カテゴリ:★青森( 16 )
冬の青森 途中下車
函館を13時台に発ち、特急スーパー白鳥で青森で途中下車。
青森へ立ち寄れることが、このプランの最大の決め手。(JRよ、ありがとう~♪)
b0056570_22561935.jpg
青森駅のホームは函館よりも積雪量が多かったです。
(この旅行後、酸ヶ湯温泉で積雪量過去最高記録を樹立。)
b0056570_230423.jpg
歩いて向かった先は「A-FACTORY」。
外は吹雪ですが中は明るく温かく営業中。
でも、また飲みたいと思っていたスープのお店は消え失せてました。。。
b0056570_2314152.jpg
アップルスナックと青森シードルを購入。
青森シードルはほんとにおいしい(^▽^)
シャイニーのアップル缶を初めて見つけたので買いましたが、重さに負けて一本のみ・・・私の根性ナシ!!(現在大後悔中)
b0056570_2333058.jpg
前回買わないで後悔していた「”木村さんの奇跡のリンゴ”のジャム」を買えました。まだ開封してませんが、楽しみだ~~。

青森駅へ戻ったら、人々がザワザワ・・・。
秋田~弘前間が雪でストップとのこと。
幸い新青森駅までは”青い森鉄道”が臨時で運んでくれるというので、ホッとしました。(いざとなったらバスも出る模様です。)

安心したのでアップルパイを買いに行ったら見当たらなくて、お土産屋さんの方に聞いたら「明日からなんですよ~」と。むむー残念無念。
b0056570_2372176.jpg
無事、新青森へ到着。改札外へ出させてもらって、1階のお土産屋さんフロアへ。
b0056570_2344080.jpg
鰺ヶ沢のアップルパイのお店が来ていました。
りんごたっぷりでさすがにウマイ。(だけど、皮が私好みではなかった。。。
b0056570_2385092.jpg
帰りの『はやて』はE5系でした。初。
b0056570_239187.jpg
確かに新しめ。お手洗いも良かったです。
b0056570_239475.jpg
母は車内で、函館の「青葉鮨」(着いた時にも食べたお店)で帰りに購入したバッテラを食べ・・・
b0056570_2311336.jpg
私は新青森で購入した、八甲田牛の牛めし弁当。
b0056570_23114666.jpg
ご飯にタレが浸みてておいしいです。長野のにしてもこういうのが好きだなぁ。
・・・って最近ほんとに男子中学生化していてイヤになります(;^^)

そんなこんなで一泊二日でしたが、雪国の厳粛な寒さを体感できて良い経験になりました。
住んでる人の大変さが少し理解できた気がします。。。
宮脇俊三氏の教え通りでした☆
[PR]
by manic-friday | 2013-03-04 23:15 | ★青森 | Comments(0)
日帰り青森:霊場恐山 その3
b0056570_22552860.jpg
瓦礫の山の上に立つお地蔵様。
曇り空だったらちょっと怖いかも~。
b0056570_22562792.jpg
遠方へ目をやると、珍しい風景。
歩いてる人も見えました。あっちまで行けたんだなぁ。

b0056570_2258320.jpg
地獄巡りから出て、今度は宿坊の建物の横から裏へ。
b0056570_22585084.jpg
恐山温泉はここにも。「花染の湯」です。
b0056570_22594551.jpg
こちらは何と、混浴!
誰も入っていないようだ。。。
b0056570_2302937.jpg
混浴だからか、湯船がひとつ多い。
見た感じは先ほどのと同じようです。
b0056570_231296.jpg
足だけ浸かってみました。少しぬるめ。
足の甲をものすごく日焼けしてることが怖い。

そして外に出ました。
b0056570_2325250.jpg
入口の横で売ってる「合掌 霊場アイス」。
行きの時から気になってはいました・・。
b0056570_2333720.jpg
バナナ味。まるでシャーベットのようにサラサラでおいしい。
暑いので、食べるより早く溶けていく~~!
これも盛りが良いので、食べきれず・・・。なんかもう重ね重ね申し訳ない気持ち

15時55分のバスに乗って、JR下北駅に戻りました。
乗客数が、ここへ来た時よりもものすごく少なかったです。
b0056570_237454.jpg
JR下北駅到着~。
b0056570_2373883.jpg
駅前に”まさかりプラザ”というお土産屋さん発見。
時間があったので寄ってみました。
(この後は列車接続の時間不足でお土産買えなかったので、ここで買えて良かったでした。)
b0056570_2310114.jpg
JR下北駅ホームより見える風景。
ジャングル化してる線路脇・・・。
b0056570_23105598.jpg
17時頃、ローカル線のJR大湊線が来ました。これで野辺地駅まで。
b0056570_2312094.jpg
野辺地駅からは青い森鉄道に乗って、八戸まで。
帽子の構造がよくわかりませんが、このキャラかわいい(^0^)

八戸が終点で、眠りこけてた私は駅員さんに起こされて助かりました!
危うく日帰りできなくなるところでした。新幹線への乗り換えに慌ててダッシュ!!

八戸からは東北新幹線で上野まで。
降りた瞬間、車内に、買ったお土産を置き忘れたことに気付き、東京駅まで行って無事引き取ってから帰りました・・・。
b0056570_2323180.jpg
私の大好物「アップルスナック」紅玉使用のピンクの袋が発売されてました。新青森駅で購入。

恐山、また行きたいかどうかはちょっとアレですが、疲れながらも楽しい日帰りでした(^0^)
幼少期からの夢が叶って、個人的には大満足の旅でした~v(^皿^)v
行く機会をくれたJR、ありがとう!!という感じです。
b0056570_23245883.jpg
ちなみにバス内で聞いたアナウンスによると「恐山の名前の由来は、”宇曽利湖”の”宇曽利(ウソリ)”が訛って、”恐(オソレ)”となったと言われています」とのこと。
実はあまり恐ろしくはない、恐山だったのでした~(^0^)
[PR]
by manic-friday | 2011-07-16 23:21 | ★青森 | Comments(6)
日帰り青森:霊場恐山 その2
b0056570_224588.jpg
外観撮り忘れましたが、「蓮華庵」という食堂。
すぐ近くにはお土産屋さんもあり、供養のための風車や、手拭いはそちらで買えるようです。
b0056570_227323.jpg
他に誰もお客さんいなかったのですが、とても清潔感のあるお店で、店員さん達もお優しい(^^)
b0056570_2283335.jpg
メニュー。ご飯ものと甘味が同料金とは・・。
ラーメンは「あっさり醤油味」らしいです。
b0056570_2293282.jpg
暑い中気合を入れるため、カレーにしてみましたらば、すごい盛りだ~~。ご飯の量が多い・・・。
カレーは辛すぎず、美味しかったです。
ここのお水も湧き水だそうで、まろやかな甘みが特徴的でした。

そして、やはり食べきれず、店員さんのお許しを得て残してしまいました。。。霊場で罰当たり(><)

b0056570_22144712.jpg
さてさて、お腹が膨れてやっと入山です。
大祭の時はここに人が溢れるようです。(写真で見た)
b0056570_22162356.jpg
途中に「イタコの口寄せ」立て看板が。
中は見ませんでしたが、声も聞こえませんでした。
いらっしゃったのかどうか。。。
b0056570_22173828.jpg
山門前のお地蔵様と風車。
意外と明るい雰囲気だなぁ・・と思って内心ビックリ。

b0056570_22185866.jpg
山門を通る前に、左側に温泉がありました!
b0056570_22194229.jpg
この恐山温泉に入ることも目的のひとつ。このためにタオル持参。
b0056570_22203297.jpg
誰もいませんでしたが、誰か入った形跡あり。(まさか、霊!?)
エメラルドグリーンの強酸性湯で、草津を彷彿とさせます。ウキウキ♪
湯船に入ると、湯の花が舞い上がり、ものすごい気持ちいい(^^)
誰も入って来なかったので、貸切状態でした。

b0056570_2224327.jpg
お清め後、本堂へ。
恐山菩提寺は曹洞宗のお寺で、ご本尊は地蔵菩薩。
巣鴨・とげぬき地蔵に近いものがあります。

b0056570_22282115.jpg
本堂の横に地獄巡りへの入口がありました。
歩き回ると、無間地獄や賭博地獄、塩屋地獄etc.色々な地獄を見ることができます。(正直、違いがわからない ><)
b0056570_2229751.jpg
荒涼とした景色が続く。
しかし、青い空、白い雲、緑の山々・・・とっても爽やかだ~恐山ー。
b0056570_2231140.jpg
たまにこういうのも。
石に埋もれてしまってます。
b0056570_22314154.jpg
血の池地獄、なんですが、成分が変化しちゃったのか、赤くありません。。。残念ね。
b0056570_22342452.jpg
宇曽利湖というカルデラ湖。
とてもきれいな浜辺です。
b0056570_22351180.jpg
ここが賽の河原らしいです。風車が勢いよく回って、乾いた音を出してました。
b0056570_22361436.jpg
せっかくなので、私も石を積んできました。
鬼に壊されちゃうのかな~やだな~。

というか、ここの石の性質上、すごい積みにくかったです。
もっと滑らかな石なら良かったんだけどね・・。

<その3に続く>
[PR]
by manic-friday | 2011-07-16 22:39 | ★青森 | Comments(2)
日帰り青森:霊場恐山 その1
b0056570_21155614.jpg
古い漫画、「うしろの百太郎」。
小学校1.2年の頃に初めて読んでから、青森県の恐山は憧れの地に。
b0056570_2116377.jpg
ヒィィ~~こんな怖いところが日本にあるなんて~~~、と、ずっと思っていました。

しかし、行くには¥も時間もかかるなぁ・・・というのが悩みでしたが、この度東北新幹線のダイヤ改正に伴い、日帰りが可能に!!
折り良く「JR東日本パス」が発売されていたので、それを利用して日帰りチャレンジしてきました。
周囲の人にも声をかけてみたのですが、皆行きたがらないので一人旅(;^ー^)
b0056570_21232267.jpg
朝6時30分過ぎ、上野駅から東北新幹線(平日なのに満席!)で新青森まで行き、”リゾートあすなろ下北1号”に乗り換え。
(「JR東日本パス」は乗り降り自由のフリー切符ですが、指定席は2回までしか乗れないので、この指定席券は別に購入しました。)
b0056570_21355070.jpg
リゾートあすなろ!
リゾート列車に乗るのは実は初めてかも。
b0056570_21395797.jpg
指定席とは別に展望席があります。
b0056570_21363430.jpg
ハイブリッド車だそうです。
b0056570_2137574.jpg
座席が大きくて、広くて、快適な車内。
b0056570_21373948.jpg
モニターで進行方向の映像が見られます。
b0056570_2139314.jpg
楽し~い(^0^)
b0056570_23421189.jpg
新青森駅で買った”りんごっポギャバ”という、りんご酢ドリンクを飲みながら。普通にうまい。
b0056570_21414494.jpg
浅虫温泉を通りました。いつか来たい。

途中、野辺地駅でスイッチバックして、一路下北半島へ。
b0056570_21424716.jpg
はるばる来たぜ下北~。

駅前に停車していた下北交通バスに乗り、恐山へ。バス代は750円で、後払い制。
b0056570_21451690.jpg
バスも満員でした。
b0056570_21454477.jpg
アップダウンを繰り返し、途中、”冷水(ひやみず)”という停留所で停車。

ここの湧き水には言い伝えがあり、「一口飲めば10年、二口飲めば20年、三口飲めば死ぬまで若返る」と聞けば、飲まないわけにはいきません。しっかり三口飲んで参りました~。
(ちなみに、”飲まなくても、この話を聞いた人は3日寿命が延びる”そうです!)
b0056570_21484439.jpg
バスに揺られて約40分、憧れの恐山にようやく着きました。
入山料500円を払って、入山します。

・・・と、その前に私は食堂へ入ったのでした~。
<その2へ続きます>
[PR]
by manic-friday | 2011-07-16 21:51 | ★青森 | Comments(0)
恐山
b0056570_16221043.jpg

JR東日本パスを利用して、日帰りで青森県の恐山に来ています。

下北半島まで来たのは初めて〜。
[PR]
by manic-friday | 2011-07-13 16:22 | ★青森 | Comments(2)
日帰り青森:A-FACTORY
b0056570_1461434.jpg
青森駅と「八甲田丸」の中間にあるお土産屋さん「A-FACTORY」。
新幹線開通に合わせて昨年12月にできたばかりで、以前は無かったので、楽しみにしてました(^^)
b0056570_1482215.jpg
とりあえず、パン屋さん”ブーランジェリー セブール”でパンを買い、奥の”アオモリスープ”屋さんのスープで一服。
b0056570_149476.jpg
橋を眺めながら。
b0056570_1503026.jpg
左:雪中人参のポタージュ。    右:青森ホタテのチャウダー。
この、人参ポタージュ、ものすごく好きな味!!!
あ~~また飲みたい(´q`)
b0056570_15240100.jpg
クロワッサンは表面が甘かった。
b0056570_153970.jpg
なんと”田酒”の酒粕使用のあんぱん!青森ならではです。
ほんのり日本酒の香りがして、美味しかったです。
b0056570_1543151.jpg
りんごのラスクも売ってました。
レジにあった”木村さんのりんごジャム”を買っておけば良かった・・と、相方は激しく後悔。
b0056570_15604.jpg
天井が高くて、オシャレな倉庫風建物。
青森は本当に素敵だ~(´∀`)
b0056570_1572674.jpg
ここの一押しは「シードル」。
工場も兼ねてるそうです。
b0056570_158121.jpg
”ノンアルコール”のと、”SWEET”を買ってきました。
泡がクリーミーで、りんごの風味が日本的。
外国製のシードルとは一線を画す味わいでした。
b0056570_20950.jpg
店員さんも色白美人さんがやけに多かった気がします(^^)
毎日通いたい!A-FACTORY!!

b0056570_212651.jpg
夕方4時半には新青森駅へ移動。(青森~新青森間は在来線で約5分。)
b0056570_22284.jpg
駅構内にある棟方志功への巨大なオマージュ作品。
また、1階にはお土産屋さんが入っていて、とても楽しい(^^)
追加で色々購入してしまいました。
b0056570_253765.jpg
待合室も新しいからキレイで、うれしい。
b0056570_26945.jpg
駅弁を買って帰りの「はやて」に乗り込みました。
相方の「田子にんにく スタミナメガ弁当」。ズシッと重い。
美味しかった模様。
b0056570_272213.jpg
私の「りんにん豚 焼肉二段弁当」。
かなりうまうまです!さすが、豚の味が違う!また食べたい(^~^)

青森へは仕入れに行ったの?と聞かれるほど、お土産(というか、おやつ)を買ってしまいました。
おそるべし青森。
b0056570_294397.jpg
JR青森駅構内で売ってたアップルパイ。
ハートのアップルパイ、チーズアップルパイと全部で3種類。どれもうますぎる~。がるる。
b0056570_211881.jpg
基本的に食べ物ばっかり。
(もしかしたら飯田橋の「北彩館」でも買えたのかも・・。)
b0056570_212985.jpg
りんごりんご~♪♪♪
近所のスーパーでは見かけない、小ぶりなりんごは「清明」と「安祈世(あきよ)」。各100円。(2個入り)
まだ食べてませんが、楽しみです!

あ、あとシャイニーの品揃えがイマイチで残念でしたっ(><)



JR往復新幹線 びゅう日帰りツアー
3月31日までの設定です(^^)また行きたいなあ。
[PR]
by manic-friday | 2011-03-08 02:15 | ★青森 | Comments(4)
日帰り青森:青函連絡船「八甲田丸」
b0056570_23302649.jpg
青森駅近くに停泊している懐かしの青函連絡船「八甲田丸」に行ってみました。
見学料は500円也。
b0056570_23314511.jpg
「八甲田丸」は、最後の青函連絡船だったそうです。
(現役時代一度も乗ったことないです。)
海に浮かんでるわりには揺れない。大きな船だから?
b0056570_23332492.jpg
国鉄時代の「JNR」のロゴが。
b0056570_2334635.jpg
私の好きな錦玉子のような色の組み合わせ(^^)
b0056570_23344363.jpg
表示など当時のままです。
b0056570_23351519.jpg
一等グリーン座席。
リクライニングして、なんと快適な船の旅♪
(桟敷席みたいな普通の席も、楽しそう♪♪)
b0056570_23365839.jpg
今、函館へ向かってます、な写真。
b0056570_23374869.jpg
客室外の廊下はレトロな感じ。
b0056570_23385297.jpg
ドアには南京錠が。
b0056570_23392221.jpg
船長室には船長(人形)がいました。下向きで暗い・・・。何かお悩みでも・・??
b0056570_23401932.jpg
操舵室。計器がたくさんあって楽しい!
b0056570_2341345.jpg
上の方にスローガン「余裕ある操船」。いや、まったく。
b0056570_23413768.jpg
望遠鏡は現役。
b0056570_23421289.jpg
エレベーターで一気に地下へ。
この船には電車が積まれているのです~。
b0056570_2343099.jpg
郵便列車。時代を感じます。
b0056570_23433069.jpg
おっ、こんなところに船長さんのお写真が。なかなか憂いを帯びた表情だ。。。
b0056570_23442966.jpg
一体何両積んであったのか。電車だらけ。
b0056570_2345950.jpg
外から入ってきた車両を締結するやつ。
b0056570_0304946.jpg
うわわ、懐かしい車両!
b0056570_23491181.jpg
キハなんとか、という今では貴重な車両だそうです。鉄道ファンにはたまらないのでしょう。
b0056570_23502756.jpg
船のおしり部分。床にはレールが。
ここが開いて、青森駅から線路が繋がり、この中へ車両を引き入れます。

b0056570_23513599.jpg
工場萌えならぬ、動力萌え~。
本来稼動している時には絶対見られない部分。面白い。

ここが見学の最後の場所で、階段を上がると入口ロビーでした。
予想してた以上にすごい楽しかったです(^^)
b0056570_23552334.jpg
その昔、青森駅から続いていたレールはここから船へ。
出航前にこの作業を見るのが好きだった・・・とは宮脇俊三氏。
著作にも度々青函連絡船が登場しますが、今回、氏を偲びながら足跡の一部を辿ることができて感激。

b0056570_2359219.jpg
そういえば、船の窓から見えた、海近くの謎の電車。
b0056570_011299.jpg
廃墟のような様相で、ちょっと怖かったですが、夏は休憩所になってる・・・のか??(ホントに??)
以前北海道で走ってた電車だそうです。
b0056570_024764.jpg
この日は雪に埋もれ・・ベンチもしっかりと埋もれてました(^^)


メモリアルシップ 八甲田丸 ホームページ
[PR]
by manic-friday | 2011-03-07 00:04 | ★青森 | Comments(2)
日帰り青森:のっけ丼@青森魚菜センター
”三内丸山遺跡”から、今度は市営バスに乗って”古川”で下車しました。
b0056570_1262023.jpg
昼食はここ、「青森魚菜センター」。通称「古川市場」。
旅行の中に「のっけ丼」1,000円分のクーポン券が含まれています。
b0056570_1284178.jpg
水のペットボトルも1本無料でもらえました。
カーリングウォーター(?_?)←味は普通の水でした。
b0056570_1304072.jpg
市場の方々が何かと面倒を見てくださり、荷物を置かせてもらって市場内をうろうろ。
b0056570_1321676.jpg
食べたい食材を見つけたら、白飯(100円)を丼に入れてもらいます。
b0056570_1331049.jpg
定番素材から旬の素材まで色々あります。
値段・量は店舗に寄って違うので、お店の名前を覚えておかないとわからなくなる(><)
b0056570_134465.jpg
注文すると、お店の方が丼に乗っけてくれます。
b0056570_141549.jpg
ホタテ専門店もあります。
市場の方々からは、ネイティブな青森弁(津軽弁?)をチラッと聞くことができます(^^)

で、できたのがこちら。
b0056570_1354614.jpg
相方の丼。ウニ、中トロなど。50円オーバーしてました。(現金払い)
うまいうまいと、第二弾も食べそうな勢いでした。
b0056570_1373761.jpg
私の丼。玉子、サーモン、平目、たらこetc.。ピッタリ1,000円。
b0056570_138346.jpg
写真手前のズワイ蟹は1本300円でした。
普段は蟹を食べないくせに、ここまで大きいと食べてしまいましたっ。もちろん美味しかった(^^)b

しかし、最後は丼にトビっ子、イクラ、たらこばかり残って「魚卵丼」に。。。高コレステロール・・・。

ちなみに食べる場所に醤油、ワサビがあります。
温かい麦茶のセルフサービスもあり、満足満足(^0^)

帰り際、さきいかや、かわはぎ等購入。
親切にしていただいた方のお店では買う物が何も無く、申し訳なかったです・・・お許しをm(_ _)m
b0056570_1443635.jpg
大通りにはこんな立派な看板が。
裏通りから向かったので、最初違う市場へ入ってしまいました(;^ー^)
表通りから行けばよかったのね~。
[PR]
by manic-friday | 2011-03-06 01:46 | ★青森 | Comments(2)
日帰り青森:雪の三内丸山遺跡 sanpo
b0056570_23554124.jpg
先日、東北新幹線「はやて」で青森県まで日帰り旅行に行って来ました。
「びゅう」プランで往復13,000円也。
(話題の「はやぶさ」は本日5日発進ですね~(^0^))
b0056570_235876.jpg
在来線のレールと交差する形になってる新青森駅。
午前10時に到着。降り立ったら早速、吹雪が出迎えてくれました~。

バス「ねぶたん号」にて「三内丸山遺跡」へ。約10分で着きました。
b0056570_002395.jpg
2年前にも来たのですが、雪の中の遺跡を見てみたかったのです。
b0056570_0303416.jpg
わーい、雪で真っ白!
b0056570_022738.jpg
以前と同じポーズで撮ってみました(^^)
b0056570_03731.jpg
細かい発泡スチロールのような、こんな雪を体験したのは初めて。あまり濡れないことに驚き。

他に観光客もいなくて、しんしんと雪が積もる遺跡を満喫しました。
b0056570_042179.jpg
竪穴式住居(大)の、内部は寒くない。すごい。
b0056570_05585.jpg
縄文時代も雪は降っただろうな~、と住居(小)の中でしみじみ。。。(狭くて落ち着く・・・。)

一通り見学した後、「縄文時遊館」へ。(内部撮影OK)
b0056570_08119.jpg
内部、リニューアルしてました。
FFの”クリスタルの部屋”みたいな部屋が。クリスタルのテーマが頭の中を流れます。
b0056570_091710.jpg
あるのは発掘された柱木。
5000年前の木が形をとどめて出てきたって、本当にすごい。
b0056570_01023100.jpg
ラスボス、ならぬ土偶。神々しい。
b0056570_01107.jpg
釣針は5500年前からこの形なんだなぁ(^^)
他、色々わかりやすく展示されていて、以前とガラリと趣が変わってました。
この施設も遺跡も、入館無料だってことが本当に驚きです。
b0056570_012474.jpg
同じ建物の中にあるお土産屋”北彩館”へ。
シャイニー銀のねぶた缶と、うまいジュース(メーカー忘れた)を買ってその場で飲みました。
うまいジュースは酸味が少なくて甘くておいしい。私は好きです。
ただ、パッケージをもう少し改良した方がよいのでは!?(大きなお世話か・・)

この後、青森駅方面へ向かいました>>>
[PR]
by manic-friday | 2011-03-05 00:16 | ★青森 | Comments(0)
青森県立美術館~三内丸山遺跡
いいかげん青森紀行も終わらせようと思います(;^-^)
前回の記事、黒石から移動して、弘前から”特急つがる”で青森へ。
途中、来年開通の新幹線の、新青森駅が見えました。
b0056570_2314158.jpg
なぜか平仮名表記の「あおもり駅」。
b0056570_2321676.jpg
さすが、駅付近にリンゴ屋さんが。いい香りです。

大荷物をコインロッカーに預けて、バスに乗り「青森県立美術館」へ。
b0056570_2333414.jpg
20分ほどで到着。
真っ白いオシャレな建物は、建築家・青木淳氏の作だそうです。
b0056570_2342220.jpg
青森県立美術館のロゴマーク。日が暮れると青く光って、それはまたキレイでした!
b0056570_2351567.jpg
このフォント、ほしい~~。適度に角ばった感じがグーです。(このフォントで全て統一されてました。)

充実のミュージアムショップで衝動買いした後、カフェ「4匹の猫」へ。
b0056570_236464.jpg
どこまでもオシャレな空間。
b0056570_2382859.jpg
傘立て。シンプルなんですが機能的。
b0056570_23115155.jpg
セットメニューのスープとサラダ。あとライスも付いてます。
b0056570_23121478.jpg
豚バラ肉の炙り焼き アップルソース。
バルサミコがいい味。これは家でも作れるかも??

食後、常設展を見ました。
b0056570_23142895.jpg
奈良美智の作・あおもり犬。ちなみにこれは無料で見ることができます。

常設展では石井康治というガラス作家の方の作品があったのですが、すごかったです。
惜しまれつつ急逝されたそうです。ミュージアムショップで作品売ってました。ほしい。。。

他にも青森にゆかりのある芸術家の作品がズラリ。棟方志功、寺山修二などなど。
そして美術館スタッフのユニフォームはミナ・ペルホネンでした!水色と茶色の2種見ました。
入口にあるシャガールの超特大作品も見応えありました。(そこも無料ゾーン)

b0056570_23181663.jpg
てくてく歩いて隣の「三内丸山遺跡」の”縄文時遊館”へ。
色々な展示があり、楽しかったです。
b0056570_2319401.jpg
石器で紙は切れるか?という試み。黒曜石が石器の形になってました。
b0056570_23202216.jpg
うふふ~切れました(^◇^) 
これで魚をさばいたり、毛皮を剥いだりしてたわけで・・・スゲェ!石器!!という感じです。
b0056570_2330597.jpg
外に出ると縄文時代の街並み(?)が再現されてました。
b0056570_23214944.jpg
たくさんありました!
b0056570_23222754.jpg
竪穴式住居(小家族タイプ)。なんだかいいなぁ。
b0056570_23232399.jpg
大人のお墓があったであろう場所はススキ野原になってました。
b0056570_23241467.jpg
未だに用途が解明されていない櫓のような建造物。
栗の木でできてるそうです。昔はすぐ近くに海があったそうで、見張り台説が有力?
b0056570_23294572.jpg
縄文式土器モチーフの水飲み場。
この遺跡の目玉、”板状土偶”はどこかの博物館へ出張中で、レプリカで残念~(;_;)


満喫した後は、バスで青森駅へ。
特急”スーパー白鳥”で八戸へ移動。
b0056570_2333166.jpg
JR八戸駅の夜は早い・・・夜7時にはどこも閉店です。巣鴨か!
b0056570_233578.jpg
新幹線乗り場の待合室からの眺め。
こういう場所、好きです(^^)
b0056570_23355461.jpg
東北新幹線”はやて”で上野まで3時間。速いなー。
新青森まで一直線なら、もっと青森が身近になりますね。そのうち北海道まで・・・JRガンバレ!


そういえば・・・
b0056570_23364360.jpg
青森といえば”田酒”ですが、どこにも売っておらず、”豊盃(ほうはい)”を代わりに買いました。
初めて飲みましたが、なかなかでしたv(^-^)v
[PR]
by manic-friday | 2009-11-06 23:39 | ★青森 | Comments(4)
AX