「わが永遠の魂 草間彌生展」@国立新美術館
3月に、国立新美術館で開催中の「草間彌生展」へ行って来ました。
b0056570_21585921.jpg
入って少し進むと、ビックリな広間。
ここは撮影可能エリアで、大盛況でした。
b0056570_21595779.jpg
数年に渡って描き続けている連作が壁一面に。
時代ごとに草間さん本人のブームみたいのがあって、そういうのが窺えて面白かったです。
b0056570_2211513.jpg
私はどうもこういう色合いに惹かれる傾向が・・。
目がチカチカする。
b0056570_2215269.jpg
中央には立体作品。
こういうのって、素材は何なんだろうか。
b0056570_2223648.jpg
定番の水玉も。

この後、若い頃に描いたスケッチ画や油絵など続き、最後までエネルギッシュな展示でした。
(物販はレジに大行列だったので、並ぶのが面倒で何も買わず・・)

チケット半券を提示すると、観客参加型インスタレーション作品の小さな部屋に入ることができます。
b0056570_2251376.jpg
入口でシールを渡されます。
b0056570_2253350.jpg
家具や壁にとにかく貼りまくる!
消失をイメージしてるとか、何かで読みました。
b0056570_2262924.jpg
外にも展示がありました。
今から15年ほど前にどこかで見た作品。懐かしい。
b0056570_227847.jpg
水玉の木も。
作品名「木に登った水玉」ってカワイイ。
b0056570_2275466.jpg
乃木坂駅の方の入口にもカボチャのオブジェ。
岡山に住んでた時に直島にも行ってたら良かったな~、と軽く後悔・・。

ずっとお元気でいてほしいし、これからも強烈な作品をどんどん生み出してほしいと強く思います!
行って元気になれた展覧会でした(^^)

草間彌生展「わが永遠の魂」 公式サイト
[PR]
by manic-friday | 2017-04-20 22:14 | ★manic?な日常 | Comments(2)
Commented by desire_san at 2017-05-15 21:48
こんにちは、
私も「草間彌生展」を見てきましたので、画像と鑑賞レポートを読ませていただき、この美術展で作品を見た感動を再体験することができました。草間彌生さんは、独自の雌雄な発想を鮮烈な色彩と独特の形で具現化して魅力を肌で感ずることができました。草間彌生さんは色彩感覚とは鮮烈で、躍動感のある世界に浸って時間を忘れるような心地よさを感じました。

私は草間彌生さんの美術とはある意味では真逆の美の世界といえる、ウィーン世紀末のクリムトとエゴン・シーレの代表的な作品をウィーンで観てきましたので、その魅力と美の本質を作品ごとに整理してみました。読んでいただけると嬉しいです。
Commented by manic-friday at 2017-05-19 18:02
何しろ私は語彙力が乏しいので「すごい」としか言えない内容の展覧会でした。
あの圧倒される大きな空間は、力強いエネルギーが充満していましたね。
desire_sanさんとほぼ同じ体験・感想を共有できて良かったです(^^)
<< Salt grill & ta... 俺の空@池袋 >>
AX