カテゴリ:★韓国・ソウル( 22 )
再訪「中源堂」 その他雑記
雨降りの二日目、わざわざ仁寺洞へ行った理由は「中源堂」さんに再訪するため。
b0056570_01758.jpg
「アリラン名品館」の左手外側にお店が移動していました。
(←以前は自動ドアの内側にあった)

買いたいものは四角い大皿と、前にも買った小鉢。
b0056570_05883.jpg
無事に購入できました♪
b0056570_054896.jpg
四角いお皿の裏には4つの筋(←何ていうの?)がつけてありました。
b0056570_052911.jpg
ついでに平皿も購入。
b0056570_055644.jpg
仮に放り投げて落ちたとしても割れない感じにしっかり梱包してくださり、安心です。
(三清洞の「澄光オンギ」でも同じように梱包してくれました)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ソウル市内にはあちこちカフェが多く、コーヒー豆の消費率が世界何番目なのか気になるところ。
二日目と三日目の朝、カフェへ入ってみました。
(宿泊先のM-BIZホテルは無料朝食サービスがあるそうなのですが、激安ツアーの我々は6,000wの別料金だそうです・・・(´・ω・`)ショボーン)
b0056570_0133862.jpg
チェーン店らしい「パリ バゲットカフェ」(?)というお店。
初日に前を通った時から気になっていました!
b0056570_0134916.jpg
まあ、中は普通のパン屋さんで、自分で好きなのを取ってレジへ。
サンドイッチは母の、パニーニとエッグタルトが私の。
b0056570_0144722.jpg
コーヒーのカップがカワイイ!!
b0056570_0151376.jpg
タンジェリン100%ジュース。甘くて美味しい☆

合計額がやけに高いな・・・と思ってレシートを見たら、これが6,000wしていました。(ホテル朝食代と同額・・・)

b0056570_0191517.jpg
不思議なことに、ガラスにいきなり電源が。(はずせません)
韓国の人は電源命なのか。

b0056570_0205628.jpg
三日目の朝は、ホテルに近い「HOLLYS COFFEE」というカフェへ。ここもチェーン店ぽい。
開店直後だからかお客さんは数名。
注文後、ポケベル風なこの機械を渡されました。
b0056570_0223730.jpg
母のベーコントマトチーズサンド。これ、美味しかったです。
b0056570_0265073.jpg
私のクロックムッシュ。こちらはまあまあ。
b0056570_0272127.jpg
モーニングセットのコーヒーが大きい。
ミルクは、くださいとお願いしたらもらえました。
韓国では砂糖だけが基本なのかな??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして四日目の朝は5時20分にロビー集合なので、4時半起き!さすが安いツアー・・・。
(でも、一番大変なのは現地のガイドさんだよなぁ・・・3時半に起きましたとおっしゃってました。)
この時は滞在中で一番の大雨。
b0056570_0314587.jpg
バスの窓から外を写したらウォン・カーウァイの映画のような雰囲気。

各ホテルを回ってツアー客を拾っていくわけですが、リッツ・カールトンの前のホテルでしばし停車(お寝坊した人がいたので待つことに。)していた時、外を見ていたら若者が沢山歩いていました。
こんな早朝に何があったのか・・・夜遊び帰りか、リッツの従業員の夜勤明けか。
b0056570_033168.jpg
と、豪雨の中、一人の青年がずぶ濡れでタクシーを止めようとがんばっていました。
しかしなかなか捕まえられず、10分かかって乗れた模様。

そしてバスは、早朝からお土産屋さんに寄るというから驚き。
激安ツアーの仕組みの裏側・・・仕方ない(><)
でも、何もかもがべらぼうに高くて、買う気が失せます(;ーー)
店員さん達は「安いですよー」と口々に言うけど、ロッテマート価格を知っていたら誰も買わないのでは・・・。
b0056570_0385510.jpg
そんな中、母はなぜかチャングムの人参寒天ゼリーを購入。12,000w。
まあ、まずくはないけど美味くもない味。健康的な味というか・・。

金浦空港に着いたのは朝7時半。
免税店が以前より売り場拡大していました。
(エミリオ・プッチのストールがセールになってて即購入。嬉しい出会い☆)
b0056570_0414973.jpg
アシアナ航空。無事故を頼む。
b0056570_0422395.jpg
帰りの便には、行きになかったタッチパネル式TVが。テトリスやり放題☆
機内食は、行きも帰りもあまり食べられず・・・ただ、珍しかったのは今時ステンレスのカトラリーを使用してること。
b0056570_045151.jpg
行きはトマトジュースが飲めましたが、帰りはなかった。なぜ。(帰りも飲みたかった・・)
b0056570_0455486.jpg
どうでもいいことですが、金浦空港内にあったカジノの宣伝はデ・ニーロでした☆ソウルに着いてこれがまず一番嬉しかった(^^)

そんなこんなで無事に行って帰って来れました。
また次回行ける時を楽しみに♪

<余談>
b0056570_0474226.jpg
往十里(ワンシムニ)駅のホームにあった木。
tongnamu anmatae? 調べてみましたが、藤?の木の、何だこれは。。。
私は背中をゴリゴリするやつではないかと思ってるのですが、誰一人としてこの木に近寄る人がいなかったのでわからずじまいでした(;^^)
この木、何の木気になる木~♪
[PR]
by manic-friday | 2013-07-28 00:59 | ★韓国・ソウル | Comments(2)
ソウル「M・BIZホテル」と、近くの銭湯@江南
今回のソウル旅行は、毎度のHISの激安ツアーで、泊まったホテルは江南(カンナム)区にある「M・BIZホテル」でした。
最寄りの駅は「宣陵(ソルン)」駅、または「三成(サムスン)」駅で、二つの駅のちょうど中間あたりです。
b0056570_22322421.jpg
フロントは2階で、スタッフの皆さん日本語が堪能。
鍵を預けたり受け取ったりでフロント利用する度に接しますが、感じが良いです(^^)
b0056570_2234733.jpg
6階のお部屋でしたが、壁一面に呪文のようなハングルが・・・。
b0056570_2235781.jpg
気になるコンセント穴。
b0056570_22354924.jpg
SEもCも、どちらも使えました。
b0056570_22362775.jpg
コンセント穴、壁以外にも豊富。
b0056570_2237078.jpg
水のペットボトルと梅ジュースが毎日二本ずつもらえました。(冷蔵庫内に補充)
b0056570_22375950.jpg
虫よけスプレーやヘアスプレーなどの備品。虫は出ませんでした。
b0056570_22385844.jpg
クレンジングや歯ブラシなど。シンプル。
b0056570_22393297.jpg
問題のトイレ&シャワールーム。
バスタブが無い、とは事前に聞いていましたが確かにナシ・・・。
シャンプーとボディシャンプーはあるんですがリンスはナシ。(どちらもDove。近くにユニリーバの会社があるからかしら?)

そんで、このシャワールーム、床が水浸しに・・・。
滑らないスリッパがあるとはいえ、ちょっと落ち着かない・・・(><)

実は、ここへ到着する頃にバスの車窓から見えた「サウナ」の文字。
けっこうホテルから近い所だったので、翌日の夜9時半頃行ってみました。
b0056570_2248210.jpg
uwon(?) 24si(24時間) namnyeo(男女) taejung(?) sauna(サウナ) ibku (入口)
b0056570_22495551.jpg
ビルのわきに入口ドア。(開けっ放し)
b0056570_22503142.jpg
階段を下ると、窓口。しかし閉まっている・・。
この階は男性用らしい。
b0056570_2251192.jpg
地下2階まで下りたら、またドアが。女性用はこちら。
b0056570_2252855.jpg
ドアをくぐると、また開けっ放しのドアが。
b0056570_22523914.jpg
「アンニョンハセヨ~」と言いながら靴箱に靴を。
カーテンを開けると、お風呂屋のおばちゃんがにこやかにトイレから出て来ました。

一人6,000w。サウナと湯船・洗い場利用可。
薄いタオルを一人2枚貸してもらえます。
b0056570_22543578.jpg
私達母娘の他には誰も来ないのでパチリ。
垢すりはやってなかったです。どうやら夜はやらないらしい(よくわかりませんが)。

サウナの温度は60度くらいでした。(垢すりおばちゃん用と思われる赤い下着が干してあった ^^;)

湯船はけっこう大きめで、何人も入れる感じ。お湯はぬるめ。
シャンプーはホテルの備品Doveをボトルごと持参しました。
b0056570_22583021.jpg
出たら、おばちゃんがマットで寝てるzzz なんと自由な(^^) (数分後起き上がりましたが。ホッ)

そして扇風機には、これも垢すりおばちゃん用の赤い下着が。
(垢すりおばちゃん・・・会いたかった・・・垢すりしてもらいたかった。)

ドライヤーは2台あって、鏡も大きく快適でした。
棚の上には地元常連さんの物と思われるシャンプー類がビッシリ。どこも同じだなぁと感心。
b0056570_2341522.jpg
ぶれてますが、こんなふうな通りに看板が出てます。
結局、二日連続で通ってしまった(^^)
二日ともおばちゃんは同じ人でした。
b0056570_2365293.jpg
黄色い印が銭湯です。歩いて1分くらいです。
b0056570_238015.jpg
ホテルから宣陵駅までは常に歩きました。
証券会社と銀行とカフェが多くて、広い歩道。
b0056570_2392041.jpg
地下鉄・宣陵駅入口。
b0056570_2394680.jpg
ホテル近くのコンビニでT-moneyカードを購入。(2,500w。デポジット含む)
同時にチャージもしてもらえました。
b0056570_2310144.jpg
ちなみに地下鉄駅構内のチャージ機では10,000w札、50,000w札の使用不可(><)
水原ではコンビニでチャージしてもらいました。
b0056570_23132623.jpg
T-moneyが使えるコンビニでは、買い物もできる。
この海苔巻、美味しかった~。
b0056570_23141338.jpg
ヨーグルトも買ってみました。
ピンク色のスプーンがカワイイ。


ソウルの中心的繁華街の明洞駅から宣陵駅までは約40分かかりました。乗り換えたりするから時間がかかります・・・。
でも、慣れるとどうってことなく、なかなか楽しかったです☆
また泊まってもいいかも。
そしたら次は銭湯へ午前中に行きますっo(^ー^)o

4日目は朝4時半起きで帰国>>>>
[PR]
by manic-friday | 2013-07-26 23:18 | ★韓国・ソウル | Comments(2)
北村韓屋村
昌徳宮を出て、徒歩で北村韓屋村方面へ。
手に地図を持った中国系の観光客が多く見られました。
b0056570_029080.jpg
私達もインフォメーションセンターで地図をもらい、それを頼りに歩いてみました。
b0056570_0295234.jpg
あまりボロッちい感じの韓屋は少なく、むしろ新しい感じのお宅が多いような。
b0056570_0304841.jpg
坂を上る途中は、お屋敷が多い。鎌倉みたい。
b0056570_0313135.jpg
ガイドブックに載ってる風景。
b0056570_0315813.jpg
実際に人が住んでいるので、観光客は外で騒がないようにとのこと。
また、扉が開いていても、扉内側の無断撮影禁止とのこと。
住んでる人も大変(><)
b0056570_0335397.jpg
上から見下ろしたら、中庭のある韓屋が見えました。
母が好きだったドラマ「初恋」で、チャヌクお姉さんがよく裸足のまま中庭に飛び出してた(^^)
b0056570_0352145.jpg
寄せ植えを発見しました。
アトリエを兼ねてるような小洒落た小さなアクセサリー屋が多い道。
b0056570_0381166.jpg
坂を下ってくると、だんだんにぎやかな通りに。
b0056570_0391547.jpg
おしゃれなお花屋さん発見。
ハーブの苗が多かったです。
b0056570_0403216.jpg
「澄光(ジングァン)オンギ」へ立寄りました。
甕器(オンギ)のお店で、店内の取り扱い商品は全部黒い。
b0056570_0414793.jpg
小さめの甕を購入。
b0056570_0423979.jpg
↑蓋開けたところ。この形の他にも色々なのがありました。
b0056570_043827.jpg
マッコリの器も購入。マッコリ以外にも使う予定。

このお店のお姉さん、ちょっと見かけないような清楚な美人さんでした。

このまま安国駅まで歩き(すぐ近く)、地下鉄でホテルへ帰りました。
泊まったホテルはまた次回>>>>


「澄光オンギ」
10:30~19:30 日曜休み
各種クレジットカード使用可。
[PR]
by manic-friday | 2013-07-25 00:48 | ★韓国・ソウル | Comments(0)
世界遺産「昌徳宮」
龍山駅から地下鉄で安国駅まで。
16時過ぎに「昌徳宮」に到着。
こちらも世界遺産になっていて、欧米系の外国人観光客が多かったです。
b0056570_23402947.jpg
入口の敦化門。
入場料は3,000w。(後苑ツアーに参加は別途5,000w)
妙に立派なパンフレットをもらえました。
b0056570_23431955.jpg
昨日の景福宮、ここへ来る前に行ってた水原華城など見たからか、お腹いっぱい気味で感動は薄い・・・。
b0056570_23462424.jpg
そしてここもやたらと広い。
貧乏性なので、見られるだけ見て帰ろうと思って、歩き疲れ。
b0056570_23465951.jpg
雨降りなんですが、どこの窓も戸も大っぴらに開けてあって、世界遺産大丈夫なのか。
b0056570_2347503.jpg
チャングムにも出てきた冊庫。
まさか今は何も置いてないと思いますが・・・。
b0056570_23484714.jpg
チャングムと王様が歩いた池は、後苑にあり。
時間の都合で行けませんでした。
b0056570_23501437.jpg
帰り際、タヌキ(?)を見かけました。
軽快な足取り。
b0056570_23505344.jpg
お手洗いの屋根に野良猫2匹。
猫を見たのは、これが最初で最後。
チケット売り場のお姉さんがおやつあげてました。
それにしても、ソウルの真ん中にシマリスやらタヌキがいるんですね~。

17時過ぎにここを出て、歩いて北村&三清洞へ。>>>>
[PR]
by manic-friday | 2013-07-23 23:53 | ★韓国・ソウル | Comments(0)
世界遺産「水原華城」
母の好きなドラマ「イ・サン」。数年前NHKで放映していました。
b0056570_0514895.jpg
22代王となった正祖(イ・サン)が非業の死を遂げた父を弔うため、水原に宮殿を建て(=華城行宮)、毎年のように供養のため大々的な行幸を行いました。(←清蹊川沿いにタイル壁画あり)
ドラマでは、幼馴染のソンヨンとの恋愛も絡めて描いていて、面白かったです。


イ・サンの面影を求めて、地下鉄を乗り継いで、水原(スウォン)まで。
b0056570_2336565.jpg
途中、衿井(クムジョン)駅で乗り換え時は、降りたホームとわからずに上へ登ってしまいました。(山手線と京浜東北線みたいな感じで、うまく乗り継ぎできるようになっていた)

水原駅はけっこう立派で、とりあえずバス乗り場へ。
ここでも韓国人の皆さんがお世話を焼いてくれて、英語が話せるお兄さんが「このバスだよ!」と乗らせてくれました。韓国の人々は皆優しい・・・(ジ~ン)。
b0056570_23413647.jpg
このバスもT-moneyカードで乗れました。
「八達門(パルタルムン)」まで10分くらい。
b0056570_23434386.jpg
正祖路、と名のついた道路。正祖=イ・サンを偲んでここへ来たので、母大喜び。
b0056570_2345392.jpg
立派な八達門を眺めながら、華城方面へ。
b0056570_23471559.jpg
地面に表示が。
b0056570_23475813.jpg
ここの右側にチケット売り場がありました。一人1,000w。
(水原華城・華城行宮・水原博物館・水原華城博物館の共通入場券もあります。3,500w。)

小さいシールを受け取り、胸に貼りましたが、その後すれ違う人々は皆つけてない・・・。しかも地元の人の散歩コースみたいですが・・・(?_?)
b0056570_23512263.jpg
いきなりの猛烈な坂&階段。
晴れてたら遠くまで見えたことでしょう。
b0056570_2352012.jpg
坂の上にはこういう楼閣が点在しています。
b0056570_23523955.jpg
世界遺産の石碑。
b0056570_2353875.jpg
西暗門。外側からは門があることがわからない作り。
b0056570_23534712.jpg
華城で一番高い位置にある将台。
この字はイ・サンが書いたそうです。「上手ねぇ~~」と母またまた喜び。
自転車で来てる人たちが休憩中だったんですが・・どういうこと!?いったいどうやって。。。
b0056570_23564129.jpg
万里の長城のように壁が続いています。
途中、韓国人のおばちゃんが近寄ってきて、「日本人?よくきたね!」的なことを言いながら握手を交わすという場面も・・・。

そのおばちゃんが、「ここの上、靴脱いで上れるのよ。上ってごらんなさい」と教えてくれて、上ってみた「西砲楼」。↓
b0056570_23562571.jpg
去りゆくおばちゃんに手を振り、しばし休息。
b0056570_011852.jpg
中は入れませんが、宝物第1710号に指定されている「西北空心墩」。イ・サンもこの建物の出来栄えに喜んだそうです。

華西門からちょっと寄り道して、「正祖大王銅像」を見に行くことに・・・。
チケット売り場でもらった地図を頼りに歩くこと約10分。
b0056570_032255.jpg
おお~見えてきました。比較的新しそう。
b0056570_061648.jpg
大きいです、正祖大王。
ここで撮った写真、母は一番の笑顔でした。
b0056570_07912.jpg
この顔が、ドラマ「イ・サン」で正祖役のイ・ソジンさんに似てる!と一歩も譲らない母。
b0056570_08506.jpg
似てるのか・・・???
b0056570_095631.jpg
とにかく他に人が来ませんでした。
b0056570_0104388.jpg
再び華西門へ戻り、壁沿いに歩く。
途中、ユリがきれいでした。
b0056570_0112366.jpg
晴れてたら華城列車に乗れたかもしれないです。そしたら外から眺められたのかな~。
b0056570_0122251.jpg
長安門も通り、華虹門まで来ました。
この先は断念。
b0056570_0131736.jpg
サギがいました。
歩いて、「華城行宮(ファソンヘングン)」まで。約15分でした。
b0056570_0145842.jpg
行宮入口。入場料は1,500w。
b0056570_0183980.jpg
ここで「イ・サン」「宮廷女官チャングムの誓い」以外の歴史ドラマの撮影もいくつかしたそうです。
b0056570_021064.jpg
宮殿にはお母さんを表敬訪問する正祖の蝋人形が。
b0056570_0214560.jpg
他にも役人の蝋人形とか、女官とかありました。
各部屋の狭いこと。
b0056570_0224965.jpg
長楽堂、という文字はこれまた正祖が書いたそうです。母、ここでも感動。
b0056570_0233337.jpg
中へは入れませんが、覗いてみました。
b0056570_0241171.jpg
チャングムがいそうな水刺間(スラッカン)。ちょっと狭いですが。
b0056570_0262649.jpg
甕がひっくり返ってる?
b0056570_0274678.jpg
さきほどの蝋人形とはうってかわって、ただのマネキンの女官人形・・・。
チャングムの衣装の変移を示していました。
b0056570_0291379.jpg
あと、米びつが4つほど並んでいる場所があり、説明の英語部分を要約すると、「米びつに入れられて死なせられたサド・セジャ(イ・サンのお父さん)の痛み、そしてイ・サンの無念を感じてみましょう。」とのこと。
b0056570_0311689.jpg
大き目の米びつに入ってみた母は「意外と広い」などと言ってましたが、私が入った米びつはキツかったです~。サド・セジャの辛さを少し体感・・。
b0056570_0324958.jpg
樹齢ものすごいケヤキの木。
願い事を紙に書いて、結んでみましょうとのこと。
そんなこんなで出口へ。

お昼ご飯を食べてないので、正祖の影殿「華寧殿」へは行きませんでした。(入場料には含まれている)

行宮から歩いて八達門方面へ向かう途中に色々お店がありました。
b0056570_035536.jpg
中の店員さんと目が合ったので、このお店へ。
b0056570_0364149.jpg
ビビンパとキムチ。
b0056570_0381027.jpg
量が大盛り。おいしいです。6,000w。
b0056570_037190.jpg
おまけの副菜。
b0056570_0372029.jpg
海鮮チヂミは具沢山で巨大。12,000w。
b0056570_0385026.jpg
小さくも小奇麗なお店で、地元のおじさん達の寄合所になってる感じ。
b0056570_0394167.jpg
店員さんに「コピ?」と聞かれて、「???」となっていたら、隣のおじいさんが小さく「coffee・・・」とつぶやいてくれました(^^)
このマキシムのインスタントコーヒーは人気なのか?ホテルにも置いてあったし、香美堂さんでも出されたし・・・。

水原駅まではタクシーを利用。(たしか3,200w。安い!)
運転手さんとお互い拙い英語で会話。いい方でした♪
駅の近くで、なにがあったのか大型トラックが横倒しになってました。

b0056570_0453978.jpg
水原駅から急行列車で終点・ソウル駅まで。
ムグンファ号は2,700w。これも安い!
b0056570_0471151.jpg
しかし、乗る電車を間違えてしまい、ドキドキの中のドッキドキ。(一本前のに乗車・・)

そもそも、乗った電車の行先が判らず・・・車掌さんも来ず・・・。
とりあえず空いてる席に座りましたが、全く停車しない(><)
駅標も速くて見えない(T_T)

途中のアナウンスで龍山(ヨンサン)という地名が聞こえたので、一安心。(←ソウル方面)
b0056570_0492494.jpg
雨の漢江を渡る電車。
龍山駅で下車しましたが、最後まで切符を誰かに見せることはなく・・・不正乗車はないのか??と気になります。

この後、昌徳宮へ>>>
[PR]
by manic-friday | 2013-07-23 01:01 | ★韓国・ソウル | Comments(0)
「景福宮」&参鶏湯「土俗村」@西村
16時過ぎに景福宮に到着。
b0056570_161330.jpg
雨が上がって曇り空。右側に変な彫刻。
b0056570_183062.jpg
埃がついてないってスゴイことです。
隅々まで掃除してるのか・・・。
b0056570_191227.jpg
この時は中国系の団体さんが多く、そのにぎやかさはものすごかったです。
b0056570_110810.jpg
煉瓦でできてる壁。かわいい。
b0056570_1103289.jpg
こんなデザインも。
b0056570_1115099.jpg
宮内のあちこちでユスラウメが。
b0056570_112218.jpg
前回訪れた時は見なかった方まで行ってみました。
b0056570_1125130.jpg
醤油庫らしい。
b0056570_113963.jpg
こちらは味噌庫。(正式名称は失念・・)
b0056570_1133899.jpg
昔々の絵。確かに甕がありますね。
b0056570_114685.jpg
諸外国の要人を歓迎する時にも使ったという、比較的新しく再建された建物。
b0056570_1144274.jpg
外壁に煉瓦を使用。丸窓もかわいい。
b0056570_115178.jpg
隣の六角堂みたいな建物の手すり。蓮でしょうか。
b0056570_1164068.jpg
あとはひたすらこういう感じの迷路。
どこがどこだか(?_?)とにかく広い景福宮。
b0056570_1172027.jpg
ニッコウキスゲみたいな花が咲いてました。

光化門から出て、西村方面へ歩く。

b0056570_1211862.jpg
すぐにわかりました、「土俗村」。
参鶏湯が有名だそうで、どのガイドブックにも掲載されています。
b0056570_1223936.jpg
6時前でも満席に近い。
運良く待たずに座れました。

隣の席のおばちゃんグループが色々お世話を焼いてくれました。
店員さんに「ちょっと、この人達の注文早く聞いてあげてよ!」と言ってくれたり。おばちゃんパワーに感謝。
b0056570_1242383.jpg
サービスで出てきた高麗人参の焼酎みたいなお酒。苦い。
b0056570_125697.jpg
少し待って出てきたグツグツの参鶏湯。運ぶ店員さんは体力勝負~。
かなり薄味で、量が多いこともあり、私は途中で飽きてしまいました。。。胡椒入れたりしてみたけど。
キムチ・カクテキは取り放題で、母は「カクテキが美味しい!」と沢山食べてました。
辛いの苦手な私にも美味しかったです。
b0056570_131591.jpg
韓屋作りの広いお店。建物の雰囲気込みで人気店なんだろうなぁ。(写真は店内)
約1時間後に外に出たら、長蛇の列でビックリ。
b0056570_1324827.jpg
レジでマッチもらってきました(^^)♪

景福宮駅まで戻り、地下鉄で帰りました。
翌日は「水原華城」へ>>>
[PR]
by manic-friday | 2013-07-22 01:35 | ★韓国・ソウル | Comments(0)
広蔵市場
梅雨時のソウルで、この広蔵市場は屋根のある場所だったので良かったです(^^)
b0056570_0162583.jpg
あまり隈なく歩かなかったので、いつか再訪したい。
2階部分にもユザワヤのような(?)お店がある模様。
b0056570_0143496.jpg
頭に沢山乗っけて歩いてたおばちゃん。プロだ。
b0056570_0174648.jpg
布地のお店は現地の人々で賑わってました。
b0056570_0181728.jpg
白系の布でも、麻・木綿・帆布・パイルなど色々。
アップリケ専門店なんかもありました。
b0056570_0195247.jpg
そのすぐ近くに海産問屋。
b0056570_020205.jpg
中心地に近付くと、人も多い。
b0056570_0204460.jpg
ここで冷麺のステンレスの器を購入。
b0056570_0211029.jpg
冷麺やビビンパ以外にも使えそうです(^ー^)b
b0056570_022269.jpg
仕立て屋さんも沢山ありました。可愛い子供用チョゴリ。
b0056570_0223289.jpg
やはり刺繍が素敵すぎる。
b0056570_0225399.jpg
イルシム商会という麻製品のお店。本に載ってました。
行ったら、日本語担当のオジサンが、掲載されてる日本の雑誌を数冊見せてくれました。有名らしいです。
b0056570_0243666.jpg
蒸し器に使うやつと玉ねぎ袋購入。
b0056570_025322.jpg
市場の十字路辺りは食べ物の屋台で活気に溢れていました。
ピンデトを食べたかったですが、美味しそうなお店は人気で、席がいっぱいで座れず・・・。

仕方なく、そのまま地下鉄の駅へ。
鍾路5街(チョンノオガ)駅から、景福宮(キョンボックン)駅へ向かいました>>>「景福宮」&参鶏湯「土俗村」@西村
[PR]
by manic-friday | 2013-07-20 00:29 | ★韓国・ソウル | Comments(0)
威興コムボ冷麺@世運スクエア
鍾路3街駅から仁寺洞へ出て、そこからタプコル公園前を通り、宗廟前を通り、広蔵市場近くの交差点までとにかく歩く。
b0056570_23484198.jpg
この時、雨がすごかったです(><) 
左側に宝石店がずっと何軒も並んでましたが、お暇そうでした。

世運スクエア、という比較的新しそうな建物に着きました。目指すは4階401号「威興(ハムフン)コムボ冷麺」。
たまたま持って行ったガイドブックに載ってたので。

しかし、このビルの非常口から入ってしまい・・。(よく入れたもんです)
b0056570_23503433.jpg
ここだー、コムボって書いてある!と喜んで入店。(後から知りましたが出口から入ってる)
b0056570_23512945.jpg
先に出てきたキムチと牛出汁(?)スープ。さっぱり美味しいです。
メニューには日本語のページがありました。
b0056570_23544821.jpg
エイの刺身がのってる「フェネンミョン」が名物、とあったので、それを。(普通の冷麺などもあり)
ひえー辛そう。
b0056570_23553510.jpg
エイの刺身とやらはコリコリとした食感が美味しかったです。
ガイドブックによると、さつまいもの澱粉で作った麺、とあります。確かに歯ごたえあり。
(テーブルに置いてある鋏で、自分たちでジャキジャキ切る。)
b0056570_23572541.jpg
辛いやつと芥子、酢、砂糖が置いてありました。
味が辛くて食べられない私は、砂糖をぶっかけてみました・・・すると、あ~ら美味☆(母には相当異常がられましたが・・・)
砂糖のおかげで最後まで美味しく完食。8,000wでした。
b0056570_012916.jpg
本当の入口はこっち。お辞儀ロボットがいました。
b0056570_23593445.jpg
食べてた時に見えてた、ポジャギみたいな窓の、お向かいのビル。
b0056570_02167.jpg
こちら側からは世運スクエアの正面がわかりましたが、どうやら私達は裏から入ったようです・・。
このビルの1階はズラ~っと宝石店だけで、ちょっとすごかったです。この地域は宝石店エリアなの??

b0056570_034623.jpg
交差点を渡って「広蔵市場」へ。>>>>
[PR]
by manic-friday | 2013-07-19 00:06 | ★韓国・ソウル | Comments(0)
古美術商街「香美堂」@踏十里
「踏十里古美術商街」をネットで調べていたら、何故かキーワードで出てくる「香美堂」・・・。
何のお店かと見てみたら、NHKで放映されて女子に人気のお店らしい。
私も女子のはしくれ、どうせなら、とそのお店へ行くことにしました(^^)
b0056570_23433071.jpg
往十里(ワンシムニ)駅で乗り換えて、踏十里(タプシムニ)駅へ。
1番出口を出て、角を左へ曲がります。
b0056570_23443755.jpg
左上に「古美術」の文字。よしよし。
そしてまた左へ曲がると、ありました。
b0056570_2345843.jpg
横長の建物が古美術商街。奥の方の二つ目の階段を上りました。
b0056570_23473882.jpg
古い木製のドアとか立て掛けられてました。古美術感100%。
b0056570_23482429.jpg
最初の角に来たら、左手にありました、「香美堂(ファンミダン)」さん。
外から眺めていたら、優しい笑顔の女性が現れ、招き入れてくれました。
他にお客もいなかったからか、コーヒーをご馳走してくださり、その間色々商品説明をしてくれました。

以下、購入してきたもの。↓
b0056570_23492337.jpg
このお店の店主である、李さんが自ら刺繍をしてるという代物。(針刺し)
すごい。
b0056570_2350549.jpg
かわいすぎる~(^0^)
b0056570_2351175.jpg
もう少し大きいやつ。
b0056570_23513272.jpg
もはや芸術だ~。針なんて刺せない・・・。
b0056570_23515280.jpg
眺めてて飽きない・・。
b0056570_2352681.jpg
グラデーションが素晴らしい。。。
b0056570_2353045.jpg
なんだこれ?と思って見てたら、古い「茶托」だそうです。
b0056570_23533439.jpg
香美堂だけの商品らしい。茶托以外としても使えそう。
b0056570_2354654.jpg
あとは、日本女子に人気というポジャギ。韓国の伝統的パッチワークです。
これはコースター。
b0056570_2355119.jpg
ランチョンマット。これは李さんの手縫いだそうです。
b0056570_23554534.jpg
暖簾としてもテーブルセンターとしても使える大判のポジャギ。(これは委託でお願いしてるそうです。でもちゃんと手縫い!)
敢えて地味目なのを選んでみました。
b0056570_23564312.jpg
真っ白いポジャギ。薄いピンクと迷いましたが、白にしました。(平井かずみさんの本には白が載っていたので・・^^)
b0056570_23583153.jpg
確かに陽に透かすと美しい~。
b0056570_2359525.jpg
そしてこの大きな箒のような物。
なんと、ケヤキの木の根っこを束ねたものだそうです。絵に書いて説明してくれました。
壁に飾ったポジャギの埃を落とすものだそうです。
b0056570_23595779.jpg
古美術というか古道具。
これは買わねばー!と鼻息荒くなってしまいました・・・。
b0056570_004316.jpg
一番の掘り出し物は、このクッションカバー。
b0056570_012030.jpg
あまりにも精密な刺繍にため息~。
お値段100,000w(=約9,000円)でしたが、この後行った仁寺洞では、これと同じ物が約3倍の価格で売られていました!!(*゚∀゚)=3ムッハー
その他、ポジャギ類も仁寺洞では3倍してました。(李さんが言ってたことは真実だった・・・!)


合計額から何故か20,000w引いてくれました。カムサハムニダ~♪
(現金のみ取扱い・日本円OK。 カード不可です。ご注意。)

古美術商街内の他のお店は、仏像とか箪笥とか、香美堂と似てるお店もあったり、お店だらけ。
鑑定団の先生方と共に見て回りたい(^^)

古美術商街をあとにして、地下鉄5号線に乗って、鍾路3街(チョンノサンガ)駅へ向かいます>>>
[PR]
by manic-friday | 2013-07-18 00:21 | ★韓国・ソウル | Comments(0)
世界遺産「宣陵・靖陵」@江南
宿泊ホテルのすぐ近くに、「三陵公園」という大きな公園があり、さりげなく世界遺産。
ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」の王様のお墓らしいので、行ってみました。
b0056570_22591189.jpg
朝6時から開いています。
月曜は休み。(夏季6時~21時、冬季6時半~21時。入場は20時まで)
宣陵は9代王様と皇后、靖陵は11代・中宗(←チャングムに出てくる王様)のお墓。
b0056570_2305557.jpg
入場料は1000w(=約90円)。
世界遺産なのに良心的。日本語パンフレットもらえました。
b0056570_2315343.jpg
チャングムの王様の方へ進むと、インフォメーションセンターというか、年表とかCGアニメとか流してるとこがありました。
”お墓ができるまで”、面白かったです。
b0056570_2331052.jpg
遺体を清めたり、祭祀の準備をしたという場所。
b0056570_2333281.jpg
ここの建物も全部オンドルになってました。
b0056570_234214.jpg
お寺みたいな雰囲気。
b0056570_2343453.jpg
お守りであるイチョウの木。秋は見事に黄色くなるそうです。
b0056570_2351834.jpg
カワイイ鍵。
b0056570_2352987.jpg
この日は雨でしたが、全部開け放たれてました。
b0056570_236277.jpg
道は歩きやすくなっていて、雨でも平気。
シマリスを何匹か見かけました。
b0056570_2364181.jpg
中宗王の祭祀を行う建物、丁字閣。お供えとか捧げるらしい。
b0056570_23101745.jpg
この上にお墓。見えないー。
b0056570_22371339.jpg
中宗王を偲んでみました(^^)
b0056570_2311685.jpg
歩いて林を抜けて行くと、
b0056570_23112832.jpg
中宗のお母さん・貞顕皇后のお墓。
b0056570_23115413.jpg
ここは見ることができました。養生中らしい。
b0056570_23121616.jpg
そのまま山を下ると、9代王・成宗のお墓方面。
ここは神道入口。
b0056570_2314079.jpg
お手洗いの裏手に見慣れない装置が・・。
b0056570_23142814.jpg
ほこり払いとは!雨だったので使いませんでしたが、使ってみればよかった。

そのまま出口(入口と同じ場所)へ。
約1時間滞在しました。パンフレットの観覧所要時間ピッタリで驚き。
b0056570_23175789.jpg
地下鉄「宣靖陵」駅のほうへ歩きます。
b0056570_2319182.jpg
上り坂沿いに宣陵の一部分がチラリと見えました。
地下鉄・盆唐線「宣靖陵(ソンジョンヌン)」駅までは徒歩8分でした。


この後、往十里(ワンシムニ)駅へ向かいます>>>
[PR]
by manic-friday | 2013-07-16 23:22 | ★韓国・ソウル | Comments(0)
AX