カテゴリ:★タヒチ・ボラボラ島( 11 )
ボラボラ島での忘れ物が届きました
インターコンチネンタル・ボラボラ・ル・モアナの部屋のクローゼット内に、相方が履いて来た靴を置いてそのまま忘れて帰って来ました。(来る時に履いてきて、帰る時はサンダルで出たので・・)

帰国後にメールを送り、靴を送り返してもらう手続きを取り、今月8日に受け取りました。
(送料をクレジットカードで支払うという、インターコンチネンタルのpdfファイル同意書に記入→メール添付提出→確認後に返送作業。逐一連絡をもらえました。)
b0056570_16131336.jpg
箱に切手がいっぱい。
b0056570_16133883.jpg
Heiva(ヘイヴァ祭)の切手!
b0056570_1614736.jpg
漫画チックなイラストのHeiva切手も。
b0056570_16143084.jpg
空港のイラストの切手。何かの50周年記念?
b0056570_16152956.jpg
箱の横にはBORABORAの文字。遠くからはるばるよく来た(´∀`)
b0056570_16163746.jpg
無事に到着、相方の靴。
比較的新しめだったので色々な意味で良かったです。
b0056570_16172426.jpg
入ってた箱は、プリント用紙の箱を組み立て直して作ってくれたっぽい・・お手数おかけしました。
b0056570_1619476.jpg
届きましたの感謝メールを送った時のお返事。
”from the Pearl of the Pacific”=「太平洋の真珠より」。素敵~。
ボラボラ島が本当に懐かしい。またお金貯めて行きたいな~。
何はともあれ、インターコンチネンタル・モアナのスタッフさんには感謝感謝です(^^)
[PR]
by manic-friday | 2016-08-11 16:22 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(2)
ホテル・タヒチ・ヌイ~帰国 (タヒチ旅行記 その10)
タヒチ島パペーテで泊まったのは、ホテル・タヒチ・ヌイ。
b0056570_18511295.jpg
パペーテのほぼ街中にあり、それがここを選んだ理由のひとつ。
b0056570_18523122.jpg
中は吹抜け。
b0056570_18525625.jpg
スタンダードルームが満室で、ジュニアスイートルームになりました。(1人4,000円増し)
キッチンがあるー。
それにしても、部屋の芳香剤がクサイ!どこから匂って来るのかわからないけど、イイニオイを通り越してクサクサで、慣れるまでツラかったです。(2人ともが苦しみました)
b0056570_18535276.jpg
無駄に広い。無料Wi-Fiはロビーのみで、部屋では使えません。
b0056570_1854934.jpg
ベランダに出ると車のにおい。というのも、真下がガソリンスタンドでした。
b0056570_18545289.jpg
ベッドルームも広い。
b0056570_1855136.jpg
バスルーム。
b0056570_18552772.jpg
普通のトイレ。
b0056570_18554427.jpg
ボーダフォンの看板が邪魔してますが、こんな感じの外観。
b0056570_1856354.jpg
隣のガソリンスタンドにはコンビニとスーパーの中間のようなお店がありました。アイスの種類が豊富でした。
b0056570_18572730.jpg
夜でもこの道は明るくて安全でした。
b0056570_1857528.jpg
部屋へ帰った時エレベーター降りて驚いた。夜は節電なのか真っ暗。
b0056570_18585284.jpg
どこのクラブかという状態。
b0056570_18594528.jpg
お風呂に入ったら、排水の溝などがないため、水びたしに・・・どういう構造???
デザインはオシャレだけどもこれはいただけない。。。
b0056570_1905346.jpg
CNNニュースをつけたら、フランスのニースで無差別テロが起こったというニュース。胸が痛い。
タヒチにも多くのフランス人観光客を見かけました。心配だっただろうなぁ・・。

翌朝は4時起きで、4時50分にロビー集合。
b0056570_1935767.jpg
帰りは貝殻の首飾りが一人一人にもらえました。

ファアア空港へ移動。
出国手続きをして中へ。
b0056570_1951223.jpg
これ、空港の中の一角。
b0056570_196348.jpg
タヒチの硬貨はゲーセンのメダルのように大きくて重い。免税店などで買い物してほぼ使い切りました。
b0056570_1964770.jpg
帰りの機体。
b0056570_1971832.jpg
朝ごはんが配られました。
b0056570_1974668.jpg
魚かクロワッサンか、と聞かれてのクロワッサンサンド。この横にもクロワッサンがある・・。
b0056570_1983940.jpg
私は朝は本当に食べられないので、完食できたのはフロマージュブランのみ。これおいしかったです。

そのうち、また寝かしつけタイム。外は明るいですが、窓閉めて消灯。
b0056570_1991927.jpg
起きたら、またご飯。塩胡椒してちょうどよい味。
b0056570_19102234.jpg
これも私はあまり食べられず・・。

無事に成田に着き、羽田へ電車で移動。
b0056570_19104621.jpg
展望デッキで「だし」飲みました。
そんなこんなで帰路につき、伊丹空港から自宅まではタクシーに乗ったら、猛烈な芳香剤臭。ホテルに続いてまたか…!
芳香剤なのにクサイって矛盾なんですが、トドメというか死にそうでした・・。
b0056570_1913241.jpg
ファアア空港の免税店で相方はTシャツ購入。
b0056570_19132961.jpg
空港ではバニラビーンズが普通にどこでも売ってました。
一番安いのは実は機内免税品だと帰りの飛行機で気付いてクヤシイ。
b0056570_19142777.jpg
帰宅後、10日ほど経ってからボラボラ島で出したハガキが届きました。Made in FENUAとはタヒチ製、の意味。
かわいいシール切手で、一枚140XPF。

相方がボラボラ島のインターコンチネンタルに革靴を忘れたと気付き、メールのやり取りをして送り返してもらうことに。送料で10,000円近くかかり、自分の物なのに関税もかかるそうな(追記: と、噂に聞いてましたが結局かかりませんでした)・・海外で忘れ物はしないに限ります(><)

b0056570_1917573.jpg
機内で聴けたタヒチアンミュージックで、Bobby Holcombという人の曲が気に入りました。
90年代初めに40代で癌でお亡くなりになってるそうです。CDも廃盤なのか、ネットでも売ってない・・。

Bobby Holcomb / E Piti Tama Pohe

なんというか懐かしいような優しいメロディ。
しかしこのPV、まさかのバッドエンドで不思議です。
曲のタイトルも古いタヒチ語なのか、わからず。色々気になります!

>>後日、ボラボラ島から靴が届きました

[PR]
by manic-friday | 2016-08-02 19:21 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(6)
パペーテのルロット (タヒチ旅行記 その9)
カルフールから一旦ホテルへ戻り、再び街中へ。
だんだん日も暮れてきた頃、ルロットと呼ばれる屋台の出るエリアへ向かいました。
b0056570_155108.jpg
祝日は出店数が減るけど休みはない、とのことで安心。
さっきまでは何もない広場だったのに、車とテーブルがギッシリ。
b0056570_1555922.jpg
テーブルの上にメニューが置いてあり、座る前に勝手に見ていいシステム。
日本語メニューを用意しているお店もありました。
b0056570_15521844.jpg
一通り見て歩いてる内に混んで来たので、チャオメンの食べられるお店に決めました。
b0056570_1553655.jpg
お兄さんが作るチャオメン(炒麺)。
他のお店はオジサンだったりオバチャンだったり・・帰りに見たオバチャンのお店のチャオメンおいしそうでした。

空いてる席について、メニューに載ってた謎のラーメンと、チャオメンスペシャルを注文。
b0056570_15564578.jpg
謎のラーメン来ました。鶏ガラベースで野菜と魚介のうまみが出てておいしいです。
味の濃いウィンナーもパンチがありました。
b0056570_15574767.jpg
そしてチャオメン。デカ盛りです。
生麺ではなく、フライ麺を茹でた麺っぽい。ジャンクな味でしたがおいしかった。
b0056570_1558883.jpg
塩とオイスターソース風味が、この旅行内では新鮮。
中華料理って万国共通に美味しいなぁとしみじみしました。
b0056570_1602098.jpg
この日の屋台の種類としては、中華・ハンバーガー・クレープ・魚介に分かれる感じでした。
デザートにクレープ屋さんへ。
b0056570_1611745.jpg
日本語メニューを出してくれました。
b0056570_1613665.jpg
翻訳ソフトを使ったのか、難解な日本語も多々あり。
b0056570_162490.jpg
日本ではクレープシュゼットくらいしかないのに対して、フランベクレープの種類豊富なことに大喜び。
「マルキーズ」を注文。ラム酒、パイナップル、ココナッツアイスクリーム添え。
b0056570_1634697.jpg
生パイナップルでした。
この旅行の中でこのメニューが一番美味しかった!フランス行きたい。
b0056570_1642162.jpg
屋台ではアルコール禁止なのですが、シードルはありました。
b0056570_1651623.jpg
夜7時半頃で大盛況。もっといたいけどお腹がいっぱい・・。
b0056570_166499.jpg
とても楽しい屋台でした!

しかし楽しい気分の中、タヒチアンダンス関連で来てると思われる日本人女性の一人が、木に少ししか咲いてない花を一輪、わざわざ高いところに上って摘んでいくのを見ました。(花泥棒!)
タヒチアンの子ども達も多くいる前で・・なんだかとても恥ずかしい気持ちに。
きっと日本でもそんな感じの人なんでしょうね・・残念な日本人でした。外国での振る舞いは私も気をつけよう・・。

>>その10に続きます
[PR]
by manic-friday | 2016-07-30 16:07 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(2)
カルフール PUNAAUIA店 (タヒチ旅行記 その8)
パペーテに到着し、タヒチ・ヌイ・ホテルへバスで移動。
チェックインして荷物を置いた後、街へ出てみました。
b0056570_18542036.jpg
この日はフランス革命記念日で祝日のため、お店は9割方休み。
b0056570_18553748.jpg
旅行前からどうなんだろうと懸念していましたが、まさかこれほどまでに休みとは。
b0056570_18555240.jpg
マルシェも休みで入れません。
b0056570_18561633.jpg
車も通らないので街歩きにはかえって安全か・・。(唯一のメリット)
b0056570_18575100.jpg
相方が行きのエアタヒチヌイの機内誌で見て、行きたがってたTシャツ屋さん。(右下の記事)
b0056570_1858181.jpg
ここももれなくお休み!「High coffee shirt」というお店。
b0056570_18584976.jpg
機内誌に載ってたTシャツがある!
これがほしかった相方・・残念無念。
b0056570_19262086.jpg
たまに道の脇でタヒチの人が数人で寝っ転がってました。
b0056570_18593452.jpg
バンク・ド・タヒチも当然お休み。
b0056570_190885.jpg
ガイドブックに載ってた教会に着きました。かわいい色合い。
b0056570_1903758.jpg
遠くから見たら、中にはお祈りをしてる人々がそこそこいました。
b0056570_1913740.jpg
現地の人達が家族連れで沢山入って行ったビルは映画館でした。
ラインナップはフランス映画とかアニメ映画が多かったです。

ほとんど休みのヴァイマショッピングセンターの前のタクシー乗り場へ向かい、乗ろうとしたら偶然にも日本人ドライバーさん!すごい嬉しい!!
祝日営業している仏系スーパー「カルフール」PUNAAUIA(ピューナウイア?)店までお願いしました。(その他の店舗は、日祝はお昼までの営業)
b0056570_1951476.jpg
帰りも迎えに来てあげましょうか?とご提案くださったので、甘えることに。
2時間後に降りた場所で、と約束しました。
b0056570_1962670.jpg
カルフール内に入る前にカフェ「Chocolatine」で軽食。レジで注文してから席に着くスタイル。(お会計はまたレジへ行く)
b0056570_198753.jpg
クロックムッシュ。
b0056570_1982154.jpg
野菜のキッシュ。
b0056570_1983975.jpg
クレームブリュレ。これがなかなか通じなくて、最終的には冷蔵ケースを指さして通じました。発音難しい・・。
b0056570_1992813.jpg
バニラビーンズは入ってなかったですが、これはこれでおいしい。

その後、カルフール内へ。巨大スーパーなので衣食住全部揃ってる感じ。
ワンフロアだけなので見やすかったです。
また、祝日はアルコール販売なしとのことで、アルコール売り場にはテープで進入禁止になっていました。
お土産コーナーがあって、タヒチバニラのエッセンスやペーストはあるのですが、肝心のバニラビーンズが見当たらない・・店員さんに聞いたところ、「バニラ」では通じなくて「ヴァニーユ」と言い換えたら通じて、案内してもらえました。しかし売切れ・・クヤシイ・・。(言葉が通じないと、顔の表情と身振り手振りがオーバーアクションになることを今回思い知りました。)

以下、買ってきた物。
b0056570_19131675.jpg
ボラボラ島のミニカレンダーとか、ノアノアというメーカーの紅茶、バニラパウダーなど。
b0056570_19141275.jpg
タヒチ土産の定番、モノイオイル。かなり甘い香り。
ピンク色のパッションフルーツのは芳香剤。
b0056570_1915087.jpg
食品は圧倒的にフランス製のものが多かったです。次にインドネシア製。
ゲランドの塩、安かったです。
ガレットもバターの塩気が効いてておいしかった。これは3個お得パックを見つけてラッキーでした。
b0056570_1995733.jpg
袋は基本的にマイバッグ持参。ない人は100XPFで購入。(私達はこの袋がほしくて2枚購入しました)
この袋、破けたりしたら何度でも交換してもらえるとかでスゴイ。結構丈夫な作りなので、破けるまで使うのも時間かかりそうです。

約束の時間にタクシーが到着、無事にホテルまで送ってもらえました。
ここからの帰りは一方通行の都合上、行きよりも値段が高くなるんです、と説明がありました。
これ、言葉が通じなかったら何故に帰りは高いんだろうと疑問に思ったことでしょう・・。とにかくありがたかったです。

ちなみにパペーテ市内から、行きは2,100XPF、帰りは2,500XPFでした。

>>その9に続きます
[PR]
by manic-friday | 2016-07-28 19:24 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(0)
ボラボラ島~タヒチ島へ (タヒチ旅行記 その7)
b0056570_17461986.jpg
ボラボラ島での夢のような3泊が終わり、10時にはチェックアウト。
ヴァイタペへの往復代、3日目のノアノアレストランでの昼食代、タヒチ・ヌイトラベルへの外線電話代をお支払いしました。

外線電話は何で使ったかというと、出発時間が乗る飛行機によってそれぞれ異なるため、前日に各部屋に個別にお知らせがいく、と現地旅行会社さんが話してくれてました。
しかし、夕方6時を過ぎても手紙が来ない・・猛烈に不安になってタヒチ・ヌイトラベルさんに電話をしてみたところ、夜7時~8時半の間に来ますのでご安心を、とのこと。
もし万が一連絡がなかったらフロントへ行って部屋番号を伝えると教えてもらえると聞き、その後ゴソゴソっと音がしたので外へ出てみたら、ドアに封書が挟んでありました。
b0056570_17541086.jpg
10時20分にはホテル発。(写真中央の紐は船のおもり)
ブオ~~とほら貝を吹くスタッフのお兄さんがお見送りしてくれました。切ない・・。
b0056570_17551874.jpg
さようならインターコンチネンタル ル・モアナ・・・。また来れる日が来るだろうか・・。
b0056570_1757899.jpg
ホテルが遠くなる~。
b0056570_1758253.jpg
行きは死んでたので、私ひとりがキョロキョロ。落ち着きのないやつだなと思われていたかも・・。
b0056570_17583214.jpg
ため息の出る青い海。ボラボラに来れて良かった・・と思ったら涙ぐんでしまいました。連れてきてくれて本当にありがとう相方。(今も泣きそう)
船はもう一つのインターコンチネンタルに寄って、素敵な熟年カップルを乗せて、空港へ。
b0056570_17593772.jpg
ボラボラ空港で国内線待ち。
b0056570_184939.jpg
帰りは右側の座席だと去りゆくボラボラ島が見えるとのこと。
b0056570_1844721.jpg
さようなら~。
b0056570_18504.jpg
遠ざかってゆきます・・。
b0056570_1852214.jpg
泊まってた部屋が見えるかな~と目を凝らしましたが、角度的に見えませんでした。
b0056570_186487.jpg
インターコンチネンタルタラソとメリディアンが見えました。
b0056570_1863716.jpg
本当に見えなくなりました。さびしい・・。
b0056570_1873862.jpg
機内でパイナップルジュースが配布されました。
b0056570_18101991.jpg
そうこうしてる内にタヒチ島が見えて来ました。
帰りは直行なので50分ほど。
b0056570_18112356.jpg
タヒチ島パペーテの港。
日本へ帰る前にパペーテで1泊です。

>>その8に続きます
[PR]
by manic-friday | 2016-07-26 18:12 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(0)
ボラボラ島で食べたもの (タヒチ旅行記 その6)
到着した日は乗り物酔いでぶっ倒れていたので、お昼ご飯食べず。
夜には復活できたので、ホテルの外へ食べに行きました。
b0056570_21124771.jpg
大道りに出てすぐのところにあった「ルロット・マティラ」というお店。(看板がないのでお店のお姉さんに店名を教えてもらいました。)
外側から見ていたら、お姉さんと小さな女の子が「いらっしゃい!どうぞどうぞ」的な感じで寄って来たので、なんとなく入店。
結果、この女の子の可愛さにメロメロ~。他のお客さんも皆同じようにメロメロになってる気配でした。
b0056570_21154135.jpg
ヒナノビールとファンタ。オランジーナは品切れと言われました。
b0056570_21161371.jpg
ポワソン・クリュ。
マグロのココナッツミルクのマリネです。1,700XPFとお高いですが、あとからわかりましたがここは安い方。
b0056570_21171980.jpg
サイドの白米かフライドポテトか選べと言われて頼んだポテト。
揚げ油が日本と違うのか、不思議な風味。私は嫌いじゃないです。
b0056570_21181864.jpg
ハンバーガー単品を相方と半分に切って食べました。
b0056570_21184978.jpg
お通し的なバゲットも出ました。
b0056570_21191645.jpg
シュガーバターのクレープ。300XPFで大満足の味でした!

帰り際、女の子が背後から「オーボワー!オーボワ―!」と、手を振って見送ってくれました。
オーヴォワール(さようなら)というフランス語のようでした。カワイイ・・!

翌朝はインターコンチネンタルのビュッフェ。朝食だけは旅行代金に含まれています。
b0056570_21242721.jpg
いつもは寝坊な私達も6時半起きで朝食のノアノアレストランへ。
7時頃はまだ空いててガラガラ。
b0056570_21252360.jpg
ヨーグルトやハム、チーズのコーナー。
b0056570_21254664.jpg
ジャムの小瓶はボンヌ・ママン。
地元果物のオリジナルジャムもありました。
b0056570_21263972.jpg
果物コーナー。
b0056570_21271718.jpg
生野菜コーナー。はじっこにトマトジュースの瓶があったので、1本飲みました。おいしかった。
b0056570_21291763.jpg
クレープ、パンケーキ、フレンチトーストもあり。ヌテラが人気のようでした。
b0056570_21301651.jpg
ケチャップ、カラシ、タバスコはミニサイズ瓶で。毎回使い切れなさそう・・。
b0056570_21305686.jpg
和食コーナーも。一度も食べませんでしたが・・。
b0056570_21311972.jpg
ワッフルは何故か棒付き。メープルシロップ大量がけ。
b0056570_21315183.jpg
タヒチといえば、のバニラ。これは特にタヒチバニラではなかったですが、おいしかったです。(しかし量が多い)

この日(2日目)のお昼はまた外へ。
b0056570_2136239.jpg
ホテルを出て右へ曲がると、小さなスーパーやお店がいくつかありました。
b0056570_2136597.jpg
ラッキーハウス・レストランファレマヌイアというお店に入ることに。(ファレ=家、マヌイア=乾杯だそうです)
b0056570_21385340.jpg
奥の方にはプールがありましたが、入る用ではない・・?その周辺にもテーブルが設置されていました。
b0056570_2139474.jpg
コカコーラゼロとパイナップルジュース。
b0056570_2140245.jpg
マルゲリータピザ。大きいわりに1,200XPFと意外と安め。
粉モンは安いとみた。
b0056570_21453895.jpg
タハア産バニラ使用というクレームブリュレ。これが1,300XPFでピザよりも高い・・。
味はとても濃厚で、タヒチバニラのコクのある風味が強くて美味しかったです。
b0056570_2147274.jpg
バーカウンターもありました。
b0056570_21474622.jpg
入口にある石窯。ピザは持ち帰りもできるそうです。

同日の夜、マティラビーチ沿いに歩いてBLUE COCOというお店へ行ってみました。
b0056570_215033.jpg
気のいいおじさんウェイターさんが色々世話を焼いてくれました。(不思議なことに店員が皆おじさん)
b0056570_21502217.jpg
お通しのツナのリエット。
ここは結構高めの価格設定。
テラス席に座らせてもらいましたが、夜の海はあいにく真っ暗闇。(その後テラス席は地元民や観光客で満席になってました)
b0056570_2152856.jpg
バターもなんか洒落ている。
b0056570_21523252.jpg
ここでもバゲット。
b0056570_21524896.jpg
ポワソン・クリュ&タルタル&刺身のセット。
全部マグロなんですが、タルタル特に美味しい!
b0056570_21535694.jpg
サーモンクリームのリングイネ。ディルがまるで木のような盛り付け。
創作フレンチといった感じのお店でした。
b0056570_2155036.jpg
タハア産バニラのパンナコッタ。
ものすごい生クリーム濃厚で、バニラが効いてました。タヒチのバニラはバニラの香りと同時にスパイスのような香りが少々あるけど、かえってそれがクセになる感じ。
b0056570_21565677.jpg
バニラアイスは甘さ控えめでサラリとした食感でした。
b0056570_21572843.jpg
エスプレッソで〆。ごちそうさまでした。
b0056570_21595821.jpg
お会計も済んで帰る時、オーナーらしきおじさんがホテルまで送ってくれようとしてくれましたが、歩くので大丈夫とお断りしました。(実際歩いて5分もかからない)
なんと親切な・・、最後まで好印象なお店でした。

3日目の朝食。
b0056570_2205699.jpg
不思議なことにチーズがどれも味がしない。後から食べたカマンベールは塩気がおいしかったです。
b0056570_222942.jpg
ココナッツ食パンとか、この日はパンの種類が豊富でした。
b0056570_2223854.jpg
チーズオムレツを頼んだら明らかに焼きすぎ~。これは残念でした・・。(誰のオムレツもこの状態)

この日のお昼はビーチで。
b0056570_2233897.jpg
テーブルに着くと、スタッフの方がメニューを持ってやって来ます。
b0056570_2244854.jpg
サービスのパンが来ました。パンはどこのもかなりおいしい。
b0056570_225847.jpg
グレープフルーツジュースとコロナビール。
コロナにライムが入ってない・・と嘆く相方でしたが、スーパーで売ってるライムのお値段がべらぼうに高かったので、仕方ないのかな~と納得してました。
b0056570_227174.jpg
期間限定メニューだかの牛肉のタコス。
b0056570_2275428.jpg
シェーブル、くるみ、イチジク、蜂蜜のタルティーヌ。
私はこういうのが大好きなので食べれて嬉しかったですが、量が多いので飽きる・・2個くらいがベストだと思うんですが。

同日の夜はボラボラ最後の夜。どこで食べるか悩んだ結果、初日の夜にも行ったルロット・マティラへ。ここが何しろ良心的価格。
b0056570_22103651.jpg
相方のマグログリル。サイドに白米を注文。細長いお米でしたが意外と普通においしかったです。
b0056570_22114798.jpg
私のハムチーズクレープ。これ、かなり好きな味でした。本当においしかった。
サラダのドレッシングもニンニクの味が強くて、真似して作りたい。
b0056570_22134732.jpg
チョコアイス。チョコが濃厚でした。
b0056570_2212576.jpg
ココナッツチョコアイス。
これがまたツボ。こちらのアイスはどれもあまり甘くない。
この日は小さな女の子は寝てしまってました。
アイスを食べていたら白人男性4人組が入店、皆チーズバーガーを頼んでいて、一人が「フィレオフィッシュないの?マジで??何で???」と騒いでいました。(Oh! No~!!的な。)
結局彼は何を注文したのか気になります。

そして4日目、ボラボラ島を去る日の朝食。
b0056570_22175259.jpg
フランス革命記念日で入口にも国旗が。この日は祝日です。
b0056570_22183398.jpg
私は船+飛行機が控えてるので超少なめに。
b0056570_22192517.jpg
相方もいつもより少なめ。
b0056570_22201138.jpg
初めて外の席で食べてみたのですが、朝日が眩しすぎ・・。スタッフのお兄さんが見かねてテントを広げてくれました。

b0056570_22211513.jpg
タヒチ滞在中毎日補充されてたオ・ロイヤル。
ヴァイタペのスーパーやホテル近くのスーパーでもお客さんが買い込んでる姿を見かけました。
相方がこのロゴのTシャツを着てる白人のおじさんを見かけたとかで、ほしがってました。ノベルティかなぁ?

>>その7につづきます

[PR]
by manic-friday | 2016-07-25 22:23 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(0)
ヴァイタペ (タヒチ旅行記 その5)
ボラボラ島の唯一の繁華街という”ヴァイタペ”へ、ホテルのバスで行ってみました。
午前と午後の2回、往復1,500XPFで連れていってもらえます。
午後の回に参加してみました。(行きは少し酔った・・)
b0056570_17435675.jpg
音楽が爆音でかかっていたお店。
人も多く、特に子供がゲームセンターでサッカーゲームなどに興じていました。
b0056570_17445230.jpg
そこを抜けると大きな広場。
この時期、HEIVA(ヘイヴァ)というお祭り期間で、ここにもその看板がありました。
b0056570_17454615.jpg
大通りに戻って歩くと教会が。
b0056570_17461672.jpg
その並びに「チン・リー」という中華系スーパー。
入口すぐのところにバゲットが積まれて、お客さんは素手で掴んで袋にも入れず買って帰ってました。
意外と大きなお店で、奥の方ではお肉屋さん魚屋さんも。
b0056570_17474934.jpg
オランジーナが3種類あり、トロピカルというのを購入。
なんというか濃厚な味。
b0056570_1748339.jpg
斜め向かいのショッピングセンターの奥のお土産屋さんを物色。
タヒチ!って感じのお土産が多く、観光客も多かったです。
b0056570_17493197.jpg
プリングルズオリジナルは先ほどのチン・リーで購入。
ヒナノビールのマグネットとポストカードはここで購入しました。
b0056570_17502760.jpg
マグネットの裏は栓抜きになっています。
b0056570_17505938.jpg
再び町をブラブラ。
なんだか素敵な一画。遠目に猫とニワトリが見えました。
b0056570_1752430.jpg
もうひとつ教会発見。小ぢんまりした感じでした。
b0056570_17524753.jpg
ヴァイタペ港の観光案内所のポスト。かわいい。
b0056570_1753258.jpg
港から遠くを見ると大型客船。クルーズ船のポール・ゴーギャン号のようでした。
b0056570_17541192.jpg
こんな船もいました。
b0056570_17543077.jpg
夕方の埠頭では自転車のウィリー走行の練習をする少年たちの群れ。
ウィリーが流行っているのか、色んなところで目にしました。大勢で外で遊んで健全な雰囲気。

そんなのを見ていたら、夕方5時前になったので集合場所へ向かいました。
インターコンチネンタルのバスではない、別の大きな車でお迎え。
行きとは車種が異なり、酔わずに帰れました(^^)

>>その6へ続きます
[PR]
by manic-friday | 2016-07-24 18:01 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(0)
マティラビーチ (タヒチ旅行記その4)
b0056570_2342478.jpg
ホテルを出て向かい側に、マティラビーチという美しいビーチがあるとのこと。
ホテルのビーチで十分満足していたのですが・・
b0056570_237536.jpg
すごい透明度の水!真っ白な砂!!
b0056570_2384818.jpg
うわー♪うわー♪と感嘆の声しか出ない。
b0056570_2391776.jpg
近隣のホテルの宿泊者や地元の人で賑わっていました。
b0056570_23101833.jpg
地元民が海の中で組体操を頑張ってる・・見ていましたが、なかなか上手くいかない(^^)
皆さんこんなきれいな海の近くで暮らせて、心からうらやましい。
b0056570_23123342.jpg
この辺り、野良犬が多かったです。
b0056570_231336.jpg
犬もひと泳ぎしてきたあとらしい。吠える犬は一度も見かけませんでした。
b0056570_23111354.jpg
ここは夕陽のベストスポットでもあるそうで、夕方にも来てみました。
b0056570_23122080.jpg
本当は山の向こうに夕陽がバーンと見えるらしいんですが、滞在中毎日こんな感じで雲が・・残念。
b0056570_23142827.jpg
夕方はまた色が変わる海。
b0056570_23144673.jpg
パドルボートに乗る人がひとり。
b0056570_23152060.jpg
最高のビーチでした!

>>その5に続きます
[PR]
by manic-friday | 2016-07-21 23:16 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(0)
インターコンチネンタルのビーチ (タヒチ旅行記その3)
b0056570_1662964.jpg
着いた翌日はビーチへ出てみました。
b0056570_1665561.jpg
この時期は乾季で南半球は冬。
夏だとしたら紫外線がものすごいんだそうです。
b0056570_1653536.jpg
宿泊者は無料でビーチタオルやアクティビティグッズを貸してもらえました。(シュノーケルグッズは日本から持参しました)
b0056570_15433225.jpg
2人乗りカヌーに挑戦するも、早くも私は脱落。船を漕ぐって疲れる・・。
b0056570_1618543.jpg
砂浜から離れた海の中の岩場にはウニがいっぱい。
b0056570_1546037.jpg
方向転換が上手くいかず(息も合ってない)、他人様のお部屋の下を通過する羽目に・・。漕いでる方は必死。
なんとか元の岸辺に戻れました。ふー。
b0056570_15414796.jpg
ビーチに上がってゆっくりしてると、何故か時の流れが速い。
b0056570_16273529.jpg
このパラソルの金具がなかったために、ビーチ係のお兄さんに手伝ってもらいましたが、離れた場所で砂の中に金具が落ちていました。
拾って取り付けて来ました。
b0056570_1681360.jpg
相方氏は常に海に入っていました。
b0056570_1610211.jpg
そういえば、部屋のガラステーブルから撒く用の魚の餌を、売店に買いに行きました。(ちぎったパンをあげるのは、魚が食べちゃいけない成分もあるから×だそうです。)
なんと一袋1,200パシフィックフラン!約1,400円の魚の餌。
説明を読むと、プロテインやカルシウムなど強化してある餌だそうです。
b0056570_16124096.jpg
これを飲み終わったペットボトルに入れて、海へ持って行きました。(写真はもう残りわずかの状態)
b0056570_16132211.jpg
部屋の真下のサンゴに近づいてみました。
b0056570_1614591.jpg
長いトゲトゲのウニがいる。
b0056570_16391923.jpg
このウニは活動的で、サンゴの上に上ってたり隠れてたり。よく動き回っていました。
b0056570_161732100.jpg
部屋の下のサンゴとは別に、サンゴの養殖場もありました。
b0056570_1618420.jpg
日本語の説明もあり。
b0056570_16195016.jpg
そこへもシュノーケリングしてみました。
b0056570_16201912.jpg
餌を撒くと寄って来ます。
b0056570_16204476.jpg
どんどん増える~。
b0056570_1621151.jpg
笑ってるような顔の魚も。
b0056570_16213917.jpg
そのうち中型の魚が増えて来ました。
b0056570_16221354.jpg
目の前が渋滞気味に・・。
b0056570_16225566.jpg
平和だなぁ~。ここの魚になりたい・・。
b0056570_16232520.jpg
水面近くにはサヨリのような細長い魚がたくさん。相方は怯えていました。
b0056570_16235873.jpg
岩場には緑色のカニも見かけました。
b0056570_16243016.jpg
泊まってた部屋を海から。
b0056570_1629281.jpg
ビーチの端っこにはこんな椅子も。これほしい。
b0056570_1630742.jpg
一日過ごしても飽きないビーチでした♪

>>その4に続きます
[PR]
by manic-friday | 2016-07-20 16:33 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(0)
インターコンチネンタル・ボラボラ・ル・モアナ・リゾート (タヒチ旅行記その2)
今回お世話になったのは、『インターコンチネンタル・ボラボラ・ル・モアナ・リゾート』。モアナ=海という意味だそうです。
(当初は『インターコンチネンタル・タラソ・スパ』の方に泊まりたかったのですが、7月中は満室とのことでした。)
b0056570_2039337.jpg
船着き場。ここが海からの玄関口。
b0056570_20412116.jpg
客室棟への水上通路。チェックイン後、スタッフのお兄さんが案内をしてくれました。
b0056570_2043593.jpg
ルームナンバー1。
一番陸に近い部屋で一瞬ガクッとなりかけましたが、結果的には便利でした。(負け惜しみのようなポジティブシンキング)
b0056570_20453341.jpg
お隣がひとつだけなのもよかったです。
b0056570_2046129.jpg
リビング。
ホテル内ではどこでも無料Wi-Fiが使えました。
b0056570_20464524.jpg
ガラスのテーブルは下の海が見えるようになっていて、スライド式で開く仕様。
b0056570_20475120.jpg
謎のウェルカムココナッツ。
食べていいのかわからず、ひとつだけかじってみましたが、切り方的にも食べづらくて食べられず。何だったのだろう・・。
b0056570_2049986.jpg
新婚ではないけどハネムーン特典のシャンパン。
旅行会社さんが「ハネムーンてことにしときましょう」と(^^)(まあ、新婚旅行に実際行ってないのでこれが正真正銘の新婚旅行
翌日の夜にいただきましたが、辛口でも飲みやすいシャンパンでした。
b0056570_20515579.jpg
ベッドルーム。二つのベッドがくっついてるので、どんなに寝相が悪くても落ちな~い♪
b0056570_2056249.jpg
窓からの眺め。
身体を起こすと船着き場の人達と目が合ってしまうのですが、寝っ転がってる分にはお互い見えません。
カーテン代わりの木製の引き戸がありました。
b0056570_20575215.jpg
洗面台は二つ。
b0056570_20581784.jpg
お風呂もでっかい。お湯の出も良く、草津温泉ばりの高温風呂に入れました。
b0056570_20592382.jpg
あちこちにお花を置いてくれてて嬉しい。
(このお風呂の栓が抜けなくなり、翌日直してもらいました)
b0056570_211249.jpg
ワッフル素材のバスローブは、ホテルの売店でも販売中。
b0056570_2114024.jpg
スリッパにレインポンチョ。
幸い雨には降られませんでした。
b0056570_212957.jpg
奥には傘、アイロンとアイロン台。消火器とセキュリティボックスと虫用スプレーも。
b0056570_2133420.jpg
もしもの時の救命胴衣も準備されてました。海の上だから・・納得&安心。
b0056570_2143032.jpg
アメニティは箱の中に色々。裁縫道具までありました。
b0056570_215422.jpg
シャンプー、リンス、ボディシャンプー。どれもレモンヴァーベナでとても良い香り。
b0056570_2155411.jpg
ボディローション、アフターサンケアローションも!
わざわざアロエジェルを持って行くことなかった。。。
b0056570_217039.jpg
トイレ。大きな全身鏡がありました。
b0056570_2173185.jpg
壁が編み編みで、この建物一棟作るのに一体幾らかかったのかと想像してしまいました。小市民。
b0056570_2183925.jpg
全体が自然素材のポリネシアン調になっています。
b0056570_2191543.jpg
天井はとても高かったです。エアコンもありましたが、私達は自然の風とシーリングファンのみで快適に過ごせました。
b0056570_21111276.jpg
テラスにはデッキチェア2台とテーブルセット。ここが本当に素敵でした。
カヌーブレックファストを頼んだとしたら、ここへ運んでくれるのですが何しろルームナンバー1なのでお願いしませんでした。
b0056570_21125288.jpg
テラスからの眺め。オテマヌ山が見えます。
三段階の海の青色、こんな色合いは初めて見ました!
b0056570_21135884.jpg
ものすごい嬉しそうな相方。
b0056570_2114224.jpg
お隣さんと微妙に角度がついてお互いに見えない並び方になっていました。
b0056570_21152682.jpg
遠目に見るとこんな感じ。
部屋から直接海へ入れるようにハシゴがあり、真水のシャワーも完備。(海にいるのは相方)
部屋の周りは浅瀬で、ゆうゆう足がつく深さ。
b0056570_21213781.jpg
外へ出ると、鳥が大量にとまってる箇所がありました。
b0056570_21221675.jpg
どうしてここだけに集中してるんだろうか??
b0056570_21224651.jpg
一番はじっこにある行き止まりまで行ってみました。本館から遠い・・!
(はじっこの部屋が値段が高い)
b0056570_21235594.jpg
水平線の向こうにうっすらと島が見えます。タハア島かな?
見ても見ても見飽きない色の海。
b0056570_21274988.jpg
こんな感じで南の岬近くにホテルがあります。
葡萄の房みたいなのが水上バンガロー。
b0056570_21325016.jpg
陸上での入口は細い路地から入ります。
b0056570_21313661.jpg
看板。
b0056570_2132543.jpg
看板を見てなかったらわかりにくい感じ。
入口右手にレセプションがあり、24時間対応とのこと。
b0056570_21285743.jpg
ロビーとレストランの間には密林風の道。
b0056570_21331994.jpg
さり気なく喫煙所が。
灰皿の代わりに白砂。煙草の吸殻がチンアナゴみたい(^^)
b0056570_21293955.jpg
ここを抜けるとすぐ海です。
b0056570_21401798.jpg
まさにこの世の楽園でした・・この写真見てもうボラボラ島へ帰りたい気持ちになっています・・!
b0056570_21412118.jpg
夜のテラス。ちゃんと電気がつくのでそこそこ明るい。
蚊や蛾などいないので、快適でした。

>>その3へ続きます
[PR]
by manic-friday | 2016-07-19 21:45 | ★タヒチ・ボラボラ島 | Comments(2)
AX