カテゴリ:★中国・海南島( 6 )
海南島旅行 その4 
海南島3日目はどんより曇り空・・・日が出てないと全然暑くない。
むしろ肌寒いくらいでした。(でもロシア人は皆、海水浴!元気~。)

爆睡の妹を置いて、一人で海へ行ってみました。
b0056570_2349465.jpg
鼻歌唄いながら走り来るバイクタクシー。
このタイプのには乗れなかったことが心残り。
b0056570_23505821.jpg
お昼前からビーチのデッキチェアでゴロゴロ読書。
ホテルの売店で購入したトロピカーナは、100%ではなかったです。(ポテコは日本から持参。)

b0056570_23525517.jpg
ホテルのご近所にハンモック発見。
家にほしいなぁ。

b0056570_23561487.jpg
また、その近くにあった公衆電話ですが・・・植え込みの中にあってたどり着けません(;^ー^)
b0056570_23573068.jpg
お昼ごはんに前日買ったカップラーメンを食べてみました。
中にフォーク入りで親切。味も美味しかったです。

また、3時のバスに乗って三亜の繁華街へ。
妹の要望でマクドナルドへ。
b0056570_021635.jpg
日本とほぼ同じメニュー。値段は少し安いです。
b0056570_23594911.jpg
ダブルチーズバーガーが130円くらい。これはうらやましい!
b0056570_02548.jpg
皆、並ばない・・・。レジ前でわやわやしてます。
(左端の彼がカメラ目線なのが気になります。)

b0056570_042049.jpg
海南島の4大名物のひとつと言われる「文昌鶏」を食べてみたくて、そしたらマクドナルドの近くに専門店発見。
テイクアウトをお願いしてみました。

最初話しかけたお姉さんは一切察してくれなかったのですが、間に入ってきたお姉さんは、言葉が通じなくても察してくれました。
この旅行では、そういう人間性の違いをよく感じました。
わかろうとしてくれる人とは、何故か通じ合えるもんです。
b0056570_054889.jpg
お姉さんが「文昌鶏一丁~!」みたいなことを叫ぶと、奥から男の人が「あいよ~」という風な返事をして出てきて、鶏を豪快にさばき始め・・。
なんだか大変な量なので、少なめにしてもらいました。
b0056570_0105099.jpg
タレも別に付けてくれました。
でも、ご飯も鶏も、本当はこの写真の3倍位の量です。
b0056570_0132890.jpg
鶏は茹でてあって、やわらかかったです。ただ、小骨があって食べづらい・・・。
美味しい、かどうかは微妙・・・残念(><)
ご飯は普通の白米。(カオマンガイみたいのが食べたかったな~。)


帰りのタクシーは、また一悶着あって、お姉さんのドライバーさんだったんですが、紆余曲折した結果、バス停に連れて行かれ・・・。
b0056570_0415931.jpg
お姉さん、一生懸命紙に書いてくれるんですが、全くわからん(>o<)

言われるがままバスに乗り換え、ドキドキしながらホテルへ帰りました。
無事に帰れて良かった・・。
b0056570_0201886.jpg
バスには車掌さんがいて(写真中央の男の人)、2元均一みたいでした。(約30円)
ローカルな乗り物って、自分たちではまず乗ることがないので、今となってはいい思い出(^^)


帰る日は、安いツアーなので朝5時にホテルロビー集合。眠い。
b0056570_0263065.jpg
早朝の三亜国際空港。
この日もまた肌寒かったです。
b0056570_0274025.jpg
「乗りたければ俺を倒してから乗れ!!」

・・・とは誰も言ってませんが、そういう空想をしてしまう・・(^^;)アホでスイマセン。
b0056570_0291547.jpg
機内で朝食が配られました。
目玉焼きとキュウリとハムが挟んであるホットサンド。
これ、かなり美味しかったです!私の中での”おいしい機内食ランキング”ベスト2にくいこみました!
(ちなみにベスト1は、コンチネンタル航空で出たチキンソテー。)
エアライン好きな人に言わせると↑「ありえない」そうです(;^^)
b0056570_033049.jpg
広州に近づいて来ました。
b0056570_0332329.jpg
広州白雲空港は、新しくてやたらだだっ広い。そして超寒い。異常気象だそうです。

空港で待っててくれたガイドの張さんが、妹の寒そうな格好を気にして、一緒に洋服屋を回ってくれました。おかげ様で妹はマフラーを購入。謝謝。
b0056570_0354211.jpg
ちょっと気持ち悪いほど長く続く天井。
お土産屋さんも数軒ありましたが、やはりお値段は高めでした。(スーパーに比べると約10倍の設定。)
空港ではVISAが使えました(^^)
b0056570_0382820.jpg
オレンジジュースはなぜか粒入り。
毎度配られるお手ふきは、いい香り~♪(妹は嫌がってましたが。)
b0056570_0402349.jpg
広州からの機内食、さすが「食は広州にあり」の言葉通り、美味しかったです。特にキャベツ炒め。
日本そばもありました。ワサビが辛すぎて目に染みました・・。


そして夕方には日本着。
日本も広州同様寒かった・・・。


帰ってきてから、言葉が通じないっていうのも案外楽しかったなー、なんてしみじみ思います。
貴重な体験ができたような気がします。
いつかまた行きたいです(^0^)


<その他雑記>
b0056570_015305.jpg
イケメン水、と勝手に呼んでた水のラベル写真はワン・リーホン(王力宏)。
特に好きでもないんですが、何種類かバージョンがあり、ファンにはたまらん商品。
b0056570_017914.jpg
マクドナルドの紙袋は日本と同じ。
b0056570_0173371.jpg
これは普通のハンバーガー。味も大きさも全く同じでした。
b0056570_024796.jpg
謎の”サーモン寿司”味のポテトチップ。スーパーに売ってました。しかも売れてました!
私はまだ食べてないのですが、本当にサーモン寿司の味がするそうです~。


ちなみに、2009年11月のレート:1元=約14円
広州の空港での両替は手数料取られますが、ホテルフロントでは手数料無しでした。
ホテルの方が、レートが良かったです。

そして、三亜の天気予報は「中国天気」が信用できました。
3日間の予想気温も表示されます。>>>天気予報サイト「中国天気」(中国語)

これから行く方のご参考になれば幸いです(^^)

H.I.S. ハイナン島ツアー
[PR]
by manic-friday | 2009-11-28 00:47 | ★中国・海南島 | Comments(4)
海南島旅行 その3 三亜&大東海
H.I.Sのサービスのひとつに、繁華街までの無料シャトルバスの運行があるのですが、一日に一本しか走らない(><)&前日昼間までの現地予約制で、着いた翌日は乗ることができませんでした。(夜に到着だったので。)
こんなサービス(?)って・・・。
b0056570_0525585.jpg
と、思っていたら、天福源リゾートの専用シャトルバスが出るとのこと。
午前に一本と、午後3時に一本。4時半に帰りのバスが出ます。
しかも「旺豪超市」という大型スーパーの駐車場に停車。便利でありがたかったです(^^)
b0056570_0582927.jpg
このスーパー、外からはわからないのですが、内部はおそろしく巨大。2階建てで、迷子になりそう。
こんなに大きなスーパーには初めて入りました。(アメリカ以上)
手荷物も無料ロッカーに預けたり、または専用バッグ(このバッグほしい!)に入れないと、入店させてもらえないという徹底ぶり。
また、買いに来てるお客の買い方も半端じゃないです。椰子の実の粉は大人気商品のようでした。
ちなみにクレジットカードは使えませんでした。

そして、広州白雲空港で買ったのと同じマフィンが、5分の1くらいの価格で売っており・・・吃驚!
b0056570_111060.jpg
三亜市内へ行く町並みは、まるでカラカウア大通り(なんちゃって)。
看板が中国語なだけで、まさにハワイを彷彿とさせます。
ちなみに天福源から市内繁華街までは15~20分くらいかかりました。

乏しい情報を元に、大東海エリアへ移動。
タイのトゥクトゥクみたいなタクシーに値段交渉。15元(約200円)で成立。
b0056570_154335.jpg
人相もけっこう大事、ということで、できるだけ人相の良いドライバーさんに声をかけるよう努めました。
b0056570_181650.jpg
橋を渡ったりして10分位で大東海地区に到着。
b0056570_185774.jpg
「夏日百貨」というデパートは改装中でした。
しかし、この状態でも中では絶賛営業中!すごい根性だ。
残念ながら特にほしいもの、目を引くものは無かったです。
スーパーもありましたが、先の「旺豪超市」の方が安いし、品揃えも比べ物になりません。
b0056570_1104122.jpg
併設の「夏日美食広場」。
まだ夕方5時前だったので人も少なく寂しい感じ・・。
b0056570_1113742.jpg
デパートの屋上みたいなお店が点在しています。(池袋西武みたい・・・)
すぐさまお兄ちゃんが写真付メニューを持って現れました。英語表記でわかりやすい。
b0056570_1125835.jpg
席に着くと、別のお店(フルーツジュース屋さん)の女の子がメニューを持ってやって来ました。
その子がかわいかったので、パッションフルーツジュースと、パイン&オレンジのミックスジュースを注文。各15元。
b0056570_115544.jpg
妹が別の店で注文してきたチャーハン。(18元=約250円)
これ!めちゃめちゃ美味しかったです。今回のベスト1。
b0056570_1161622.jpg
フライドポテトは冷凍ものか?普通においしい。これも18元。
b0056570_1165859.jpg
よくわからず注文してみたら親子丼でした。
懐かしく美味しい味付け。すごい量でしたが完食しました。18元。
b0056570_1181838.jpg
妹が注文してきた肉まん。
15元。これは手作りか、冷凍か??ふかふかでした。
b0056570_1193034.jpg
ジャガイモの塩炒め。12元。
12元て、約170円なんですが、芋の立場は・・・。しかも2人前はある量です。
こんなにおいしくて、こんなにたくさん、中国万歳。

しかし流石に食べきれないので、最初のお兄ちゃんに持ち帰りをお願いしてみました。
(紙に「おなかいっぱい、持ち帰りたいです」とアヤシイ北京語で書いてみた。)
b0056570_122865.jpg
嫌な顔ひとつせずに包んでくれて、袋にまで入れてくれて、親切にしてもらえました。謝謝~!
(翌日食べました^^)

そしてまた三亜市内のスーパー前に戻りました。
b0056570_1234829.jpg
「歩行街」という賑やかな通り。
夜になって涼しくなったからか、人で溢れていました。ちょっと台湾の夜に似てました。
b0056570_1254694.jpg
こういう感じのいかにもチャイナな土産物が並んでいます。
違いを探すのが難しいくらい同じ商品陳列。
赤い提灯は買ってしまいましたが・・・(どんどん部屋のインテリアがおかしなことに。)
b0056570_127850.jpg
食べ物の屋台もいっぱい!
大通りしか歩きませんでしたが、路地も楽しそうでした。

さあ、ホテルへ帰りましょ、とタクシーにホテルの住所を見せてお願いしたら、まさかの乗車拒否!しかも5連続!!
言葉が一切通じないので、理由もわかりません(;_;)
日本語はもちろん、英語もダメ。完全にアウェー状態。

だんだん”帰れるのか・・?”という不安に駆られ、心細くなってきたところに、ユーリ・アルバチャコフ系の眼光鋭いお兄ちゃん登場!この際、人相が云々言ってられません。

「天福源?聞いたことねぇけど、行ってやるよ!乗んな!ただし40元な!」ってな感じで行っていただけることに。(相場は30元らしい)
彼が神様に見えました。
b0056570_128216.jpg
そしたら、海南爆走族と呼びたいくらいの暴走野郎で、バスにもクラクション鳴らすわ、対向車線を突っ走るわ、しかしハンドルの切れは良く、危険な安全運転で、かなり楽しめました。

このお兄ちゃんが随分頑張って飛ばしてくれたので、チップをはずんで計50元渡したら、一瞬驚いて、「お釣り忘れてるよー!」と。(多分)
日本語で「お礼だから受け取ってください。こんな遠くまでありがとう。」と言ったら、ニッコリ笑ってくれました(^^)何故か通じた☆

「リーベンレン?(日本人か?)」と聞くので、そうだと答えたら、「謝謝!謝謝!」と言いながら、爽やかに帰っていきました。
こちらこそ謝謝でした(^0^)

部屋に着いてから鏡を見たら、
b0056570_1394713.jpg
風切って乗って来たので、えらい乱れ髪。
実際はもっとボッサボサ・・・。


妹はあまりにも言葉の壁が分厚いことに疲れ果て、10時前には寝てしまいました。
b0056570_143196.jpg
私は、大東海の道で行商のおばちゃんから買ったマンゴーを冷蔵庫で冷やして、お風呂上りに食べました。
2個で5元。(約70円)
b0056570_1451029.jpg
手で皮を剥いたら、ちょうどいい感じに完熟☆
マンゴー丸かじりは一心不乱になります・・・種の周りまで全部、とっても美味しかったです(^^)


H.I.S. ハイナン島ツアー
[PR]
by manic-friday | 2009-11-25 01:47 | ★中国・海南島 | Comments(6)
海南島旅行 その2 「天福源リゾート三亜」
H.I.Sの海南島ツアーでは最低価格の設定のホテル、「天福源リゾート三亜」。それでも中国の中では三ツ星なんだそうです。
あまり情報が無かったので、どんなもんだろーと思って行ったら、なかなか快適なホテルでした。(基本的にはどこでもOK ^^)


b0056570_035535.jpg意外と広めの客室。
床はタイルみたいな感じです。スリッパがありました。あと体重計も。

b0056570_0355869.jpgビーチタオル、バスローブ完備。
バスローブ着て海まで歩き回ってる人、多数見かけました。(主にロシア人と中国人)

b0056570_0373059.jpgマッハでお湯を沸かす湯沸かし器に感動。
ジャスミン茶と紅茶のティーバッグがありました。
水のペットボトルも毎日2本サービスでもらえました。

b0056570_0392979.jpgこういう椅子が部屋にあると、なんか嬉しい(^^)

b0056570_0401152.jpg拡大鏡まで備え付けてある洗面台。
壁一面が鏡なので、朝とか女二人で使いやすかったです。


b0056570_0414548.jpg泡立ちの良い石鹸。歯ブラシ、櫛、綿棒、シャワーキャップもありました。

b0056570_043741.jpgドライヤーも風力強めで満足。

b0056570_0434213.jpg気になってたコンセントの形状はC型とO型でした。

b0056570_0443550.jpgそしたら、日本と同じA型にも対応してました!
帰る前日にそのことに気付きました~。

b0056570_046930.jpgベランダもありました。
主に洗濯物を干してました。

b0056570_047710.jpg見える景色は、残念ながら三亜空港&山。
神経質な人には飛行機の離発着音が気になるかも?
あと、ホテルの壁自体が薄いです。上階や廊下の音などけっこう響く。。。

b0056570_0495821.jpgエレベーターホールの窓の装飾。

b0056570_0505510.jpg朝食会場はテラス席もあり。

b0056570_0553352.jpg朝食ビュッフェは現地でガイドさんに申し込んだら70元(約1000円)だというのでお願いしました!
直接ここで支払う場合は78元。ガイドさんに感謝です(^^)
万人受けするようなメニュー構成。パンの種類多かったです。生野菜も。

b0056570_0564374.jpgなぜかサツマイモ。

b0056570_0571168.jpgなぜか茹でカボチャ。


b0056570_0574665.jpg卵料理は3種類の中から作ってもらえます。


b0056570_0582255.jpgスクランブルエッグにしてもらいました。


b0056570_059952.jpg何度もお替りしてしまったおかゆ。
トッピングの辛い豆腐よう、ザーサイもおいしい。


b0056570_10233.jpg黒米おかゆもありました。

b0056570_114981.jpgベトナム風フォー。
いや、それ入らないから!って位、菜っぱを盛られ・・。スープおいしかったです。



次の日は全体的にメニューに変化がありました。やるな天福源。

b0056570_132438.jpgプールサイドへ行く道。
ロシア人カップルが記念撮影しまくってました。

b0056570_142428.jpg
プールは中位の広さ。
子供用もありました。大人用180cmの深い部分もあり。


b0056570_163460.jpgプールサイドには彫刻が数点。

b0056570_171972.jpgプールサイドから海へ出る小道。

b0056570_175850.jpgここにも密かに彫刻。
お熱うございます。

b0056570_185293.jpg
道路を挟んですぐビーチです。
b0056570_191763.jpg
車がビュンビュン通るので要注意な道。
b0056570_194663.jpg
海を見るための展望台もありました。
b0056570_1103990.jpg
天福源プライベートビーチ。
デッキチェアなど無料。快適~。
b0056570_1115290.jpg
海の家風な売店と、マッサージ屋さんがいました。盛況でした。
b0056570_112102.jpg
海の水は透明ではなかったです。
ここ、海南島はハワイと同緯度らしいんですが、気温のみならず海もワイキキと同じ感じでした。
海水温度は年間通して25度くらいあるそうです。寒い日でも海水は温かいらしい。
ちなみにこの日の最高気温は30度。暑かったです。



b0056570_1143766.jpgプール横に、水着で入れる温泉があります。
泳いだあとの身体が温まります(^^)


b0056570_1155583.jpg


夜のプールにも行ってみました。


b0056570_1162134.jpg
夜も人が入ってました。
昼はロシアの人だらけでしたが、夜は中国の人が多かったです。
夜11時半までOKらしい。

b0056570_118750.jpg感動はお風呂のお湯も温泉水だという点。
ほんとか~?という気もしますが・・・まあ、真実なんでしょう。
バスタブにお湯はって、のんびりできました(^-^)


このホテルでこれだけ満足できてたら、HISの取扱いで最高ランクのリッツ・カールトンなんて、どんなに極楽なんだろうか・・・気になります。

天福源リゾート三亜 ホームページ 

実はこのホテルには、角質を食べる小魚がいるのですが・・・。

続きはこちら。(キモイですよ。。。)
[PR]
by manic-friday | 2009-11-23 01:42 | ★中国・海南島 | Comments(8)
海南島旅行 その1
11月15日~18日まで、中国の海南島へ妹と遊びに行ってきました。
H.I.Sで、7月の安い時期に予約してました。(燃油込29,800円でした!)
初めて行くのでドキドキ~。
b0056570_0515038.jpg
成田より中国南方航空です。列は3・4・3で満席状態。

この南方航空、なんと、枕とブランケットが無い・・・。
ブランケットはお願いしたら持ってきてもらえましたが、枕はビジネスクラスのみらしい。むむ~~。減点1だなぁ。
b0056570_0553796.jpg
トマトジュースも無いので、目についた「桑の実ジュース」を飲んでみました。
葡萄ジュースみたいでしたが、なぜかクッキーの香り。
b0056570_0564845.jpg
機内食。ご飯、のり巻き、蕎麦にパンです。どうしろと・・。
そしてまさかデザートが無いなんて・・・。無いものばかりの南方航空・・・。(無いものねだりをしてはいけませんが。)
ちょっとガッカリしながら、食後はふて寝しました。
b0056570_0582992.jpg
事前に成田で渡されていた南方航空のステッカー。
乗り継ぎ時に、これを胸に貼りなさいとのこと。


4時間経って広州白雲空港に到着しました。
b0056570_0594125.jpg
係のお姉さんが待っていてくれて、海南島行きの人々を集めて、国内線へ乗り継ぎの誘導をしてくれました。
b0056570_104721.jpg
広い空港内を歩きまわって、更にバスで移動したり・・。
b0056570_11633.jpg
エレベーターに乗ったり・・・絶対に個人では不可能だと思いました(>o<)
b0056570_12315.jpg
南方航空・海南島行きに無事乗り込み(列は3・3の小型)、ロビーで購入しておいた水とマフィンを撮影。
(この二つで30元(約420円)・・・超がつくほど高いということは、この時はまだわかっていなかった。)
b0056570_154559.jpg
機内で配られた水。その名も「火山岩」。強そうだー。
b0056570_162619.jpg
1時間後、海南島に到着。
タラップを降りると、ムワッと暑い空気。
小型バスに乗って約10分~15分くらいで今回の旅のホテル、「天福源リゾート」へ。
b0056570_1111051.jpg
移動中、ガイドさんがH.I.Sの特典を配ってくれました。
意外と大きい詰め合わせで、ちょっとビックリ。でも嬉しい(^0^)

>>>続きます。
[PR]
by manic-friday | 2009-11-20 01:14 | ★中国・海南島 | Comments(0)
スーパー「旺豪超市」@三亜市内
b0056570_2252018.jpg

今日はなんだか一日中曇り空で、肌寒かったです(*_*)

繁華街にある巨大なスーパー「旺豪超市」は、アメリカンな広さ。
(もしかするとアメリカのスーパーより大きいかもしれません…。)

楽しいので、昨日に引き続き今日も行ってしまいました。
何もかもが信じられないくらい安いです。
ザーサイの小袋ばかり山のように購入してしまい・・・ひとりザーサイ祭。

4日間とはいえ賞味2日間の安近短旅行なので、明日にはもう帰りま〜す(^O^)
[PR]
by manic-friday | 2009-11-17 22:52 | ★中国・海南島 | Comments(0)
海南島
b0056570_14113443.jpg

昨日から中国・海南島へ、旅行に来ています。

ビーチはロシア人ばかりで、ここが中国とは思えません…。不思議な風景です。
[PR]
by manic-friday | 2009-11-16 14:11 | ★中国・海南島 | Comments(2)
AX