。焼肉が挟まっておいしい。
b0056570_1842297.jpg
同じお店で三田牛。これは小で500円。やわらかくておいしい。
b0056570_1843763.jpg
相方はその後、あまごの塩焼きを食べ・・。(骨まで全部食べられて満足してました)
b0056570_18434537.jpg
”じぇにー”というお店の混ぜそばも食べてました。
b0056570_18441998.jpg
レシピ55選を見た後、窯元横丁を覗いてみました。(本日は入場無料)
ここで気になる器を発見したので、その窯元さんへも行ってみることにします。
b0056570_18454086.jpg
お天気良く、人出も多かったです。
b0056570_18461533.jpg
昨年は改修中だった”のぼり窯”、キレイになってました。
b0056570_18465998.jpg
そして、まず訪れたのは「悟窯」。
b0056570_18472341.jpg
表にB級品があり、相方は大喜び。
b0056570_18475068.jpg
狙っていた、納豆を混ぜるための器。400円で購入できました。
b0056570_184939.jpg
その隣の坂をさらに上ったところにある「忠作窯」。
小さいすり鉢を探しに来て、なかなか良いのがあったのですが、ひとまずもう一軒の窯元を見てから・・。
b0056570_18502752.jpg
ふと遠くを見ると、里の秋、って感じ。のどかで良い場所です(^^)
b0056570_1851610.jpg
ブレてますが、別の窯元入口で牧場のアイス売ってました。おいしかったです。
b0056570_18554745.jpg
アイスの横で黒にんにくも販売。これで300円はお得~♪
b0056570_18562938.jpg
さらに歩いて、昨年も訪れた「ココチ舎」へ。
b0056570_18565357.jpg
ここで丁度良いサイズのすり鉢を発見!
b0056570_1857141.jpg
すりこ木もセットで2000円でした。(消費税分はサービスしてもらえました)
b0056570_1858456.jpg
まさに理想的。うれしいです。(忠作窯さん、ごめんなさい)
b0056570_18583640.jpg
ココチ舎からもう少し歩いて、次は「祥公窯」へ向かいます。
また坂を上るのでスタミナ切れ気味の相方・・。
b0056570_18595713.jpg
着いた~。
作陶家のお兄さんが色々とお話してくださり、さらに上にもあるのでどうぞ、と案内してくれました。
b0056570_191431.jpg
なんかすっごい素敵な道!
上りきった先には立派な茶室があり、ビックリ。
b0056570_1915599.jpg
ここ「祥公窯」さんはお茶関係の陶器がメインだそうです。
b0056570_1925340.jpg
器を見ていたら、お抹茶とお菓子をいただいてしまいました!(無料のおもてなし。スゴイ!)
b0056570_1934655.jpg
かるかんみたいなお菓子には塩昆布が入ってておいし~。
b0056570_1943085.jpg
なんだか贅沢な時間を味わえました。
b0056570_1944225.jpg
下のお店へ戻って、目的のお皿をゲット。3,000円からおまつり価格で2割引。
レースペーパーのようなデザインでかわいい♪
このお皿でショートケーキを食べたいです。
<後日追記>
b0056570_222097.jpg
早速ショートケーキを(^^)(「寶菓匠 菅屋」のショートケーキです)
b0056570_1954374.jpg
相方が目を付けた大皿。B級品で2,000円でした。
この器でおでんを食べたいそうです。
b0056570_1973344.jpg
目的のものが色々買えてよかったです(^^)
b0056570_198549.jpg
別の窯元さんのお店の前で手打蕎麦の屋台。
b0056570_1984352.jpg
冷たいおろし蕎麦。
打ち立て、茹で立てで、少々固めでおいしい。

そんなこんなで「陶の郷」へ戻り、またバスに乗って帰りました。
b0056570_1992956.jpg
丹波焼の里は本当にいい感じ。
陶器まつり以外の日にもまた来てみたいです。

>>>2014年の丹波焼陶器まつり
[PR]
by manic-friday | 2015-10-18 19:11 | ★関西(街) | Comments(0)
陶芸に初挑戦
iちゃんが誘ってくれて、高槻の陶芸教室へ。
b0056570_20413168.jpg
「うららか陶芸教室」。
うららか、という響きが和み系。
b0056570_2044513.jpg
駅から10分足らずで到着。
この建物の一番左がお教室です。
b0056570_20453022.jpg
予約の時間に行ったら、中からナチュラル系美女の先生が笑顔で迎えてくれました。
b0056570_20464024.jpg
生徒は私達二人だけなので机が一人一台。
b0056570_20471326.jpg
見本の小皿を参考に、土を選ばせてもらえます。
b0056570_20475037.jpg
iちゃんも私も白土に決定。
土1kgで、3個まで作らせてもらえるとのこと。
b0056570_20485627.jpg
最初の基本の捏ね。
途中からは先生が仕上げの捏ねをしてくれました。(私の土を捏ねてくださってる)
b0056570_20495138.jpg
捏ね捏ね・・。
b0056570_20493897.jpg
捏ね方にもコツがあるそうで、やはりいきなりは難しい。
b0056570_205118.jpg
花の形の器を作るには、と先生がササっとお手本を見せてくれました。鮮やか。
b0056570_20524470.jpg
私はサンマ皿を作りたい旨を伝え、とにかく四角く平たく形作りました。
b0056570_20533670.jpg
焼成すると縮むということで、やや大きめに。(淵のない、長方形のお皿がほしい)
b0056570_20541811.jpg
両端に模様付け。(相方にこの写真見せたら「ボトムズの装甲パーツみたい」とか言われ・・・)
b0056570_20551695.jpg
この見本のが目標。色もこの色で!
b0056570_2056357.jpg
iちゃんはアクセサリー置きの平たい器を作成。
b0056570_2056517.jpg
淵を切り取る作業。
b0056570_20571676.jpg
なめし革で角を丸くする。
b0056570_20574335.jpg
すごいイイ感じ!

残った土でiちゃんも私も花瓶作り。
b0056570_20583062.jpg
iちゃんのは上手にできてる。
b0056570_20584673.jpg
私のはどこでどうしてこうなった・・・(-_-)。。。

花瓶の内側の底にシリコンを塗ってもらうと水漏れしなくなるそうで、300円別料金でしたがお願いしました。
b0056570_2059954.jpg
あと、小さなお皿も作りました。
b0056570_20592869.jpg
ちゃんとできて嬉しい~。
b0056570_20595923.jpg
iちゃんはボタン作り。すごい上手い。

3時間の予定でしたが、2時間で終了。
b0056570_2103666.jpg
素敵な一画を拝見。
先生の優しいイメージそのもの。
b0056570_212998.jpg
こんな感じ↑で気軽に通えるお教室でした。

最後に色の指定をして、あとは先生が塗って焼いてくれます。
2ヶ月後に完成の予定。
割れずに出来上がることを願います♪ 楽しみだなぁ~(^▽^)
[PR]
by manic-friday | 2015-10-02 21:06 | ★manic?な日常 | Comments(4)
「アンテノール」のシュークリーム
東京・池袋のJR駅構内にシュークリームのお店ができて、連日繁盛しているとか・・・。(池袋へ帰りたい 泣

そんなニュースを聞いたらやたらとシュークリームが食べたくなり、近所のケーキ屋「アンテノール」へ。
「アンテノール」は本店が神戸ということもあり、こんな住宅街にも店舗があります。(カフェまで併設)
b0056570_179177.jpg
買って来ました。 1個216円也。

カスタードクリームと生クリームのダブル攻撃。
かなりクリームぎっしり(でも軽い食感)で、大満足☆
b0056570_17102624.jpg
皮は見た目クランチ風になっていますが、ケーキクラムみたいにしっとりしています。
このひと手間がプロだ~。
[PR]
by manic-friday | 2015-05-07 17:16 | ★食 | Comments(0)
大陶器市@西宮神社
西宮神社HPで「大陶器市」開催中と知り、行ってきました。
b0056570_1632499.jpg
阪急・夙川駅から歩いていきました。
確かにやってるやってる。
b0056570_16325481.jpg
本当は初詣に来る予定だったのですが今になり・・・。(相方が正月早々インフルでダウンしたため)
b0056570_1633548.jpg
立派な拝殿。
この時はえべっさんのゆるキャラみたいなのが2人いました。
b0056570_1635104.jpg
石の太鼓橋。渡ってみたい・・。
b0056570_1635409.jpg
奥の方に茶屋がありました。
藤の季節はきっと混み合うこと間違いない。
b0056570_16361591.jpg
甘酒 350円。
麹でしたが、少しうすめの味。飲みやすいですが。
他にお客がいなかったので、お店のおば様が色々と話しかけてくれました(^^)
10月には境内で西宮の酒蔵会社の試飲会があるとの情報ゲット。
b0056570_16382926.jpg
だからなのか、お酒の神様。
b0056570_16384548.jpg
入口のところにも、別のお酒の神様。


そして肝心の陶器市は、”写真撮影禁止”の看板があちこちにあったので写真ナシ。

有田焼・波佐見焼・美濃焼・信楽焼などありました。
残念ながら波佐見焼は私の好きな感じのではなく。。。
b0056570_16421824.jpg
北欧チックな柄の美濃焼のスープ皿二枚購入してきました。
一枚500円。とても軽い♪

実は陶器のすり鉢をずっと探しているのですが、なかなか好みの物に出会えず・・・今後もゆっくり探していきます。


西宮神社の「大陶器市」は毎年開催しているそうです☆
西宮神社 公式サイト

[PR]
by manic-friday | 2015-02-06 16:49 | ★関西(街) | Comments(2)
2014 「丹波焼陶器まつり」 窯元めぐり
同日開催の京都の『清水焼まつり』(こちらは3日間開催ですが)と悩んだ末、今回は兵庫県『丹波焼陶器まつり』へ行って来ました。
ちなみに岡山では『備前焼まつり』を開催しています。
b0056570_2013982.jpg
宝塚からJR福知山線に乗り換えて、快速で25分の相野駅へ。すぐ着くなぁ。
b0056570_2045550.jpg
駅前のバスターミナルでは臨時の直行バスが増発。
お客さんをパンパンに詰め込んで出発すると、すぐに次のバスが現れます。(300円・ICOCA利用可)
b0056570_2065538.jpg
バスで15分くらいで”陶の郷”前に到着。この時点で午前10時半です。

”陶の郷”は後回しにして、期間中運行の無料巡回バスに乗り、約5分の”まんま”停留所で下車。
(”まんま”というお店がありました。)
殆どの人はこの先の陶器市会場へ行くらしく、ここで降りたのは私だけでした。
b0056570_20101650.jpg
向かうは「大雅窯(たいががま)」。
”まんま”バス停から徒歩3分ほどでした。
b0056570_2011913.jpg
西宮阪急に取扱いがあるこの窯元、鮮やかな青と黄色の陶器が印象的。
b0056570_2012179.jpg
フリーカップですが、蕎麦猪口にしようかなと。
特価で1個824円。
b0056570_2013253.jpg
小さいポチっとしたくぼみがあるから安くなっています。まあ、自宅使いだから無問題♪
b0056570_20135047.jpg
ギャラリーには大きなオブジェが。
b0056570_20141330.jpg
お弟子さんの若手作陶家さん達のブースも。
b0056570_20145022.jpg
コーヒー、オレンジジュース各50円だったので、オレンジを。
丹波焼カップで飲めます。
b0056570_20162342.jpg
どちらの窯元か不明ですが、焼く前の壺とか並んでました。
b0056570_20181499.jpg
歩いて次は「末晴窯」。
b0056570_20184456.jpg
ツバメや、椿、金魚などモダンな柄の陶器が魅力。
b0056570_20194056.jpg
平皿2枚と中央が丸くなっているお皿を購入。
2割引とかで、3枚で4200円でした。
b0056570_20203713.jpg
ここでもお茶や焼栗が振舞われていました。
b0056570_2021375.jpg
歩く道は舗装されてキレイ。
でも、歩きやすいのはここだけで、もう少し進むと歩道が消えて白線だけになり、けっこう危険。
b0056570_20221978.jpg
お祭り中は車は一方通行に規制されるみたいなので、大丈夫ですが・・・。
b0056570_20224420.jpg
次に向かった「雅峰窯」。
2階がギャラリーになっていました。
b0056570_20231526.jpg
なんかスゴイ。
b0056570_20234314.jpg
ここはとてもにぎわっていました。
私は水玉の模様のお皿がほしかったのですが、イメージと違っていたので買わず・・。
b0056570_20253519.jpg
あちこちで丹波産黒豆枝豆の販売が盛ん。
私はそんなに好きじゃないのでこれも買わず。。。
b0056570_20272670.jpg
「丹波ヤマキ窯」の入口にあった陶器のウサギ。巨大ウサギ。
b0056570_20283098.jpg
これは「俊彦窯」の坂の下にあった置物。
b0056570_2029237.jpg
坂の上にあるこの窯元は人気なのか、すごい混んでました。
b0056570_20294113.jpg
寝てる猫の陶器。リアル。
b0056570_2029598.jpg
ハイキングがてら来てる人も多かったです。
b0056570_20305032.jpg
古そうな建物。カフェになっていて、混んでました。
b0056570_20313071.jpg
歩行者専用小路。両端に窯元が並んでいます。
b0056570_2032203.jpg
地面にはこんなタイルが。
b0056570_2032455.jpg
こんなのとか。
b0056570_20332162.jpg
次の目的地「源右衛門窯」。
b0056570_20334991.jpg
中くらいのサイズの角皿を購入。1900円也。
b0056570_203433100.jpg
中央部分がへこんだ作りになっています。
b0056570_2035161.jpg
並びにある「伝市窯」は、植木鉢が専門のようです。
b0056570_20355369.jpg
盆栽用にいいかも。
b0056570_20361869.jpg
もう少し歩くと、明治28年に築かれたという「のぼり窯」。超長いです。
b0056570_20365798.jpg
修繕開始したそうです。
b0056570_20372266.jpg
さらに歩いて「ココチ舎」へ。
この二日間のみカフェもやってるそうです。
b0056570_2038073.jpg
何気なく目にとまった器に釘付けになってしまいました。
(ここは包む新聞紙が英字でした。)
1620円が、お祭り中消費税サービスで1500円でした。
b0056570_2040299.jpg
この器、見た目とは違ってとっても軽く、裏の焼き目(?)が光っていてキレイ。
b0056570_20412299.jpg
さらに進んで「丹誠窯」へ。
ここまで来るともう外れの方だからか、歩いてる人が少ないです。
b0056570_20423384.jpg
ここでは今回一番の大物購入。
お祭り価格3割引で、7000円→4900円でした。
備前焼風の焼締系。日々活躍させたい!
昨年購入した備前焼のお皿は、カレーにも和食にも洋食にも活躍しています ^^)
b0056570_20444100.jpg
これ(昨年の”レシピ55選”)をネットで見たので、どうしてもほしかったのです。無事に買えて良かった~。
店主さん(作家さん?)も「これは去年飛ぶように売れましたよ!」とおっしゃってました。
b0056570_20491630.jpg
さらに進んでパン屋さんへ。
お向かいの「正元窯」の姉妹店で、お店の外にはテーブルがあり、ランチセットが食べられるようでした。
b0056570_2051048.jpg
パン3個買って帰りました。チョコレートパン、おいしかったです。(他のあんパン、フルーツヨーグルトパンは未食)
b0056570_2171850.jpg
”陶の郷”へ戻る途中の路上で売ってたサツマイモ。200円でした。お、重い。。。
b0056570_20562358.jpg
なんとか”陶の郷”へ戻って来ました。
お祭り広場ではグルメな屋台が数軒。どこも大行列。
今回は相方がいなく、一人旅なのであまり食べず。(そのため早歩きで色々回れました ^^)
b0056570_20583944.jpg
かまど炊きご飯の屋台も!すごーい。
b0056570_20591541.jpg
高い位置にある、伝産会館で今年の”レシピ55選”展示中なのを見に行きました。
プロのフードコーディネーターの監修なので、どれも素敵で美味しそう。
b0056570_2102334.jpg
出たところで灘の摩耶山のカレーというのが200円だったので食べてみました。
マイルドな辛さ。私でもおいしく食べられました♪(量は、200円、って感じ。私は満足です。)
b0056570_2123078.jpg
美しい里山。スカッと快晴で良かったです(^^)

午後1時過ぎに帰りのバスに乗りました。
帰りも時刻表関係なくバンバン出てる模様。
午後2時半頃には帰宅できました。近~い。
b0056570_214561.jpg
そういえば、JR相野駅前で、スプーンおばさんみたいなかわいいおばさんが売ってたお団子。
3本入りを買ってみました。(300円)
b0056570_2161324.jpg
「まこれる」の意味が判明。
b0056570_2164450.jpg
早速ツバメのお皿で♪
草だんごの中に黒豆の甘煮が入ってておいしい!これは5本入りでも良かったか・・・。
b0056570_21101770.jpg
本日の戦利品。
毎日同じお皿だと飽きちゃって、料理のモチベーションも下がる一方なので、新顔投入で精進したいです!
b0056570_20521912.jpg
丹波焼は古くは立杭焼とも呼ばれているそうで、日本六古窯の一つだとか。この度初めて知りました。
b0056570_21112189.jpg
そういえばJR相野駅でもらった抽選券でのくじ引き結果は、JRの鉛筆がもらえました。(”陶の郷”インフォメーションにて)

・丹波焼 陶器まつり 
2014年10月18&19日 9時~17時
公式サイト

>>>翌年も行って来ました♪ 2015 丹波焼陶器まつり


<追記>
b0056570_1135557.jpg
購入したサツマイモでスイートポテトを作りました。
b0056570_114283.jpg
卵が1個しかなかったので、表面に塗る分が少なく・・・なんかショボイ見た目に。。。
サツマイモ自体は甘くてとても美味でした☆ (砂糖少なめですみました。)
[PR]
by manic-friday | 2014-10-18 21:16 | ★関西(街) | Comments(4)
Shuri@北区京橋町
ご近所の夜カフェ「Shuri」。
b0056570_0384160.jpg
土曜日曜はランチ営業してるみたいですが、明るい時間には行ったことはありません・・・。
b0056570_0445831.jpg
古い建物の2階。
b0056570_0435439.jpg
主にカフェ利用。この時はチョコレートケーキ。
b0056570_044272.jpg
こちらバナナケーキ(たしか)。
b0056570_0441951.jpg
古っぽいソファーやランプ、置物などがいっぱいの店内。
女子会の女子達がいつも夜遅くまでおしゃべりしています(^^)
b0056570_044274.jpg
この近くの焼肉屋さんの帰りにプリンパフェ。
シュガーポットは白山陶器で好感がもてる♪
b0056570_0443590.jpg
底の方にはフルグラが入っていました。プリンも含めておいしい。
b0056570_0445063.jpg
岡山・京橋町の夜。
ウォン・カーウァイに撮ってもらいたい。(正確にはC・ドイルに)
b0056570_0424273.jpg
角のビルの2階。このビルの年季も相当と思われます。

夜10時前までは混んでますが、10時を過ぎるとすんなり入れることが多いです(^^)


[PR]
by manic-friday | 2014-07-28 01:09 | ★岡山(食) | Comments(0)
波佐見陶器まつり&有田陶器市 2014
JTB旅行券を利用して、相方と共に岡山から佐賀県へ日帰りで行くことにしました。
目的は波佐見焼のお祭り「波佐見陶器まつり」と、有田焼のお祭り「有田陶器市」!
どちらも毎年GWに開催されています。

b0056570_21493097.jpg
岡山から九州新幹線”さくら”で新鳥栖まで。博多より先へは初めて来ました。
b0056570_2149516.jpg
ここから臨時特急”有田陶器市みどり号”で有田まで。
b0056570_215325.jpg
乗ってた人々は有田の手前の上有田でほとんど下車して行きました。
(上有田~有田間で陶器市を開催しているため)
b0056570_21541536.jpg
岡山から有田まで約3時間半かかって到着~。けっこう遠い。。。
b0056570_21585126.jpg
有田駅構内の観光案内所前に置いてあった「ハマ」というもの。
一人一枚もらえるそうで、いただいてきました。
b0056570_2201577.jpg
「ハマ」は、陶磁器の底の部分だそうです。
これは「吾唯足るを知る」のデザインで、ペーパーウェイトなどにどうぞとありました。→料理本を開いておくのに利用しています(^皿^)
b0056570_2255365.jpg
駅前から陶器が溢れています。食べ物屋台も沢山。
でも、我々の第一目的は波佐見なので、無料シャトルバス乗り場へ急ぎます。
b0056570_2265420.jpg
駅から歩いて5,6分の場所に乗り場がありました。
ここから波佐見まで10分強でした。(GW本番は道がもっと混むのかも??この時はスイスイ)

波佐見やきもの公園裏手の駐車場に着きました。
b0056570_22102884.jpg
お天気良く、陽射しが暑いくらいです。
b0056570_2211052.jpg
テントがいっぱい並んでました。

目的地の一つ、西海陶器の「南創庫」へ向かいます。歩いて5分くらい。
b0056570_2214970.jpg
西海陶器敷地内の、古い製陶所跡を改装している、雑貨屋「monne porte(モンネポルト)」。
b0056570_22173899.jpg
B級品の小物入れを半額でゲット。750円也。
b0056570_22183161.jpg
同じ敷地内の「HANAわくすい」はオシャレな雑貨屋さん。
b0056570_2219564.jpg
井戸があったり、花壇があったり素敵な場所でした。
b0056570_22193556.jpg
そして一番奥に「南創庫」。
外にB級品がたくさん出ていました。(正規品は店内にあり。)
b0056570_22203012.jpg
ここで相方のやる気スイッチが入り、色々選び始めました。
b0056570_2222372.jpg
どれもB級品ということですが、裏底部分に小さな黒い点があるだけだったり、全然目立たない。(中央のストライプのだけ違うお店)
b0056570_22242192.jpg
相方が一目で気に入った富士山マグカップ(900円)は銭湯のタイル風。
(先日、映画”テルマエロマエ2”を観たばかりだったので特にツボだった模様。)


ここを出て、次は近くの松原工房へ。
歩いて2分くらいで着きました。
b0056570_22263577.jpg
かわいらしい店構え。
b0056570_22265935.jpg
小さい花瓶というか楊枝入れというか。
これは正規品で900円でした。
b0056570_22274177.jpg
お店のディスプレイを真似っこして、楊枝にマスキングテープを付けてみました(^^)
b0056570_22282086.jpg
このお店のお向かいには重要文化財の旧小学校が。
和洋建築が素敵。残念ながら落書きが多かったです(><)
b0056570_22293717.jpg
ひとまず、やきもの公園へ戻りました。
b0056570_22312591.jpg
地元の婦人会(?)が作って売ってたおにぎり。1パック100円。
白い方は壱岐の塩使用とのこと。もう一つは波佐見特産の高菜漬け。
健康志向なのか、どちらも塩味がかなり控えめ。。。付属の粕漬けがおいしかった。
b0056570_2234159.jpg
相方が買ってきたジャンボたこ焼きは、本当にジャンボでした。

今度は先ほどと逆方向の白山陶器へ向かいます。
b0056570_22345993.jpg
やきもの公園から15分ほど歩いて、白山陶器の窯が見えてきました。
b0056570_22365449.jpg
ここが本店ショールーム。
陶器市開催中は別会場でB級品のみを販売中です。
ここからもう5分弱歩きます。(歩いてるのは私達くらい。皆さん自家用車です)
b0056570_22375216.jpg
会場は二つ用意されていて、こちらはB会場。
白山陶器ワンマンテント(倉庫)ですが、ものすごい混雑ぶり。
(でもレジは混んでませんでした)
b0056570_224113.jpg
買ってきたもの。しめて6900円也。(オールB級品で、正規商品の半額)
b0056570_22435877.jpg
白山陶器の大定番・白い鳥の箸置き。
これもB級で半額(250円)。正直、どこがB級なのか全くわからないです。
b0056570_2253560.jpg
昔、小淵沢のリゾナーレ内の雑貨屋で一目惚れしながらも、なかなか買えてなかった急須&湯呑。この凹凸のない形がとても好きです。
これがB級で出てるなんて☆嬉しい(^^)
(ここまで来てる交通費を考えると意味無いんですが。。。←今回は無料の旅行券だったのでまあOK)
b0056570_22403368.jpg
とても楽しかったです。来て良かった(^▽^)
b0056570_22564994.jpg
そしてまたやきもの公園へ戻って来ました。
b0056570_22581737.jpg
テント内で白山陶器の正規品を取り扱ってるお店も見かけました。
b0056570_2305382.jpg
2時50分発の無料シャトルバスで有田へ帰ります。さらば波佐見。
b0056570_22583213.jpg
窓から遠ざかるやきもの公園を撮影。
あの白いテントの下が、全部陶器です(^^)あー楽しかった~♪
b0056570_22554859.jpg
帰宅後に気付いたのですが、袋に・・・長崎県て書いてある!
波佐見は佐賀県だと思っていました。
(だって佐賀県のガイドブックに載ってるし。。。)

b0056570_2331283.jpg
そして今度は有田焼を見てみました。
b0056570_2335467.jpg
有田焼は明るくにぎやかな柄が多いです。
b0056570_2344468.jpg
五区楽(ごくらく)通りに入りました。
長~い一本道が全部陶器市。

途中、食べ物屋台コーナーがあったので寄ってみました。
b0056570_2384123.jpg
相方の買った”伊万里牛バーガー”。。
肉が・・・ものすごく小さい・・・。これで500円はガッカリ(´・ω・`)ショボンヌ
味はおいしかったけど。
b0056570_2310632.jpg
追加の”呼子のイカ焼”で精神を持ち直した相方。これは200円。良心的。
b0056570_2311236.jpg
歴史的建造物が立ち並ぶ、皿山通りに差し掛かりました。
b0056570_23114515.jpg
有田郵便局のポストは黒。
b0056570_23121050.jpg
”アリタポーセリンラボ”へ行きたくてここまでずっと歩いて来ましたが、あまり欲しい物がなく。残念。
b0056570_23141688.jpg
裏道・トンバイ塀通りの壁。
登り窯を解体して出た煉瓦でできてるそうです。
b0056570_23155065.jpg
細い路地は静かでした。
b0056570_2317267.jpg
和風建築だけではなく、こんな洋館もありました。(異人館)
b0056570_23185185.jpg
5時過ぎの特急に乗るため有田駅まで戻りました。
(上有田からでも乗れたんですが・・・)
ホームにあった14代柿右衛門の作。

帰りは特急ハウステンボス号で博多まで。
b0056570_23213137.jpg
博多駅地下のホルモン焼きのお店へ行きました。
b0056570_2322668.jpg
目の前で焼いてくれる鉄板焼スタイル。
牛ハラミ&丸腸セット。
b0056570_23225371.jpg
丸腸の味噌ダレがおいしかったです(^0^)

9時前の新幹線で無事に帰宅しました。
長い一日でした~。相方よお疲れ様!
b0056570_2226283.jpg
(西海陶器の旧製陶所の壁)
[PR]
by manic-friday | 2014-05-03 23:29 | ★manic?な日常 | Comments(2)
備前焼まつり 2013
毎年恒例という『備前焼まつり』が、今年は10月19日(土)&20日(日)で開催なので、19日に行って来ました。
セール商品以外は全品2割引というお得なお祭りです。
b0056570_10111787.jpg
JR岡山駅から赤穂線で約40分、伊部(いんべ)駅下車。
JRもこの二日間は電車増発だそうです。

伊部駅は交通系ICカード非対応なので、ホームでSuicaを精算し、精算済み券を受け取って駅員さんに渡す仕組みでした。最初から切符で行けばよかった~。
b0056570_10163164.jpg
改札外はすごい人。
まさに老若男女でいっぱい!
b0056570_10172568.jpg
駅周辺には、グルメの会場という食べ物の屋台が集まる場所が3ヶ所。
b0056570_10183514.jpg
NHK岡山のどーもくん発見♪
b0056570_10193482.jpg
千屋牛バーベキューと、荒戸山ポークのバーベキューを一本ずつ購入。
b0056570_10213096.jpg
これ、どっちもめちゃめちゃウマイ!!
相方は牛の方がおいしいと言ってましたが、私は豚の方が好き。
b0056570_10223073.jpg
グルメの会場をあっちこっちウロつき、ホルモンうどんと、ひるぜん風焼きそばを購入。
b0056570_10232033.jpg
ホルモンうどんの方が美味しかったです。
b0056570_10245966.jpg
全くかわいくないゆるキャラ、ペッカリーと横断歩道ですれ違い。
岡山とペルーのコラボ(?)という、グローバルゆるキャラ。
b0056570_10261131.jpg
有名な”赤穂の天塩”の会社が来ていて、オリジナル水を買いました。
b0056570_10265033.jpg
相方はタコの天ぷら串を購入、熱々で感動してました。
b0056570_10273235.jpg
食べてるばかりで中々進まない・・・。
b0056570_1028386.jpg
どのお店も屋台(備前焼売ってる)もお客さんだらけ。
b0056570_10284956.jpg
サントリーがこんなキャンペーンをやってました。
ただ、このブースで買わないと意味がないらしい・・・。よくわかりませんでした(><)
b0056570_1030720.jpg
そして、この通りは「炎の里大通り」というそうです。熱い!
b0056570_10305665.jpg
ガイドブックにも載っている「一陽窯」へ入ってみました。
b0056570_10314126.jpg
この井戸も備前焼?
この二日間限定で、奥の2階でお蕎麦が食べられるようになってました。(入らなかった)
b0056570_10324834.jpg
こんなタヌキ、ほしい(^^)

ぶらぶら歩くと、どんどんお店が増えてきました。
b0056570_10332074.jpg
何故かワタリガニも一緒に売られてました。
b0056570_10341015.jpg
これは売り物ではなく、ディスプレイ。多肉がかわいい。
b0056570_10345386.jpg
通りで甘酒売ってました。100円也。
b0056570_10352189.jpg
でっかい壺を眺めながら飲みました。
b0056570_10354773.jpg
何気なく入った「藤原陶臣」というお店。
b0056570_10364464.jpg
ここで平皿を2枚購入。
一枚2000円で、2割引。
あまり重くなかったことが決め手。
b0056570_10393477.jpg
他の店舗では備前焼植木鉢も売られてました。(見ただけ)
b0056570_10405781.jpg
苔玉も売られてました。確かに備前焼に合う。
b0056570_10415489.jpg
また別のお店で、ぐい呑みに心奪われた相方氏。
b0056570_10425698.jpg
2個で1500円。
b0056570_10431286.jpg
これを選んでました。
b0056570_10433368.jpg
私はこちら。
b0056570_1044968.jpg
天津神社の入口。
b0056570_10444633.jpg
狛犬が備前焼。
b0056570_1045796.jpg
屋根瓦も備前焼。干支が付いています。
b0056570_10453578.jpg
かわいい。
b0056570_10455331.jpg
階段下にあった犬?
b0056570_10472868.jpg
蛇その1。
b0056570_10474626.jpg
蛇その2。
b0056570_10482426.jpg
門がありました。
b0056570_1048585.jpg
壁も備前焼。
b0056570_10491918.jpg
ここは地面も備前焼。
b0056570_10494721.jpg
さらに上に本殿。
建て替えたばかりなのか、とてもキレイでした。
b0056570_10504734.jpg
敷地内に備前焼の二宮金次郎。
b0056570_10511423.jpg
60kgと100kgの力石。これも備前焼・・・ではなく、石でした。
b0056570_10515467.jpg
なんかもうお腹いっぱいなほどの備前焼神社でした。
b0056570_10522861.jpg
通りに戻って、またブラブラ。
b0056570_1053490.jpg
備前玉のつかみどり(500円)発見!
備前玉も買う予定だったからラッキー☆
b0056570_10545814.jpg
15個つかめました~(^▽^)
b0056570_10561951.jpg
この「橋本画廊」ではブタさんのカード立ても購入。(525円が2割引で420円。)
b0056570_10574130.jpg
相方は急にビアカップを探し始めました。
b0056570_10581958.jpg
色々見てる内にだんだんほしくなってきたそうです。
b0056570_10585161.jpg
備前焼の植木鉢に素敵な寄せ植え。
他でも寄せ植え沢山見かけました。
b0056570_10594930.jpg
「本山和泉」さんの工房。
b0056570_1103134.jpg
店内でビールを振舞ってくれました。太っ腹。
b0056570_11147.jpg
ここでビアカップを購入した相方。一つ1000円。
b0056570_1114448.jpg
ビールをもらえたからか、徳利まで買ってました。5000円が3000円に。
b0056570_1125357.jpg
帰宅後に同封の紙と陶器の裏を見たら、全部、本山英作さんの作品でした。
b0056570_1133026.jpg
古い街並みの備前焼本通り。
b0056570_1141386.jpg
不老川。
b0056570_1145927.jpg
「伊勢崎創」さんのアトリエ奥のカフェスペースでおにぎりを買った相方。
おかずとかも付いてました。
b0056570_1161023.jpg
駅まで戻って来ました。
公衆電話の屋根も備前焼。
b0056570_1164459.jpg
先に帰りの切符を購入済み。レシートみたい。
b0056570_1172775.jpg
帰る前にまた屋台で備前バーガー購入。写真ではレタスしか見えませんが、お肉と味付けがおいしい。
b0056570_1181721.jpg
同じ屋台で購入、焼きカレー。
(この後、イカ焼きも買ってた相方・・・食べすぎじゃないのか。)
b0056570_1185114.jpg
4時台の電車で帰りました。
帰りも座れない状態。疲れました~。
b0056570_1111163.jpg
備前焼本通りで売られてた綿の木とか。各100円。
松ぼっくりは無料でもらえました。
b0056570_11113934.jpg
お祝いにいただいた花瓶(備前焼ではない)に生けてみました~。(うぅ、むずかしい・・・。)
「備前焼まつり」、こういう焼物以外も買えて楽しかったです。

b0056570_11123842.jpg
備前焼も色々な技法があって、でもどれも土の温かみがダイレクトに伝わってくるというか、ファンが多いのも頷けると思いました(^^)
b0056570_11143686.jpg
岡山にいる間に行けて、買えてよかったです☆
[PR]
by manic-friday | 2013-10-20 11:19 | ★岡山(街) | Comments(9)
AX